ママ向け記事

【ママ・主婦向け】産休・育休中の副業にWebライターをおすすめする3つの理由

*ある*

こんな人におすすめ

・残業代や本業の給料が減った分稼ぎたい

・育休後に本業と両立できそうな副業を探している

・時間に余裕がある

Webライターの*ある*です。

産休・育休に入ると本業の収入が大幅に減ってしまうケースは少なくありません。収入が減れば誰もが不安になるもの。

本業の収入減を副業でカバーしようと考えるのは素晴らしいことです。

しかし産休・育休中にできる副業は限られます。産休・育休中に副業で稼ぎたいのであればWebライターをおすすめします。

Webライターをおすすめする理由

・今からでも始めやすい

・匿名で活動できる

・仕事をしながらスキルが身につく

*ある*

Webライターはママや主婦にもおすすめできる仕事です!

知らないままで終わらせるにはもったいないので、この機会にぜひ覚えてくださいね。

本記事ではWebライターがどのような仕事なのか、Webライターとして稼ぐために何をするべきか分かりやすく解説していきます。

法律上は産休・産休中の副業は可能

「そもそも産休・育休中に副業はして良いの?」と不安に思う方もいるでしょう。※1法律上は副業は禁止されておらず、罰せられることはありません。

ただし会社の規定で副業を禁止していることがあります。本業にあたる会社に黙って副業をするのではなく、必ず許可を取ってから始めましょう。

副業が会社にバレたあとのリスクは大きいです。

会社にバレたときのリスク例

・厳重注意

・減給や降格

・解雇

*ある*

会社にバレないか気にしながら副業しても心身に良い影響はないので、事前確認をおすすめします!

さらに育休中に副業をするのであれば、育児休業給付金が減額されないように気をつけなければなりません。

※2育休を取得した場合、加入している雇用保険から『育児休業給付金』が支払われます。規定を守らないと給付金は減額、最悪の場合支給されなくなるので覚えておきましょう。

育児休業給付金のルール

①賃金が通常月額賃金の80%未満であること

②育休中の就労日数は10日以下、就労時間は80時間以内

(①育休を取得している会社以外で副業する場合は『収入の上限なし』)

※2023年12月時点

①の"賃金が通常月額賃金の80%未満"という制限は、育休を取得している会社以外で副業する場合は該当しません。②就労日数と就労時間のルールさえ守れば金額の上限なく稼げます。

・本業 株式会社ABC ⇒ コンビニでアルバイトとして副業 ⇒ 収入の上限"なし"

・本業 株式会社ABC ⇒ 育休中にそのまま本業のABCで副業 ⇒ 収入の上限"あり"

*ある*

育児休業給付金をもらいつつ、副業をするなら単価の高い副業を目指しましょう!

ここからは育児休業給付金をもらいつつ自宅でできる副業を紹介していきます。

産休・育休中にできる副業

本記事ではWebライターをおすすめしていますが、産休・育休中に自宅でできる副業はWebライターだけではありません。

・Webライター(発注者の代わりに記事を書く)

・データ入力(依頼されたデータをExce等に入力)

・アンケート調査(1回数円~数十円のアンケートの実施)

・ポイ活(サイトに登録してポイントを貯める)

・ブログ(サイトに掲載する広告の収益)

・動画編集(YouTubeなどの動画の編集)

・せどり(商品を転売して差益を収入にする)

・ハンドメイド(アクセサリーやネイルチップ、バッグづくり)

それぞれの特徴を表にまとめました。

職種おすすめ度※金額目安難易度主な作業メリットデメリット
Webライター1~5万円・リサーチ
・記事執筆
・画像挿入
・初期投資が少なく始めやすい
・努力次第で報酬額が伸びる
・案件を獲得できないと稼げない
・執筆以外の作業がある
データ入力1~3万円低~中・名前や数字の入力
・資料まとめ
・写真の差し込み
・リサーチ
・仕事をしながら知識が身につく
・スキルがあれば数をこなせる
・ExcelやGoogleスプレッドシートの最低限の知識が必要
・1件ごとの単価が低め
ブログ0円~中~高・ブログの開設
・リサーチ
・記事執筆
・うまく運営できれば継続的に報酬が入る
・自分の思うように運営できる
・稼げるようになるまでに時間がかかる
・最低限の専門知識が必要
動画編集3~10万円・カット編集
・テロップ作成
・サムネイル作成
・BGMや効果音の挿入
・1件ごとの単価が高め
・努力次第で報酬が伸びやすい
・専門知識が必要
・動画編集するための設備が必要
職種おすすめ度※金額目安難易度主な作業メリットデメリット
アンケート調査2,000~2万円サイトのアンケート入力
(ボタンクリックや文章入力)
・案件の数が豊富
・専門知識なしでもできる
・1件ごとの作業時間が短い
・単価が数円~数十円と非常に安いので数をこなさないといけない
・単純作業が苦手な人には向いていない
ポイ活2,000~5,000円サイトに登録
(資料請求、アプリダウンロード、商品購入、サービス加入等)
・事前準備や専門知識がなくてもできる
・副業ついでに買い物もお得にできる
・ポイントを貯めることに意識が行きすぎると無駄遣いの原因になる
・個人情報の流出のリスクが増える
せどり0円~・商品の仕入れ
・写真撮影
・梱包作業
・商品の発送
・売れればすぐに収益が出やすい
・作業自体は簡単
・一定以上の部屋のスペースが必要
・在庫の売れ残りによるリスクがある
ハンドメイド0~2万円・材料の仕入れ
・商品の作成
・写真撮影
・商品の発送
・自分の好きなものを売れる
・やりがいを感じやすい
・売れないと収益が発生しない
・作成する商品によっては手間と時間がかかる
※月の就労日数は10日以下、就労時間は80時間以内と仮定した場合の金額目安

けっして楽な仕事ではありませんが、労力に見合った報酬が得られるという理由でWebライターをおすすめします。

Webライターがどのような仕事なのか、仕事の内容とおすすめする理由について解説していきます。

Webライターの仕事内容とおすすめする理由

Webライターの仕事は、クライアント(仕事の発注者)から記事を受注し、代わりに執筆して納品することで報酬を得る仕事です。

1記事の報酬は『文字単価×文字数=報酬』の場合が多く、納品するごとに報酬が入る仕組みになっています。

文字単価1円/1文字 × 文字数3,000文字 = 1記事の報酬3,000円

*ある*

記事の本数をこなせばこなすほど、報酬が増える仕組みです。

月に5万円を稼ごうとするなら1記事5,000円の案件を10記事納品することで達成できます。

クライアントによって報酬額や記事のジャンルも異なります。

報酬額やジャンルを自由に選択して応募できるのもWebライターのメリットです。

記事ジャンルの例

・美容(コスメ、エステ、ヘアカラーなど)

・子育て

・ファッション

・家電

・金融

・保険

・旅行

・料理 など

*ある*

特定のジャンルの専門知識や資格を持っていると強みになります!

また興味のあるジャンルに自由に挑戦できるのもWebライターの魅力です!

産休・育休を取得するママ・主婦の方にWebライターをおすすめする理由は3つあります。

Webライターをおすすめする3つの理由

・今からでも始めやすい

・匿名で活動できる

・仕事をしながらスキルが身につく

おすすめする理由について、1つずつ順番に解説していきます。

理由①|今からでも始めやすい

Webライターの仕事はすぐに始めやすいことがメリットです。

仕事をするために資格を取得する必要もないので、日本語が理解できて書くことができれば今からWebライターと名乗ることができます。

必要なもの

・パソコン

・インターネット環境

・仕事用のメールアドレス(Gmail等のフリーアドレスがおすすめ)

*ある*

スマホだけでWebライティングの仕事をこなすのは難しいです。高スペックでなくて良いのでパソコンは用意しましょう!

初期費用、維持費用もほとんどかからないので、出費の大きい産休や育休中でも仕事を始めやすいのが特徴です。

理由②|匿名で活動できる

個人情報を開示しなくても匿名で活動できるところがWebライターのメリットです。

・本名

・顔写真

・住所

・電話番号

*ある*

個人情報をほぼ開示せずにできる仕事なので、友人や知人、身内に副業していることがバレないようにしたい方におすすめです!

クライアントとの連絡手段も電話ではなく、チャットツールを使いメッセージでやり取りするので、家事・育児で忙しいママにぴったりです。

メリット

・赤ちゃんの泣き声や生活音を気にしなくて済む

・やりとりの記録が残るので後日改めて確認しやすい

・家事・育児が落ち着いたタイミングで連絡ができる

・スマホでも連絡が取れるのでスキマ時間に対応できる

*ある*

チャットツールの代表格であるChatwork(チャットワーク)やslack(スラック)はクライアントとのやりとりで使うことが多いです。最低限は使えるようになっておくと良いでしょう!

理由③|仕事をしながらスキルが身につく

単純作業の副業の場合、手に入るのは報酬だけのことが多いですが、Webライターはお金を稼ぎながらスキルが身につくという大きなメリットがあります。

身につくスキルの例

・文章力

・タイピング速度

・パソコンツールの知識

・インターネット上のコミュニケーション

・SEOの知識(Googleのような検索エンジンで上位表示させる知識)

・リサーチ力

・営業力

Webライターはスキル実績積み重ねることで、本業の収入を超える可能性がある仕事です。

ゆくゆくは報酬の高い案件も狙えるようになり、ディレクター(Webライターをまとめる仕事)のようにキャリアアップの道も目指せます。

・いつか本業にして独立したいと考えている

・キャリアアップの道を断念したがもう一度挑戦したい

・子育てと仕事を両立させて働きたい

*ある*

やりがいのある仕事を求めるのであればWebライターはぴったりの仕事です!

副業にWebライターをおすすめしますが、パートやアルバイトといった雇用形態ではないため執筆以外の作業で手間がかかるのも事実。

ここからは執筆以外に必要な作業について解説していきます。

Webライターは執筆以外の作業が必要

Webライターの働き方はフリーランス(組織に属さず個人で仕事を請け負う働き方)になるので企業や個人店に所属して働く会社員やパート、アルバイトとは異なります。

本来会社側が行う事務作業をライターが自ら行うため手間がかかります。

執筆以外の作業例

・案件の獲得

・報酬の交渉

・請求書と領収書の作成

・記事のための準備(取材・商品の購入)

確定申告(年間所得が20万円以下であれば不要)

*ある*

稼ぎながら仕組みを知れるので一石二鳥ですね!報酬を得つつ学びになります。

「自分の力で案件を獲得するのは難しそう」「どうやって仕事を取ってくるの?」と思う方に向けて、Webライターがどのように仕事を獲得するのかを解説していきます。

※出典:国税庁 給与所得者で確定申告が必要な人 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

Webライターの仕事の探し方

Webライターが案件を獲得する方法は1つではありません。仕事の探し方についていくつか例を紹介します。

・クラウドソーシングサイト(ライターとクライアントを仲介するサイト)

・求人サイト

・SNSの活用

・直接営業(DMやテレアポ)

・他のWebライターからの紹介

*ある*

Webライターの仕事に慣れるまではクラウドソーシングサイトでの仕事探しがおすすめです!

ここからはクラウドソーシングサイトでの仕事探しをおすすめする理由を解説していきます。

仕事探しはクラウドソーシングサイトがおすすめ

Webライターとして活動するのであれば、まずはクラウドソーシングサイトに登録するところから始めましょう。

クラウドソーシングサイトをおすすめする理由は主に4つあります。

おすすめする理由

・クラウドソーシングサイトは登録料・年会費無料

・個人事業主だけでなく企業とも出会える

・クラウドソーシングサイトがサポートや監視をしてくれるので初心者も安心

・案件の数、種類が豊富

登録料・年会費が無料の文字を読んで「無料なんて怪しい!何か裏があるのは?」と不安に思う方もいるでしょう。無料で利用できる理由はクラウドソーシングサイトの仕組みが関係しています。

登録料・年会費無料の仕組み

クラウドソーシングサイトが運営できるのは、クライアントがWebライターに支払った報酬から手数料を差し引いているからです。

手数料があるため登録料や年会費を取らなくてもサイトを運営できるようになっています。

*ある*

組みさえ分かれば怖くないです!クラウドソーシングサイトの登録は4~5分程で終わります。無料登録して案件を探してみましょう。

クラウドソーシングサイト登録後にすること

クラウドソーシングサイトに登録が終われば、さっそくWebライターとして活動できるようになります。

Webライターの仕事の流れ

クラウドソーシングサイトを使って記事を執筆するまでには、最低限の準備が必要になります。

サイト登録後の準備

・ライター用のアイコンとライター名の作成

・ライター用のプロフィールを作成

・案件の応募文の作成

・テストライティング

・案件の応募

・ライティングスキルアップ

*ある*

限られた時間で稼ぐためには『案件探し』と『スキルアップ』を並行することが大事です。稼ぐことと学ぶことを同時進行できるので、最短で稼ぐためにどちらも怠らないようにしましょう!

育休に入る前に事前準備をしておく

条件のある育児休業給付金を満額もらいつつ、副業で稼ぐためには育休に入る前に準備を始めておく必要があります。

前述したように育児休業給付金を満額受け取るためには、副業は1か月間で10日以下、就労時間は80時間以内に抑えなくてはなりません。

事前準備を就労時間と見なされてしまう可能性を考えると、報酬の発生しない準備時間を育児休暇中に使うのは時間がもったいないです。

*ある*

産休前や産休中に準備をしておくと、時間を有効活用できるので余裕があればやっておきましょう!

事前準備

・副業ができるか育休を取得する会社に確認

・クラウドソーシングサイトに登録

プロフィール作成

応募文の作成

案件に応募

ライティングスキルアップ

育休中の作業

Webライターの始め方や実際に毎月5万円を稼ぐ方法について無料解説している記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事を読めばWebライターの始め方が分かる!

こちらの記事で毎月5万円を達成するまでのロードマップが分かる

*ある*

Webライターはけっして楽な仕事ではありませんが、育休中にも稼げる副業です!

ぜひチャレンジしてみてくださいね✨

-ママ向け記事
-, , , ,