Webライターの心得

【有料級】納期を守れないWebライターは絶対に稼げない!原因から対策まで徹底解説

*ある*

こんなに人におすすめ

・これからWebライターを始めるにあたり気をつけるべきことを知りたい

・Webライティングの仕事がつらいと感じる

・毎月5万円稼ぎたいのになかなか辿りつけない

Webライターの*ある*です。

あなたは毎月5万円以上稼げるWebライターと稼げないWebライターとの違いをご存知でしょうか。

圧倒的な文才?独創的なアイディア?それとも専門知識の差でしょうか?

実は『案件の納期を必ず守れるか』そのシンプルな違いです。

未経験者からすると「納期を守ることは当たり前では?」と思うかもしれませんが、要因が重なるとベテランライターでも納期を守れないこともあります。

*ある*

Webライターとして稼ぎたいのなら納期を守るのは必須です!

稼ぐライターは納期を守るコツと必要性を自然に理解しています。

本記事では毎月5万円稼ぐWebライターになるために、誰もが簡単にできる納期を守る対策を解説していきます。

本記事を読むメリット

・プライベートと仕事の時間のバランスを取れるようになる

・無理をせずに案件に取り組めるようになる

・クライアント(発注者)の信頼を得られ、案件獲得や報酬アップに繋がる

*ある*

Webライティングに特別な才能は必要ありません。

問題の原因を知り、対策を立て、仕組み化をすることで、解決できるようになります。熟読してぜひ取り入れてくださいね!

Webライティングの納期の目安

Webライティングの案件の納期は、クライアント(仕事の発注者)や手掛ける記事の内容によって異なります。

*ある*

私の経験上では、納期が3日〜10日の案件が多い印象です。

納期目安が月に4本記事という日数ではなく月単位の案件もあります。

選ぶ納期の目安は1週間程度がおすすめです。

おすすめする理由

・納期が短い場合、急なイレギュラーに対応できないから

・納期が1週間以上の場合、仕事を先延ばししてしまうから

・複数の案件を並行して行う際に余裕を持って取り組めるから

・納期が短すぎると達成感よりもつらいという気持ちが勝る人もいるから

初心者ライターだけでなく毎月5万円をなかなか達成できない方も、納期には一定の余裕を持つことをおすすめします。

「稼ぐためにたくさん案件をこなさないと」と焦るほど、納期に追われ苦しみながらライティングをすることになります。

仮に月5万円の報酬を達成できたとしても、つらくて途中で挫折するかもしれません。

*ある*

ライティングの仕事は長距離マラソンと同じです。考えなしで負荷をかけ続ければ完走することができません。

ライターとして長く続けるためには仕事量、ペースを自分で考えて調節しましょう!

案件を選ぶ際には決定してから納期を確認するのではなく、納期の目安をあらかじめ確認してから応募するようにしましょう。

案件の探し方についてはこちらの記事で解説しています!

Webライターが納期を守れないとどうなる?

Webライターが納期を守れないと、取り返しのつかない大きなデメリットを背負うことになります。

納期を守れないとどうなるのか?

・クライアントの信用を失う

・損害賠償を請求される可能性あり

・次の仕事を受注しづらくなる

*ある*

納期=クライアントとの約束です。

納期を守れないとWebライターとして仕事を続けていくのが難しくなります。

ここからは納期を守らないとどのようなデメリットがあるのか詳しく解説していきます。

「自分は絶対やらない」という反面教師の事例として参考にしてください。

クライアントの信用を失う

納期を守れないとクライアントの信用を失ってしまい、Webライターとして活動していく上で致命的な痛手を受けることになります。

・契約を解除されてしまう

・継続案件の発注をもらえない

・報酬を支払われなくなる

コツコツ積み上げてきた信用、1回の大きなミスで崩れます。

信用を失えば同じクライアントとは仕事はできなくなり、もし続けられたとしても失った信用を取り返すには時間がかかります。

特にお互いに顔の見えないインターネット上でやりとりする仕事は、相手に誠意を伝えるのは難しいです。

*ある*

案件を通じてクライアントに満足してもらうことで、報酬が入るということをWebライターは忘れてはいけません。

損害賠償を請求される可能性あり

案件によっては契約書に納期を守れないと損害賠償が発生することを記載しているケースがあります。

「納期を守れなかっただけで損害賠償を支払うの?」と思う方もいるかもしれませんが、納期守れないことでクライアント側に損害が出ることがあります。

例えば、納期を守れば起きるはずのなかったチャンスロス(機会損失)が発生した場合です。新商品記事やサイトの内容改定などの納期に間に合わないことでチャンスロスが起きます。

*ある*

契約書に損害賠償について記載されていなくても、納期遅れはクライアントに迷惑がかかるので意識は常に持ちましょう!

次の仕事を受注しづらくなる

Webライターはインターネットを通じて案件を受注するケースが大半を占めます。

クライアントとのルールを破る、約束を守らないといった不誠実な仕事をすれば、情報としてインターネット上に残り、不特定多数の目に入ることになります。

インターネットで案件を受注する例

クラウドソーシングサイト

Webライターとクライアントを仲介してくれるインターネットサイト

SNS

X(旧Twitter)やInstagramなど

例えば、クラウドソーシングサイトはWebライターを評価する仕組みになっています。

クライアント側に低評価をつけられると、登録している他のクライアント側にも見られて結果的に敬遠されることになります。

SNSであればクライアントが参加しているコミュニティに悪評が流出し、クライアント側に敬遠される可能性もあります。

*ある*

インターネットで簡単に評価と共有ができるので、軽はずみな行動をしないように気をつけましょう!

納期を守れない原因

納期を守れないのは、やる気や根性といった精神論が原因とは限りません。

Webライター側にだけでなく、クライアント側に原因がある場合もあります。

*ある*

なんとなく考えるだけでは改善は見込めません。

納期を守れない原因をはっきりと表面化することで、具体的に対策を考えられるようになります!

Webライター側とクライアント側のそれぞれの原因について、詳しく解説していきます。

Webライター側の原因

まずWebライター側の原因による納期を守れない事例を挙げていきます。

納期を守れない原因

体調不良

・睡眠不足、腰痛、首の痛みによる執筆困難な状態

・入院(ケガや病気)

家庭のイレギュラー

・育児・介護でのトラブル

・家族の体調不良

メンタル面

・やる気が起きない

・執筆に集中できない

キャパオーバー

・複数の案件を同時に取りかかっている

・難易度の高い案件を請け負った

体調不良や家庭のイレギュラーを未然に防ぐのはとても難しく、起きたトラブルを自分で対処しながら仕事を進めていかなければなりません。

*ある*

厳しい現実ですがWebライター側のプライベートのトラブルはクライアント側には関係ありません。

案件を任せてもらっている以上は必ず納期に間に合わせる気持ちがないと守れません!

常に万全な状態で仕事に取り組むことは難しいですが、トラブルを言い訳にせず納期を守れるように工夫しましょう。

未然に防げるのはメンタルの低下とキャパオーバーによる納期遅れです。

もし体調が万全だとしてもやる気が起きなければ、納期を守ることは難しいです。

*ある*

やる気が起きない場合は一旦執筆を止めてみる、外に出てみる、自分の目標を再確認するなど今の動きとは違うことをして気分を変えてみましょう。

キャパオーバーによる納品遅れは自身の力量を客観的に見れていないことで起きます。キャパオーバーを防ぐには把握しきれない量の案件には手を出さないようにしましょう。

クライアント側の原因

納期に間に合わないのにはWebライター側だけでなくクライアント側にも原因があります。

クライアント側の原因

・質問した返答がない

・納期を早められる

・追加の要望

案件について質問した際、クライアント側から返事がないことがあります。

例えば、複数の案件を抱えていて別件の対応をしている、休業日と重なっている場合です。

クライアントによって質問に対する回答の早さも違うので、納期間際の質問はなるべく減らしたいところです。

*ある*

クライアントのせいにして終わらせるのではなく、案件に取りかかる前に気になるところをまとめて質問をしておくことをおすすめします。

他にもWebライター側が頑張っても納期に間に合わないケースもあります。

例えばクライアント都合による急な納期の変更です。

クライアントによっては本来の契約を無視して、突然納期を早めてくることもあります。

その他にも追加の要望を突然加えて納期や報酬は変わらないまま依頼するクライアントもいるので要注意です。

契約無視の指示が頻繁に続くようであれば、別のクライアントを探すことをおすすめします。

*ある*

私は無理難題を言われた際には断るようにしています。

悪質なクライアントも中にはいるので搾取されないように気をつけましょう!

納期に間に合わない場合に絶対にやってはいけないこと

慣れないうちは記事を納品し終えるのにどれだけの時間がかかるか予想がつきにくいものです。

もし一生懸命に取り組んでも納期に間に合わない場合にはどうすればいいのでしょうか。

納期に間に合わない場合、Webライターが絶対にやってはいけないNG行動というものがあります。

やってはいけないこと

・納期を過ぎてから相談・辞退をする

・間に合わせるためだけのぞんざいな記事を納品する

・依頼を受けたまま放置する

やってはいけないNG行動についてそれぞれ詳しく解説していきます。

NG行動①|納期を過ぎてから相談・辞退をする

やってしまいがちなNG行動は『やってみて間に合わなかったから相談する』のような納期を過ぎてから事後報告をするパターンです。

『頑張ったけど間に合わなそうだから辞退する』という納期直前の辞退もNG行動です。

納期に間に合わなかった記事はクライアントが巻き取り(未完の状態で仕事を引き受けること)をする必要があります。

クライアントのスケジュールが崩れてしまい実害が起きることも。クライアント側に大きな迷惑をかけるよろしくない対応です。

一生懸命取り組んでも納期に間に合わない場合は、できるだけ早くクライアントに報告し相談する必要があります。

*ある*

もし納期が1週間の案件であれば、最低でも2~3日前には連絡しましょう!

NG行動②|間に合わせるだけのぞんざいな記事を納品する

納期に遅れるのも問題ですが、期日に間に合わせるだけの低品質の記事を提出するのはNGです。

クオリティの低い記事はクライアントの手直しが必要になり、ライターとしての信用もなくしてしまいます。

クオリティの低い記事の例

・誤字脱字がある

・文法を間違える

・コピペしてしまう

・文字数かせぎの回りくどい文章

・サイトに相応しくない装飾

特に納期間際の提出はミスが起きやすく、記事の質を落としてしまうことが多いです。

納期が短ければ短いほど作成した内容をチェックする時間も、心の余裕もなくなってしまうからです。

提出日当日に完成させるのではなく、事前に確認した上で提出日に提出するようにしましょう。

*ある*

ベテランライターでも見直しをしないとミスには気付きません。

遅くても1日前には完成させて、しっかり見直しするクセづけがおすすめです。

NG行動③|依頼を受けたまま放置する

WebライターとしてやってはいけないNG行動は『放置する』ことです。

納期に間に合わない場合にクライアント側に連絡を入れず音信不通になる行為が挙げられます。

ビジネス用語で『飛ぶ』ともいわれるクライアントに非常に迷惑のかかる行為なので、Webライターとして長く働きたいと思うのなら絶対にやらないようにしましょう。

他にも悪意がなくても放置してしまうこともあります。

たとえば複数の案件を同時進行で作業する場合です。1つの案件に集中していると、もう片方の案件のことを疎かにしてしまうことがあります。

クライアントから連絡が来ても返信しない、納期に遅れそうでも報告しないなど、迷惑をかける結果となります。

Webライター側としては案件に優先順位をつけて作業をしなくてはなりませんが、クライアント側からすれば自分の案件を優先してほしいと誰もが思っていることを忘れてはいけません。

*ある*

同時並行で複数の案件を手掛ける際には、両方の案件に気を配る必要があります。

自信がない場合には1つずつ取りかかるようにしましょう!

納期に間に合わない場合の対応

案件を受けた以上納期に間に合わせるようにするのが鉄則ですが、どうしても間に合わない場合には真摯な対応を心がけましょう。

対応次第でクライアントの評価も大きく変わります。

対応のポイント

・納期に間に合わないと判断したらすぐに相談する

・現状を説明し納期の延長を相談する

・謝罪をして誠意を伝える

クライアント側の立場になって考え、間に合わない場合は途中で投げ出すのではなくできる限りのことをしましょう。

*ある*

仕事のデキるライターはどのような対応も誠実です。納期に間に合わないときこそ真摯に対応しましょう!

ポイント①|納期に間に合わないと判断したらすぐに相談する

作業を進めていて納期に間に合わないと判断したら、必ず納期よりも前に連絡しましょう。

約1週間の納期なら2〜3日前に、3日の納期なら最低でも1日前に報告することで、クライアント側も多少はリカバリーしやすくなります。

前述しましたが、納期間際や締め切り後の相談はクライアントの信用をなくしてしまいます。

納期とその前後がクライアントの休業日と重なるかもしれません。

*ある*

クライアントとのやり取りがインターネットでやり取りする以上、相談してもすぐにメッセージが読まれない可能性を考えた上で早めに動くことを意識しましょう。

ポイント②|現状を説明し納期の延長を相談する

相談する際には、あくまで最後まで自分が対応したいという意思をクライアントに必ず伝えましょう。

何も伝えないままだと途中で仕事を放棄したと捉えられてしまい、二度と仕事をもらえない可能性が高くなります。

相談する際に伝えること

・どういう理由で納期に間に合わないのか

・どのあたりまで進んでいるのか

・どのくらい延長すれば仕上げられるのか

明確にどれだけの時間があれば完成させられるのかクライアントに理解してもらえれば、納期を延長してもらえることがあります。

もし伝えた上でクライアントが巻き取る(未完の状態で仕事を引き受ける)と回答がくれば、先方の指示に従いましょう。

ポイント③|謝罪をして誠意を伝える

やむを得えない理由で納期に遅れたとしても、間に合わなかったという事実は変わりません。

故意でなくても納期に遅れてしまう場合は、クライアントへの謝罪は必ずしましょう。

ただし謝罪だけで終わらせずに『今後は納期を守る』『今後は期日に遅れないようにする』という納期遅れは今回限りということ丁寧に誠意を伝えることが大切です。

納期を守るための5つの対策

常に納期を守り続けていくためには、やる気や気合いといった精神論で解決するのは難しいです。

精神論で解決しようとした場合、意識するのをやめてしまうとすぐに元の状態に戻ってしまいます。

できれば毎日の歯みがきのように納期を守ることを無意識のうちに習慣化してしまうことが理想です。

おすすめは『案件の獲得の仕方』のルールをあらかじめ決めておくことです。

初心者ライター、未経験者がすぐにでも実践できる納期を守るための5つの対策をご紹介します。

納期を守るための5つの対策

・納期の短すぎる案件を受けない

・スケジュールに余裕を持つ

・案件をかけ持ちしすぎない

・ジャンルをしぼる

・クライアント側の営業日を考慮する

*ある*

実際に私も使っている対策です。

慣れてしまえば意識することなくできるようになります!熟読してぜひ活用してくださいね!

対策①|納期の短すぎる案件を受けない

Webライティングは執筆作業だけでなくリサーチや見直しの時間も必要になります。

納期が短ければ短いほど全体の作業を早く進めなくてはならないので、納期の短い案件は慣れるまでは受けないのが得策です。

*ある*

最初は1,000文字書くだけでも時間がかかります。案件の納期の目安は1週間程度がおすすめです!

納期が不透明の場合は受注前に自分からクライアントに確認し、明確にしておくことで納期遅れを未然に防ぐことができます。

*ある*

案件をこなして自信を持てるようになってから、納期の短い案件にチャレンジしてみましょう!

案件の探し方についてはこちらの記事で解説しています!

対策②|スケジュールに余裕を持つ

たくさん稼ぎたいからといって仕事を詰め込んでしまうと、イレギュラーが起きたときに柔軟に対応できなくなります。

貴重な休みを返上することになったり、夜中まで仕事をすることになったりと、無理をすることになりかねません。

自分の心身を守るためにもスケジュールには余裕を持ちましょう。

ポイント

・何が起きてもいいように日程に余白を作っておく

・納期の短すぎない案件に応募する

・プライベートの予定を把握しておく

仕事だけでなくプライベートで行事や旅行など長期の休みを取る際には、仕事を詰め込まないようにしましょう。

何か起きたらプライベートの時間を削って対応しなくてはならず、不満が溜まる一方だからです。

*ある*

Webライティングを楽しく続けるコツはとにかく余裕を持つこと!稼ぐためにはスケジュール管理も必要です。

対策③|案件をかけ持ちしすぎない

始めたての頃は作業を終えるのにどれだけの時間がかかるか予想するのが難しいものです。

慣れないうちに複数の案件を並行してこなそうとすると、納期に間に合わない可能性もあります。

ただし期限に余裕がありすぎると気が緩みやすくなるので、納期まで1週間以上ある案件もかけ持ちする際には注意が必要です。

*ある*

例えば夏休みの宿題と同じです。

期間が長いとついつい後回しにしがちになり、期限間際で慌てて作業してしまうことになります。

初心者ライターは同時に行う案件はまず1〜2件から始め、無理なく自分のペースで取り組みましょう。

対策④|ジャンルをしぼる

案件のジャンル選定は重要です。最初は自分の得意とするジャンルからチャレンジすることをおすすめします。

不慣れなジャンルの場合、専門用語や専門知識を学ぶ準備のための時間が必要になり、想像以上に時間がかかってしまいます。

自分の興味のないジャンルの案件を選ぶと調べること自体を苦痛と感じてしまうこともあります。

得意なジャンルが分からない場合は、興味のあるジャンルや知見のあるジャンルからしぼってみましょう。

*ある*

ジャンルをしぼらず始めてしまい、つまずくライターも少なくありません。

ジャンルに特化して経験を積んでいくと、特定のジャンルの案件をもらいやすくなるメリットもあります!

対策⑤|クライアント側の営業日を考慮する

納期を守るためには自分のスケジュールだけでなく、クライアント側の情報も把握しておく必要があります。

納期を守れない原因の1つに、案件の質問をした際にクライアントから返事がしばらく来なかったために作業が進まなかったというものがあります。

お互いにインターネットで連絡しあうので、営業時間外であったりクライアントの休みと重なってしまえば、休みの間は連絡を取り合えないこともあります。

受注した案件の質問は事前にしてしまうことで、問題になりそうな部分を早めにつぶすことを意識しましょう。

対応のポイント

・連絡が付きやすい時間帯や曜日を事前に確認しておく

・事前に案件の詳細を読み、分からないことを最初につぶしておく

・何度もクライアントの手間をかけないように質問はできるだけまとめてする

*ある*

納期を守るためには最初が肝心です!クライアントから指示をただ待つのではなく自分から積極的に動きましょう。

まとめ

今回は毎月5万円を達成するために必須である『納期』について解説していきました。

納期を守るためには案件の締め切りを確認するところから始まります。

納期の目安は1週間程度がおすすめです。

納期を1週間程度にする理由

・納期が短い場合、急なイレギュラーに対応できないから

・納期が1週間以上の場合、仕事を先延ばししてしまうから

・複数の案件を並行して行う際に余裕を持って取り組めるから

・納期が短すぎると達成感よりも辛いという気持ちが勝る人もいるから

納期を守れないとどうなるのか?

・クライアントからの信用を失う

・損害賠償を請求される可能性あり

・次の仕事を受注しづらくなる

納期に間に合わない際にやってはいけないNG行動

・納期を過ぎてから相談・辞退をする

・間に合わせるためだけのぞんざいな記事を納品する

・依頼を受けたまま放置する

納期を守るための5つの対策

・納期の短すぎる案件を受けない

・スケジュールに余裕を持つ

・他の案件を引き受け過ぎない

・ジャンルをしぼる

・クライアント側の営業日を考慮する

*ある*

まずは毎月5万円達成を目標に、Webライターとして一緒に頑張りましょう✨

-Webライターの心得
-,