ママ向け記事 案件の獲得

【初心者ライターがシュフティで毎月5万円を達成するために】ママライターが稼ぐ方法を解説!

*ある*

こんな人におすすめ

・ママライターとして稼ぐためのコツを知りたい

・インターネットで仕事を探すのに不安を感じる

・Webライターの仕事が獲得できず解決方法が分からない

Webライターの*ある*です。

初心者ライターがまず最初につまづきやすい難所が『案件探し』です。

案件探しに悩んだら、まずはクラウドソーシングサイトを使ってみましょう。

クラウドソーシングサイトは、クライアント(仕事の発注者)とWebライターを仲介してくれるインターネット上のサービスです。

自宅にいながらクライアントの規模も個人事業主だけでなく、企業とも繋がることができます。

*ある*

数あるクラウドソーシングサイトの中から今回はシュフティについて紹介します!

忖度なし!*ある*から見たシュフティ

・ライターとしての実績を積むのにおすすめ

・初心者を狙う"地雷案件"が少ない

・文字単価は低いので数をこなす必要がある

本記事を読むメリット

・ママや主婦がWebライターで毎月5万円を稼ぐポイントが分かる

・現役ライター目線のシュフティのメリット・デメリットが分かる

本記事ではシュフティの解説だけでなく、Webライターの稼ぎ方も分かりやすく紹介しているのでぜひ最後まで読んでください。

シュフティの5つの特徴

シュフティ(Shufti)は株式会社うるるが運営するクラウドソーシングサイトです。

サイト名に含まれている言葉通り、主婦やママ向けの在宅ワークが中心になっています。

出典:シュフティ

シュフティの特徴

◆ママ・主婦向けの案件が多い

◆充実したサポート体制

◆登録料・年会費無料

◆仮払い制度あり

◆リサイクルパソコンの販売

シュフティの特徴を順番に解説していきます。

特徴①|ママ・主婦向けの案件が多い

シュフティの強みはスキルがなくてもできる案件、初心者歓迎の案件が用意されている点です。

シュフティに出されている案件は、運営の承認を得て掲載されています。

そのため初心者を狙う"搾取案件"や"地雷案件"は限りなく少ないので安心して仕事を探せます。

*ある*

ただしすぐに個別に連絡しようとするクライアントには要注意!有料サイトへの登録や高額セミナーに勧誘される可能性があるので気をつけましょう。

特徴②|充実したサポート体制

Webライターを含め、在宅ワーカーは1人黙々と作業をすることが多い仕事です。分からないことがあってもすべて自分で解決しなくてはなりません。

「1人で仕事をするのは不安…」と思う方にはシュフティは安心のサポート体制があるのは魅力的です。

安心のサポート体制

・事務局にチャットやメールで質問できる

・電話でシュフティの担当者に相談できる

特徴③|登録料・年会費無料

シュフティは手厚いサポートだけでなく、サイトの登録料や年会費も無料です。

無料で利用できる理由は、クライアントがライターに支払う報酬からシステム利用料(手数料)が引かれるからです。

他のクラウドソーシングサイトのシステム利用料が15~20%に対し、シュフティは報酬額の10%と良心的です。

報酬が5,000円の場合 ⇒ 手数料は500円 ライターの手取りは4,500円

出典:シュフティ システム利用料より

特徴④|仮払い制度あり

仮払い制度とは、報酬の未払いを防ぐためのシステムです。

案件のスタートの際、クライアント側はまずシュフティに報酬を納めます。その後ライター側が案件を納品し検収後にシュフティから報酬が支払われる仕組みになっています。

*ある*

仮払い制度のおかげで報酬の未払いのトラブルを予防してくれるのも、シュフティの魅力です。

特徴⑤|リサイクルパソコンの販売

Webライターはパソコンが必須の仕事です。

*ある*

Webライターは文章入力以外の仕事もあるので、スマホ1台での作業は難しいです…

高性能でなくても問題ないので、パソコンは用意しておきましょう。

こだわりがなければ、シュフティが販売しているリサイクルパソコンを購入するという選択肢もあります。

出典:シュフティ
*ある*

初期投資を抑えて仕事を始めたいと思う方におすすめです!

出典:シュフティ リサイクルパソコン販売について

ママライターにシュフティをおすすめする3つの理由

家事・育児をしながらライターとして働くのは簡単なことではありません。

頑張るママライターにシュフティをおすすめする理由は3つあります。

3つの理由

・ママ・主婦に対する理解がある

・子育てを活かせる案件がある

・仲介手数料が安い

おすすめする理由について1つずつ順番に解説していきます。

理由①|ママ・主婦に対する理解がある

シュフティを利用しているクライアントは、ママ・主婦がワーカーだと理解した上で案件を募集しています。

例えば、お子さん関連のイレギュラー(急な発熱やお迎え等)にクライアントの理解があるのもシュフティの特徴です。

難易度が低めの案件、納期が長めに設定されている案件など、ママや主婦が働きやすい環境が整っています。

理由②|子育てを活かせる案件がある

シュフティの案件の中には子育ての経験を活かせる案件もあります。

・子ども用品の記事

・子育て関連の記事

・施設や地域紹介の記事

*ある*

子育ての経験はクライアントにとって貴重な財産です!

理由③|仲介手数料が安い

クライアントとWebライターの仲介手数料がクラウドソーシングサイトの運営費用になります。

シュフティは仲介手数料が報酬額の10%に設定されています。

報酬3,000円 ⇒ 手数料300円 ⇒ 手取り報酬 2,700円

手数料15~20%クラウドソーシングサイトが多いなか、手数料が安いのはシュフティの魅力です。

ここからはシュフティで毎月5万円以上を稼ぐためのポイントを解説していきます。

シュフティで毎月5万円を稼ぐには

シュフティで毎月5万円を稼ぐには、文字単価の意識と継続案件を獲得できるかがカギになります。

ポイント

・文字単価0.5円以上を目指す

・継続案件を獲得する 

・複数のクライアントの案件を獲得する

*ある*

シュフティは初心者歓迎の案件が多いので文字単価が低めです。毎月5万円を達成するには上記を意識した案件獲得が必要になります!

ポイントを順番に解説していくので熟読して覚えましょう。

ポイント①|文字単価0.5円以上を目指す

毎月5万円を達成するためには、文字単価を軽視しないようにしましょう。文字単価はライターの生命線ともいえます。

文字単価は『記事報酬 ÷ 目安の文字数』で算出することができます。

1件3,000円の記事 想定文字数が3,000文字 文字単価は1円

*ある*

当サイトでは基本的に1円/1文字以上の文字単価を推奨しています。初心者でも1円/1文字以上の案件は獲得できます!

文字単価は多ければ多いほど稼ぎやすくなりますが、シュフティは初心者向けの記事が中心のため単価は低めです。

シュフティで案件を探す場合は、最低でも0.5円/1文字以上を狙いましょう。

単価が低いとその分作業時間が多くなるので、少しでも単価が高い案件を目指しましょう。

ポイント②|継続案件を獲得する 

出典:シュフティ 一部画像を引用

シュフティで探す場合『継続発注あり』と記載している案件を狙いましょう。

Webライティングの案件は1度きりの『単発型の案件』と長期契約をする『継続型の案件』の2種類があります。

単発案件は様々なジャンルの経験を積めるメリットがありますが、毎月5万円を稼ぐためには継続案件の獲得をおすすめします。

継続案件をおすすめする理由

・単発型は案件探しに時間と労力が常にかかるため

・特定のジャンルの知識が身につくため

継続案件を獲得できれば、案件探しと応募の手間を省けるため、作業時間をすべて執筆に充てることができます。

*ある*

毎月安定して稼ぐには常に案件を確保できているかが重要です!

継続案件のメリットは、特定のジャンルの専門知識が身につきライティングスキルアップに直結するところです。

専門知識や経験が積み重なれば、高単価案件も狙えるようになります。

ポイント③|複数のクライアントの案件を獲得する

案件は常に確保できるとは限りません。継続案件を獲得したとしても、しばらく仕事がなく無報酬の日が続いてしまうことがあります。

毎月案件の数を常に維持するには、複数のクライアントの案件を掛け持ちをしましょう。

*ある*

掛け持ちの数が少ないと案件を確保できず、多すぎると把握できなくなるので2~3社(人)のクライアントから始めてみましょう!

シュフティだけで案件が足りない場合は、他のクラウドソーシングサイトに登録するのも1つの手段です。

ここからは登録後にするべき5つのポイントを解説していきます。

シュフティの登録後にするべき5つのこと

シュフティに登録が終われば、さっそくWebライターとして活動できます。ただし登録すればすぐに仕事がもらえるのではないので注意しましょう。

登録後にするべきことは主に5つあります。

登録後にすること

・プロフィールをつくる

・応募文を丁寧に書く

・案件に応募する

・テストライティングに応募する

・ライティングスキルを鍛える

一般企業の就職活動に当てはめてみるとイメージしやすくなります。

・プロフィールと応募文⇒履歴書づくり

・案件に応募⇒履歴書の送付

・テストライティング⇒面接・筆記試験

・ライティングスキルアップ⇒自己研さん

*ある*

少しでも早く稼ぐためにはすぐに行動してみることが大事!さっそく取りかかりましょう!

それぞれの項目を順番に解説します。

①プロフィールをつくる

プロフィールはWebライターの履歴書といえるもので、実績や経験をクライアントにアピールするための重要な項目です。

プロフィール欄には顔写真の掲載や本名、住所、電話番号を書く必要はないので、個人情報が漏れにくいです。

*ある*

初心者ライターは書けることが少ないですが空欄はNG!クライアントにやる気がないと判断されてしまいます…

プロフィールの書き方についてはこちらの記事で解説!

②応募文を丁寧に書く

プロフィールを作成したら、さっそく興味のある案件に応募してみましょう。

応募する際には空欄ではなく、応募文を書くことをおすすめします。

応募文は履歴書の志望動機の欄と送り状としての役割があります。クライアントとの最初の挨拶といえる重要な部分です。

*ある*

お互いに顔が見えないからこそ、良い印象を持ってもらうための工夫が必要です。数ある応募者の中から選ばれるためにも応募文はしっかり書きましょう!

応募文の書き方はこちらの記事で解説!

③案件に応募する

初心者ライターが好条件の案件を獲得するのは簡単ではありません。

プロフィールと応募文を作成したら、たくさん応募するようにしましょう。

「いっぱい返信が来たらどうしよう」と心配になるかもしれませんが、実績のない期間は返信すらないこともあるので、どんどん応募しましょう。

*ある*

私も最初は1日20件以上応募していました。実績のない間が一番つらい時期です。とにかく応募し続けましょう!

④テストライティングに応募する

テストライティングは一般企業の面接試験や筆記試験のようなものです。

与えられた課題を納期までに提出し、クライアントがライターの文章力を判断します。

テストライティングの例

【議題①:記事の構成】

(1)~(3)のキーワードの中から1つ選定し、キーワードで検索する人が読みたくなる記事の構成を【構成の記入欄】を元に作成してください

(1)ライティング 初心者

(2)画像作成 無料

(3)コピペチェックツール おすすめ

構成の記入欄

a.選択したキーワード

b.タイトル(30文字以内)

c.見出し(大見出し/小見出し)

d.執筆で意識したポイントを記入

*ある*

テストライティングは課題を提出すると基本的に報酬が発生します!

テストライティングに合格できるのは1人~数人です。

なかなか突破できず初心者ライターが挫折してしまうことも少なくありません。

*ある*

クライアントによってテストライティングの内容は全然違います。対策を立てて合格までの距離を縮めましょう!

テストライティングについてこちらの記事で解説!

⑤ライティングスキルを鍛える

案件の応募やテストライティングと一緒にライティングスキルを鍛えることをおすすめします。

ライティングが上達すると

・テストライティングに合格しやすい

・好条件の案件を獲得しやすい

Webライティングならではのルールもあるため、少しでも早く稼げるようになるためには最低限の知識とスキルを身につけることは必須です。

*ある*

稼ぐWebライターが実施しているノウハウが詰まった記事を現在無料公開しています!ぜひ参考にしてみてくださいね。

稼ぐためのライティングスキルについてはこちらの記事で解説!

シュフティに登録しておくべき2つの理由

「とりあえずまた時間のあるときに登録しよう…」と後回しにすると、稼ぐチャンスを逃してしまうかもしれません。

今シュフティに登録しておくべき理由は主に2つあります。

・好条件の案件を逃さないため

・登録料も維持費もかからないため

*ある*

無料登録は2~3分で簡単にできます。今ここでチャンスをつかみましょう!

理由①|好条件の案件を逃さないため

人気の案件はすぐに募集が終わってしまいます。

今迷っているこの瞬間にも、好条件の案件が募集されているかもしれません。

「あのとき応募しておけば良かった…」という後悔は引きずってしまうものです。

*ある*

私も好条件の案件を逃して後悔した記憶があります…。チャンスは待ってはくれません。自分で掴みとりましょう!

理由②|維持費がかからないため

シュフティは報酬から発生する手数料で運営しているので、年会費や月額費用が発生しません。

一切お金がかからないので、好条件の案件が見つかるまで慌てず待つことができます。

*ある*

焦ると悪条件の案件に手を出しがちになります。余裕を持って探すことをおすすめします。

Webライターは最初のうちが一番大変な仕事

Webライターの仕事は『案件を獲得するまでが一番つらい』と言っても過言ではありません。

最初は思うような結果が出ずにつらいと感じることもあります。乗り越えるために行動を起こし続けましょう。

◆ライティングの勉強をする

・ライティングスキルを学ぶ

・Webライターの心得を学ぶ

◆複数のクラウドソーシングサイトに登録する

おすすめのクラウドソーシングサイト4社を紹介

*ある*

Webライターの仕事は楽ではありませんが、とてもやりがいのある仕事です!

ぜひチャレンジしてみてくださいね✨

-ママ向け記事, 案件の獲得
-,