ママ向け記事

【忖度なし】Webライターに向いている人・向かない人を現役ママライターが分かりやすく解説

*ある*

こんな人におすすめ

・Webライターの仕事に興味はあるが周りの悪い評判が気になる

・ママ・主婦でもWebライターとして今からでも働いていけるのか知りたい

・Webライターとして活動しているが全然稼げなくて心が折れそう

Webライターの*ある*です。

インターネットの口コミや検索ワードを見ると「Webライターは稼げない」「Webライターはつらい」という言葉を目にします。

今からWebライターを始めようか迷っている人からすると、とても不安になる言葉ですよね。

実際にはやり方さえ間違えなければ、稼げてやりがいも感じられる仕事です。

しかしWebライターとしての向き不向きがあるのは事実。向いていない人にとっては、Webライターは稼げずつらい仕事になります。

本記事を読むメリット

・Webライターとしての適性が分かる

・毎月5万円を稼ぐためにするべきことが分かる

*ある*

Webライターは簡単な仕事ではありませんが、努力すれば毎月5万円を稼げるようになります!

初心者ライターに必要な努力は①どれだけWebライターとして時間をかけられるか②自ら行動できるか、です!

この記事はWebライターをやってみようか迷っている人、すでにWebライターとして活動していて稼げずに悩んでいる人にも参考になる内容となっています。

*ある*

できるだけ専門用語を使わず分かりやすく解説していきます。ぜひ最後まで読んでくださいね!

Webライターはどんな仕事?

Webライターは、インターネット上に掲載される記事を執筆する仕事です。

実はインターネット上に掲載されている商品やサービスの紹介記事は、Webライターが手掛けています。

クライアント(仕事の発注者)から仕事を受注し、要望に沿って運営者の代わりに記事を書いているのです。

Webライターの作業内容の例

・見出しの構成や本文の執筆

・記事画像の選定

・文章の装飾

・競合のリサーチ

*ある*

文字を書くだけの仕事のイメージがありますが、実際には作業の幅が広いです。

依頼された記事を納品しクライアントの合格が出れば、成果報酬をもらえる仕組みとなっています。

*ある*

Webライターの毎月の収入は『1本〇〇円の記事が何本納品できたか』を計算すれば分かります。

Webライターの最大の魅力は『日本語が分かり、パソコンとインターネット環境があれば誰でも始められる』ことです。

その他の特徴

・資格がなくても始められる

・会社に所属する必要がない

・匿名で活動できる

・自宅で仕事ができる

Webライターは副業としても注目されています。

同じパソコンを使った副業の中でも、動画編集のようにハイスペックの機材の必要がなく、Webデザイナーのように配色・配置のデザインセンスも必要ありません。

そのためすぐに始めやすい副業の代表例としてWebライターが挙げられています。

始めやすい仕事だからこそ『とても簡単』『すぐに稼げる』というイメージが定着していますが、残念ながらWebライターに向かない人もいます。

ここからはWebライターに向かない人について解説していきます。

*ある*

忖度なしで解説します。自分が当てはまっていないか読んで照らし合わせてみましょう!

Webライターに向かない人の特徴

Webライターに向かない人の特徴をひと言でまとめると『手抜きで楽して稼ごうとする』考えの甘い人です。

特徴

・楽して稼げると思っている人

・時給思考の人

・時間を守れない人

・単純作業を求めている人

・仕事の愚痴ばかり発言する人

それぞれ1つずつ順番に解説していきます。

特徴①|楽して稼げると思っている人

『楽して稼ぐ』はとても魅力的で甘い言葉ですが、真っ当な仕事で楽して稼げるものはありません。勘違いされやすいですが、Webライターも楽な仕事ではないです。

勘違いされやすい事例

・平日ちょっとだけ仕事して土日はがっつり休める

・ライティングスキルを身につけなくても片手間でできる

・文章のクオリティは二の次でとりあえず納品すれば良い

できるだけ努力をせずに楽して稼ごうとする人にWebライターは向いていません。

『ライターはきつい』『ライターは稼げない』とインターネット上でつぶやいている人のほとんどが描いていたイメージと現実のギャップとの落胆からきています。

特徴②|時給思考の人

Webライターは記事を納品した件数で毎月の報酬額が変わることが多いです。

自分で作業する時間やタイミングを決めるので、時間拘束される月給制の会社員、時給制のパート・アルバイトのように時給計算するのは難しいです。

最初から「働いた時間分の給料がほしい」とばかり考えている人にはWebライターは不向きです。

*ある*

Webライターとして働き始めはすぐに報酬に繋がらないので、最初は時給100円にも満たないこともあります。

時給にばかり目が行くようになると『時給に見合わない仕事はしたくない』『時給分だけ働けばいい』という後ろ向きの思考になりがちです

モチベーションが低いままで、仕事を続けていくのは難しいので覚えておきましょう。

特徴③|時間を守れない人

Webライターの仕事は、与えられた案件を期限以内に必ず納品するという約束のもと成り立ちます。仕事に遅刻してしまう、ズル休みをしてしまうなど時間にルーズな人にはWebライターは向いていません。

「顔も素性も知られていないから問題ない」と軽視していると、自分に甘くなり約束を平気で破ってしまいます。

クライアントと普段顔を合わせる機会がないからこそ、信頼関係を築くために時間を守るという最低限のルールは守らなくてはなりません。

*ある*

信頼されないWebライターに仕事は任せてもらえません!稼ぐWebライターは必ず約束を守っています。

特徴④|単純作業を求めている人

Webライターは黙々と作業する仕事ですが、単純作業ではありません。

記事のジャンルやテーマによって求められる記事の内容は異なるため、自ら考えて書けるWebライターが求められます。

*ある*

自ら考えて動くのが苦手な人にはWebライターはつらい仕事かもしれません。

同じことを繰り返す単純作業を求めているのであれば、Webライターは真逆の仕事となるのでおすすめはしないです。

特徴⑤|仕事の愚痴ばかり発言している人

SNSは気軽に不特定多数とやりとりし、自分の思いを発信できる便利なツールです。

しかし誰もが気軽に発信できるからこそ、SNSの使い方には注意が必要です。

SNSで仕事の愚痴や他者の悪口、批判ばかりする人はWebライターには向いていません。

ネガティブな発信を将来クライアントになる可能性のある人にも読まれていることに気づいていないからです。

*ある*

私がクライアント側なら公の場で批判的な発言をしてばかりの人に、仕事を頼みたいと思いません。

自社の批判をされたり、情報漏洩される可能性があるのでは?とマイナスな印象を持ってしまうからです。

SNSで愚痴ばかり発言する人は、他責思考の方が多いです。うまくいかないことを他人のせいにして成長できません。

「Webライターはやめておけ」「Webライターは稼げない」とSNSで批判すればするほどさらに悪化し、自分の首を絞めていることに気づかず、稼げないままフェードアウトしてしまうのです。

Webライターに向いている人の特徴

Webライターに向いている人にもそれぞれ特徴があります。

一言でまとめると『今の環境を変えたい、自分の力を試してみたい』と思う人にWebライターはぴったりです。

特徴

・成果思考の人

・キャリアを積みたい人

・自己管理ができる人

・ネガティブな動機を持っている人

*ある*

実体験で感じたのは初心者ライターには文章力よりもメンタル面の方が重要だということ。

上記の例に1つでも当てはまればWebライターの素質ありです!

それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

特徴(1)|成果思考の人

成果思考とは『仕事は過程よりも結果を評価されるべき』という考え方です。

「なぜ残業した人の方が評価されるの?」「雑談ばかりの会議はいるのか」「上司にゴマをすらなければ仕事が成り立たないのはおかしい」というようなことに疑問を持つ人が当てはまります。

常に真面目に仕事をしている人が当てはまりやすい傾向です。

当てはまるタイプの人の特徴

・成果を上げている分を認められたいと感じる

・頑張っているのに給料が全然上がらない

・指示待ちではなく自分で考えるのが性に合っている

Webライターは稼げる人と稼げない人との差がはっきり出るので、頑張った分に見合った報酬を受け取りたいと思う人におすすめの仕事です。

特徴(2)|キャリアを積みたい人

Webライターは自宅で働け、時間調整をしやすいだけの仕事ではありません。

結婚や子育てを機に生活スタイルが変わり、キャリアを積むことを断念した人にもおすすめです。

キャリアアップ例

・ディレクター(Webライターの管理者)

・Webライティングの講師

・コンサルタント

・サイト運営者

Webライターの仕事は子どもの成長やライフスタイルの変化に合わせ仕事を変えていけるので、今後キャリアアップを視野にいれている人に向いている仕事といえます。

特徴(3)|自己管理ができる人

Webライティングの仕事は、自己管理が求められる仕事です。

基本的に自宅で作業するため、周りにはテレビやスマホ、本やゲームなどの誘惑であふれています。

監視する人もいない環境で、誘惑に負けずに仕事ができる人はWebライターに向いているといえます。

自己管理ができる人の例

・自分で目標を立てられる人

・周りに流されない人

・黙々とした作業が苦でない人

・責任感のある人

*ある*

私も普段は自宅で仕事をしていますが、ときどき外出して図書館や公園やカフェでも仕事をします。

環境を変えるのも自己管理の1つですね!

特徴(4)|ネガティブな動機を持っている人

意外だと思うかもしれませんが、ネガティブな動機を持っている人は実はWebライターに向いています。

Webライターは稼げるようになるまでが一番大変で挫折しやすい時期です。

つらいときも「今の環境をなんとしても変えたい」という感情があることで、大変な時期を乗り越えられるようになります。

ネガティブな動機例

◆人間関係のストレスで今の仕事を辞めたい

・職場のパワハラやいやがらせで精神的なダメージを負った

・人付き合いによる気疲れ(飲み会や休日のイベント参加)

・苦手な得意先の担当を変えてくれず心労に悩まされた

◆今の家庭の環境を変えたい

・自立して今のパートナーと少しでも早く別れたい

・実家から早く出たい

◆将来のお金の不安

・パートやアルバイトの給料ではとてもやっていけない

・ローンを返済できる気がしない

・子どもの学費や老後が心配でしょうがない

「旅行に行きたい」「化粧品がほしい」というポジティブな動機だと「まあ今の生活で満足だし…できなくてもいいや」と自分を納得させ諦めがちです。

「あんな環境に絶対戻りたくない」「今の状況から早く抜け出したい」というネガティブな動機が、原動力になり乗り越える力になります。

Webライターをおすすめする理由

Webライターは決して楽ではありませんが、ぜひ一度はチャレンジしてほしい仕事です。おすすめする理由は主に3つあります。

おすすめする理由

・Webライターはやりがいのある仕事だから

・運に左右されにくい仕事だから

・やる気と気持ちがあれば稼げる仕事だから

理由を1つずつ順番に解説していきます。

理由①|Webライターはやりがいのある仕事

Webライターは自分の力で稼ぐためのノウハウが自然と身につきます。決して楽ではありませんが、やりがいのある仕事です。

やりがいを感じる瞬間

・自分が作成した記事でクライアントに喜んでもらえたとき

・自分1人の力で報酬を得た際に金額以上の価値を感じたとき

・文字単価を交渉してアップしてもらえたとき

一般企業に勤めると、部分的に仕事を任されることになります。

例えばスーパーの仕事であれば商品の選定からレジや納品、発注、料金の確認を部署ごとに分担して、直属の上司の指示のもと仕事を行います。

Webライターは、案件を獲得するために営業からリサーチ、作業、納品、そして報酬アップの交渉まで1人でします。

*ある*

稼ぐためのノウハウが身につくので、1人で仕事をしていくための力が自然と鍛えられます!

今後本業として働こうと考えている人にぴったりな仕事です。

理由②|運に左右されにくい仕事

Webライターは努力さえすれば稼げる仕事です。

クライアントの求める高品質の記事を書けるようになり継続的に案件を確保できれば、毎月安定した収入が見込めます。

同じネットビジネスでも、ブログやアフィリエイトサイト(広告収入型のWebサイト)、YouTuberは本人の努力では埋められない運の要素が影響する仕事です。

読者や視聴者の数によって報酬が変動するため、高クオリティの作品を発信しても見てもらえなければ報酬が0ということもあります。

Webライターは簡単ではありませんが、運に左右されにくい仕事なのでおすすめです。

*ある*

まずは案件の探し方からつまづかないようにすれば毎月5万円は安定して稼げるようになりますよ!

毎月5万円以上稼ぐための案件の探し方についてはこちらの記事で解説!

理由③|やる気があれば稼げる仕事

Webライターをおすすめする理由は、特別な才能がなくても、やる気があれば稼げることです。

誰も思いつかないような独創的な発想、文章表現を書くライターよりも、要望に忠実に応えてくれるライターをクライアント求めています。

Webライターに求められるもの

・クライアントの指示書通りに書くこと

・納期を守ること

・サイトに合う文章表現にすること

・想定文字数通りに書くこと

Webライターは積み重ねていく仕事のため、真面目でやる気のある人の方が向いています。

*ある*

派手さのない地道な仕事ですが、日々の積み重ねが報われやすい仕事だと私は思います!

Webライターは積み重ねていく仕事

Webライターは始めてすぐにたくさん稼ぐのは難しい仕事です。しかし積み重ねた分だけ成果が返ってくる仕事でもあります。

積み重ねた成果

・報酬額がどんどん伸びる

・案件獲得に困らなくなる

*ある*

最初は小さな成果だったものが、自分の力で大きくなっていく過程がこの仕事の醍醐味です!

私はWebライターになったことで自分に自信を持てるようになりました!

報酬額がどんどん伸びる

働いた期間と報酬額の対比 イメージ図

Webライターは頑張った分だけ結果がついてくる仕事です。

始めたばかりですぐに大きく稼ぐのは難しいですが、頑張りを積み重ねることで1か月目の給料を半年後に何倍にすることも可能です。

反対に時給や月給換算の仕事の場合、年功序列で少しずつ給料が上がります。

毎月の金額はほとんど変動はなく安定していますが、どれだけ頑張っても毎年少しずつしか給料は増えません。今すぐに少しでも金額を増やすなら、働く時間を伸ばし残業代を得る方法に頼ることになります。

*ある*

家事・育児を兼任するママや主婦にとって残業は現実的ではないです。

限られた時間の中でも集中して稼げるのでぜひWebライターを目指しましょう!

案件獲得に困らなくなる

仕事をして得られるものは報酬だけではありません。記事を書き続けることで執筆したジャンルの専門知識や文章力が身につきます。

執筆した記事はWebライターの実績の証明にもなります。

・実績を記載したプロフィールを読んだクライアントからスカウトが来る

・今まででは突破できなかった好条件の案件も獲得できるようになる

1つのジャンルに特化して各部門のスペシャリストタイプのライターを目指す道もあれば、様々なジャンルをこなしてどんなジャンルでも書けるオールマイティタイプのライターを目指せます。

*ある*

私自身は美容系専門のライターです。美容系の実績と実力を積み重ねたことで安定して案件を獲得できるようになりました!

Webライターは安定して稼ぐのに時間がかかりますが、少しでも早く稼げるようになる方法もあります。

ここからは稼げるようになる時間を短縮する方法を解説していきます。

少しでも早く稼げるようになる3つの方法

Webライターとして毎月5万円を稼ぐために少しでも早く達成したいと思うのなら、まず3つの方法を試してみてください。

3つの方法

・条件の良い案件探し

・案件の入れ替え

・ライティングスキルを鍛える

*ある*

早く稼ぐためには楽な方法はありません。最短を目指すのなら1つでも欠けることなく実践しましょう!

1つずつ順番に解説していきます。

方法①|条件の良い案件探し

案件探しでつまづくと毎月5万円の道が遠のきます。まずは3つの条件で探してみましょう。

狙うべき案件

・文字単価が1円/1文字以上の案件

・納期の目安は1週間程度の案件

・単発ではなく継続型の案件

特に文字単価は収入を大きく左右する重要な要素です。

文字単価文字数報酬額必要な記事数
0.3円5,000円1,500円約34記事
0.5円5,000円2,500円20記事
1円5,000円5,000円10記事
1.5円5,000円7,500円約7記事
毎月5万円に必要な記事数の目安表

図のように0.3円/1文字と1円/1文字の文字単価を見ると、毎月5万円にたどり着くまでに約24記事の差が出ます。

*ある*

記事を書く労力は0.3円、1円の文字単価の違いでほとんど変わりません。文字単価は特に意識しましょう!

Webライターのメリットは自分の好きな案件に挑戦できることです。少しでも早く稼ぎたいのであれば、良い案件探しを疎かにしないように心がけましょう。

案件探しについてはこちらの記事で解説しています!

方法②|案件の入れ替え

案件を自分で好きなようにカスタマイズできるのはWebライターの特権です。

獲得した案件に満足せずに、常に案件の中身を入れ替えることを視野に入れて行動しましょう。

・文字単価の低すぎる案件をお断りして高単価の案件に乗り換える

・やりがいのある案件と単価の高い案件のやりがいのバランスをとる

・相性の悪いクライアントの案件をお断りし、精神衛生面を守りながら仕事する

1つのクライアントの案件にしぼって仕事を受注していると、仕事を打ち切られたあとに収入が途絶えるリスクがあります。

反対に複数のクライアントをかけ持ちしすぎると、把握が難しくなり作業が進まなくなることも。

かけ持ちするなら2~4社ぐらいにするのがおすすめです。

*ある*

条件が悪いな…と思う案件にしがみつく必要はありません!案件の新陳代謝は常に活発にさせましょう。

方法③|ライティングスキルを鍛える

早く稼ぐためにはとにかくライティングスキルを鍛えることが必須です。

*ある*

実はWebライティングには学校では習わない独自のルールがあります。ルールを知っているのと知らないとでは記事のクオリティの差がでます!

他のWebライターと差をつけるためにもライティングスキルは必ず鍛えましょう。

*ある*

知らない項目や意識していなかった項目があればぜひ読んで参考にしてください!

まとめ

本記事ではWebライターに向いている人、向かない人の特徴について解説してきました。

向かない人の特徴

・楽して稼げると思っている人

・時給思考の人

・時間を守れない人

・単純作業を求めている人

・仕事の愚痴ばかり発言する人

向いている人の特徴

・成果思考の人

・キャリアを積みたい人

・自己管理ができる人

・ネガティブな動機を持っている人

Webライターは簡単な仕事ではありませんが、これから稼ぎたいと思う未経験者におすすめの仕事です。

おすすめする理由

・Webライターはやりがいのある仕事だから

・運に左右されにくい仕事だから

・やる気と気持ちがあれば稼げる仕事だから

Webライターは徐々に稼げるようになる仕事ですが、少しでも早く稼ぎたい方は3つの方法を試してみてください。

3つの方法

・条件の良い案件探し

・案件の入れ替え

・ライティングスキルを鍛える

*ある*

この記事がお役に立てれば幸いです。一緒にWebライターで稼げるようになりましょう✨

-ママ向け記事
-,