ライティングスキルアップ

【有料級・プロ直伝】稼ぐWebライティングテクニックを総まとめ

*ある*

こんな人におすすめ

・これからWebライターを始めようと思うが何から勉強すれば良いのか分からない

・毎月5万円になかなか届かない原因を知りたい

・現役プロが何に気をつけて執筆しているのかを教えてほしい

Webライターの*ある*です。

本記事は毎月5万円を稼ぐための必要なライティングスキルや知識の解説をまとめたものです。

初心者ライターから経験者まで役に立つ実践的なライティングスキルや知識内容を詰め込んだ内容となっています。

*ある*

本記事には今までの私の経験やノウハウを詰め込んでいます。

Webライター目線で紹介する知識やスキルなので、きっとお役に立てると自負しています!

本記事は今日からさっそく実践できる内容のみ紹介しています。

ただ読んで終わりにするのではなく、何か1つでも良いのでぜひ行動に移しましょう。

なるべく専門用語を使わず、解説付きで分かりやすく紹介していくので、Webライティング未経験の人も安心して読み進めてください。

*ある*

今なら各項目の詳しい解説記事が無料で読めます。

気になるところはしっかり読んで役立ててくださいね!

執筆前・執筆中・執筆後に役立つ12のライティングスキル

Webライティングに必要なや知識やライティングスキルは1つや2つではありません。

大まかに執筆前・執筆中・執筆後(その他)に分けることでき、それぞれ役立つスキルや知識は異なります。

*ある*

それぞれが密接に繋がっています。

どれか1つのみ身につけるのではなく最終的にはすべて網羅できるようになりましょう!

執筆前に役立つ4つのスキル

執筆前に使えるライティングスキル

執筆前に役立つライティングスキルは主に4つあります。

上記の4つのスキルは、記事のクオリティと作業をスムーズに進めるために大きく役立つスキルです。

ここからはそれぞれの特徴について順番に解説していきます。

執筆前に役立つスキル①|トンマナ

トンマナとは、トーン&マナーの略語で、広告や記事に含まれる文章や色使いや配置やデザインなどに一貫性を持たせるルールのことです。

トンマナは案件の種類に問わず役立つ知識です。

Webライティングだけでなくデザインや広告のビジネス用語として使われているので、必ず覚えておきましょう。

Webライターがトンマナを意識して執筆する大きなメリットは、クライアント(仕事の発注者)の満足に貢献できることです。

トンマナを重視する理由は?

・サイトのコンセプトに統一感を出すため

・記事のテイストを合わせるため

・リライトの手間を減らすため

トンマナを意識して書けるようになれば、クライアント満足とWebライターの作業の手間を減らすことを両立できるので一石二鳥になります。

Webライティングにおけるトンマナは至るところに隠れています。

トンマナの例

記号の有無

・文末に『!』や『?』は使うのか

・表現に『♡』や『☆』など記号を使うべきか

半角or全角の使い分け

 ローマ字や数字は半角か全角か

装飾と配色

・強調するときの文字の色は何色を使うのか

・貼り付ける画像の配置、頻度は

文章表現(文章の硬さ)

 どこまでくだけた表現が使えるのか

語尾

 ですます調なのか、である調なのか

表記ルール

・アルファベット表記(PC⇔パソコン Web⇔ウェブ)

・年号 (2024年⇔令和6年)

クライアントのトンマナを見つけるには、クライアントが運営している記事を参考にするのがおすすめです。

1記事だけでは共通点を見つけるのは難しいので、複数の記事を読むことで共通点を見つけましょう。

トンマナを意識した文章はクライアントにも気づいてもらえるので、Webライターとしての評価に繋がります。

*ある*

最初はうまくいかなくて当然です。まずは意識するところから始めましょう!

執筆前に役立つスキル②|事前リサーチ

事前リサーチとは、記事を執筆する前に行う調査のことで、主にインターネットのサイトを見て情報収集を指します。

「執筆が進まず時間がかかる…」「文字数が足りずに無理やり水増しする」など執筆がうまくいかない場合は、大半は事前リサーチ不足が原因です。

事前リサーチは『競合他社の情報』『クライアントサイトの情報』『信頼性ある情報』の3つの情報が揃うことが理想です。

事前リサーチはメリットが大きいので必ず覚えておきましょう。

事前リサーチのメリット

・文字数不足に悩まされなくなる

・クライアントの求める文章が書ける

・文章に迷いがなくなる

・情報の取捨選択ができる

事前リサーチは『競合他社の情報』『クライアントサイトの情報』『信頼性ある情報』の3つの情報が揃うことが理想です。

リサーチそのものには時間がかかりますが、品質を維持しながら記事を速く書けるようになります。

*ある*

慣れない間は少し手間はかかりますが、メリットが大きいのでぜひ実践しましょう!

執筆前に役立つスキル③|ペルソナ設定

ペルソナ(Persona)は、Webライティングだけでなくビジネスやマーケティングで幅広く活用される専門用語です。

Webライティングでは『想定される架空の読者像』を指し、集団のターゲットからさらに個人までしぼったものがペルソナになります。

ペルソナを想定して記事を書くことをペルソナ設定と呼ばれています。

ペルソナ設定をする理由

・不要な情報を減らすため

・文字数オーバーを防ぐため

・平凡な記事にならないようにするため

ペルソナはすでにクライアントが想定し記事のテーマを考えているので、Webライターが最初からペルソナ設定をする必要はありません。

Webライターが求められるのはクライアントが想定する読者を読み取ることです。

Webライターは『クライアントが設定したペルソナに沿って書く』ことを意識しましょう。

意識するべき3つのポイント

・キーワード検索する読者の悩みを予想する

・キーワード検索する読者が求める答えを自分なりに出す

・クライアントの予想するペルソナがキーワードとズレていないか考える

クライアントが設定したペルソナから逸れないようにしましょう。

執筆前に使える役立つ④|上位記事検索

クライアントが求めるものはGoogle検索1位になる高品質な記事です。

なぜなら検索上位になればサイトのアクセス数も増え、売上に大きく影響するからです。

Webライターは検索上位になる記事執筆をクライアントに求められます。

しかしどうすれば検索上位に表示される記事を書けるのかは明確な答えは分からないようになっています。

そのため検索上位記事の内容を把握しておくことが、高品質の記事を書く土台になることを覚えておきましょう。

上位記事を検索する理由

・検索上位に表示される記事を書く法則を知るため

・競合記事の使用キーワードを知るため

・競合記事のペルソナ(想定読者)を知るため

・競合記事にはないオリジナリティ要素で記事の質を上げるため

上位記事を参考にする場合は、1つではなく複数の記事を読むようにしましょう。

*ある*

最低でも上位10記事はリサーチが必要になります。

Googleの検索1ページ目の1~10位の上位記事を網羅できるからです。

競合調査するときは記事全体を読もうとすると違いを見つけにくいので、あらかじめポイントをしぼっておくことをおすすめします。

上位記事の参考にするべきポイントは主に4つです。

チェックするべきポイント

・タイトル

・見出し構成

・強調されている"数"の確認

・リード文(導入文)

例えば「1位と2位以下の記事の違いは?」「反対に上位記事の共通点は何か?」しぼって探してみれば違いがあることに気づきます。

競合調査をすることで記事のクオリティに大きな差ができ、クライアント満足や納品した記事のやり直しが減るなどメリットがあります。

案件を獲得したらすぐに執筆に取りかからず、必ず競合調査をするクセをつけましょう。

執筆中に役立つ6つのスキル

執筆中に使えるライティングテクニック

上記のライティングスキルは執筆中に役立つものです。

記事の内容に直接影響するスキルなので、実践できるようになると文章の読みやすさが格段に変わります。

*ある*

文章力を磨きたい人は必見の内容です!

ここからは6つのライティングスキルについて解説していきます。

執筆中に役立つスキル①|ライティングの基礎

前提として『日常的に使う文章』と『Webライティングの文章』は意識するところが異なることを覚えておきましょう。

インターネット上の記事は無料かつ手軽に読めるものが多いので、途中で読むのをやめてしまうのが当たり前のようになっています。

そのためWebライターは読者に対して『もっと読みたい』と思ってもらえるような文章を書くことを求められます。

*ある*

Webライティングならではの書き方というものを知らないと良い記事は書けません。

今までの常識にとらわれず、Webライティングの基礎をしっかり学びましょう。

読者満足に繋がる文章の基礎は『文末・表現・長さ』を意識することで育ちます。

Webライティングの基礎の例

◆文章の文末を意識する

・同じ文末を2語以上続けない

・文末の種類を増やす

・文章のリズムを意識する

◆文章の表現を意識する

・言い切りの文末にする

・エビデンス(根拠)を書く

◆文章の長さを意識する

・一文一義にする

・スマホの画面を意識する

・読点(、)の数を意識する

文章のプロフェッショナルとして文章表現は最低限身につけておきましょう。

執筆中に役立つスキル②|文章構成

実は読者が読みやすいと感じる文章、購買意欲をかきたてる文章には法則があります。

「結局何が言いたいのか分からない」「前置きが長すぎる」といわれる人は文章の組み立てが良くないのかもしれません。

文章構成の法則を知っておくことで、Webライターとしての引き出しになるので、まずは法則を知るところから始めましょう。

代表的な文章構成

・PREP法(プレップ法)

・SDS法(エスディーエス法)

・新PASONAの法則(パソナの法則)

PREP法は、結論を強調させたいときに便利な文章構成で、Webライティングだけでなく商談やスピーチにも使われる手法です。

PREP法に沿って書くことで、誰でも順序立てて説明しやすくなり説得力のある文章が書けるようになります。

PREP法とは

Point:結論

(例)〇〇というヘアサロンが断然おすすめです。

Reason:理由

(例)おすすめする理由は、人気スタイリスト◆◆さんが手掛けてくれるから。

Example:具体例

(例)◆◆さんは本年△△コンテストに優勝するほどの腕前です。

Point:結論

(例)ぜひヘアサロン〇〇を利用してみてください。

ただし紹介した文章構成の法則はあくまでテクニックの1つなので、すべて型通り当てはめるのは難しいです。

文章の法則にとらわれると「法則通りに構成ができないから進まない」「法則通りになっていないから文章を書き直す」と執筆作業に悪影響が出ます。

*ある*

記事構成の引き出しとして参考にするぐらいがちょうど良いですよ!

執筆中に役立つスキル③|ひらく・とじる

読みやすい文章になるかは、漢字の使い方次第で大きく変わります。

ひらく(開く)・とじる(閉じる)とは、文章に含まれる漢字の使い分けを表す言葉です。

本来は漢字表記される言葉を、あえてひらがな表記に変えることを『漢字をひらく』反対に漢字のまま表記することを『ひらがなをとじる』と表現します。

ひらく・とじるの例

おはようございます(ひらく) ⇔ 御早う御座います(とじる)

読みやすい文章にするための漢字とひらがなのバランスは『文章全体の2〜3割が漢字、7〜8割がひらがな(カタカナ)』とされています。

漢字の使い方のバランスが悪いと読みづらい文章になり、読者離れの原因になってしまいます。

漢字をひらいた方が良いとされるもの

常用外の漢字

・蕾⇒つぼみ

・縞⇒しま

当て字

・兎に角⇒とにかく

・出鱈目⇒でたらめ

品詞(動詞や接続詞の総称)

・接続詞  又は⇒または

・補助動詞 来て貰う⇒来てもらう

・形式名詞 来た所だ⇒来たところだ

・連体詞  此の⇒この 其の⇒その

・副詞   暫く⇒しばらく

異なる意味を持つ漢字 

・辛い⇒つらい からい

・止める⇒とめる やめる

その他 一部漢字をひらくケース

・子供⇒子ども/こども

・友達⇒友だち

注意点はひらく・とじる文章が混ざらないようにすることです。

ひらく・とじる表現混同している状態を表記揺れといいます。

表記揺れに一度気づいた読者は本文に集中できず離脱の原因になることを覚えておきましょう。

*ある*

漢字の使い方、バランスひとつで記事の印象が変わります。

意識して執筆に活かせるように心がけましょうね!

執筆中に役立つスキル④|箇条書き

箇条書きは日常生活でも目にしますが、実はWebライティングとの相性が良い表現方法です。

効果的に使えれば『文章の整理』と『読者に訴えかける効果』を両立することができます。

自然に文章を強調する箇条書きは、読者の離脱対策として効果的です。

しかし意識せず何となく使っているだけでは、有効活用できているとはいえません。

ポイントをしぼって効果的に箇条書きを有効活用しましょう。

箇条書きのポイント

カテゴリを意識する

 同じジャンル同士で箇条書きにしているか

文末・語尾を揃える

 だ・である調(常体)か、です・ます調(敬体)で統一する

装飾を統一する

 箇条書きの装飾の色、形、記号の使い方などを合わせる

*ある*

箇条書きもクライアントのサイトのイメージに合わせて書くことが鉄則です!

執筆中に役立つスキル⑤|見出しづくり

見出しとは記事の内容がひと目で分かるように、本文の前に添える短い文章のことを指します。

見出しは記事の本文を手助けする役割を持ち、ほぼすべてのWebライティングの記事に導入されているので、見出しのスキルは身につけておきましょう。

見出しの効果

・読者が読みやすくなる

・文章と文章の区切りが分かりやすい

・強調したい部分がはっきりする

Webライターが見出しの文言から順序をすべて考えることを『見出し構成』といいます。

見出し構成づくりができるようになると、受注できる案件の幅が大きく広がるので必ず覚えておきましょう。

見出し構成づくりのポイント

①取りかかる前に構成のイメージをする

②キーワードを選ぶ

③上位記事を調査する

④クライアントに質問をする

⑤見出しの作成

⑥クライアントに報告(アピール)

執筆中に役立つスキル⑥|リード文(導入文)

リード文(導入文)とは記事の冒頭に書かれる文章のことで、読者を本文までスムーズに誘導するために設置します。

記事を読む大半が新規の読者のため、リード文があることで「このまま読み進めても悩みを解決できるのか?」「自分の知りたいことが書いてあるのか」という不安を和らげることができます。

情報が含まれていない短いリード文や回りくどい締まりのないリード文は、かえって読者が不満を持つ原因になるので要注意です。

リード文のポイント

・スマホ画面でも読みやすい文章を書く

・無駄な文字を削る

・記事の概要を含める

リード文を最後に完成させる理由は、本文とリード文の内容がズレないようにするためです。

最初にリード文を書き終えてしまうと、ミスやズレに気づかないこともあります。

リード文作成の手順

①最初にリード文のアウトライン(骨格)をざっくり作成

②リード文はひとまずそのままにし、本文作成に取りかかる

③本文を完成させたら、リード文を清書する

④リード文が完成したら記事全体を見直す

*ある*

案件に取りかかっている最中にクライアントから追加指示が出て、途中から本文の内容が変わることもあります。

リード文は最後に完成させて提出しましょう!

執筆後・その他に役立つ3つのスキル

執筆後・その他に使えるライティングテクニック

上記のスキルは『記事を書き終えたあとに役立つスキル』と『Webライターとして常に意識しておくべきスキル』です。

毎月5万円以上を稼ぐためにはライティングスキルのように技術面だけでなく、Webライターとしての心構えについても学ぶようにしましょう。

3つのスキルについて順番に解説していきます。

執筆後・その他に役立つスキル①|納期を守る

結論、納期を守れないWebライターは稼げません。

たとえ最初は運よく稼げたとしても、稼ぎ続けるのは難しいでしょう。

納期を守れないとどうなるの?

・クライアントの信用を失う

・損害賠償を請求される可能性あり

・次の仕事を受注しづらくなる

誰もが案件を受注するときは納期を守るつもりで引き受けますが、受注しすぎによるキャパオーバーやイレギュラーで納期に遅れてしまうライターも少なくありません。

余裕をもって1週間程度の納期の案件を選ぶことをおすすめします。

*ある*

慣れないうちは最低でも3日以上の間隔を空けるようにしましょう!

納期を守るための5つの対策

・納期の短すぎる案件を受けない

・スケジュールに余裕を持つ

・案件をかけ持ちしすぎない

・ジャンルをしぼる

・クライアント側の営業日を考慮する

毎月5万円を稼ぐためには計画性は不可欠です。

案件を終えたあとに自分がどれだけのペースで書けるのか、いくつまでなら案件をかけ持ちできるのか、執筆後に振り返りを心がけましょう。

執筆後・その他に役立つスキル②|誤字脱字をなくす

Webライターにとって納品した記事に誤字脱字があることは致命的です。

クライアントに「このWebライターは信用できない」と思われるかもしれません。

一般的に誤字脱字とは『いつ、誰が見ても間違いと判断される文章の誤り』のことを指します。

誤字脱字の例

・文字が1つ多い・少ない 

・文章の変換ミス 

・ら抜き言葉

・句読点漏れ

・二重否定

誤字脱字はケアレスミスで起きることが多いので、読み返すことで気づける誤りが多いです。

間隔を空けてから読み返すと執筆時の見落としに気づけることがあるので、書き終えたらすぐに提出するのではなく、一度読み返すクセをつけましょう。

誤字脱字を減らす方法

・1日時間を置く

・自分で読み上げてみる

・チェックツールを使う

一般的に誤字脱字ではなくても、クライアントから誤りと判断され修正指示がくることもあります。

クライアントの求める書き方ができないと、記事の修正をしなくてはなりません。

クライアントに誤りと判断されるケース

◆トンマナを守れず記事を執筆した

◆漢字のひらく・とじるを意識せず表記した

◆クライアントの独自のNGワードを使ってしまった

クライアントから共有される指示書やマニュアルに沿って執筆することで、要望から大きく逸れることは減ります。

*ある*

クライアントからの直しが多い人は指示書やマニュアルを事前に読み込むクセをつけましょう!

執筆後・その他に役立つスキル③|コミュニケーションをとる

Webライター業は一般企業で勤める場合と異なり、人付き合いや雑談がうまくなる必要はありません。

しかしライティングスキルだけ磨いても、コミュニケーションをおろそかにすれば案件の獲得や契約の継続には繋がらないものです。

クライアントとWebライターがお互いに顔を合わせないからこそ、必要とされるコミュニケーション力もあります。

コミュニケーションの例

意図した質問をする

・まとめて質問する

・分かりやすい文章で連絡する

時間を意識したやり取り

・迅速にレスポンスをする

・クライアントの待ち時間を考慮して連絡する

無駄のない報連相ができる

・質問に対して明確な返答をする 

・修正点や変更点は納品時にまとめて報告

Webライターに必要なコミュニケーション力は『限られた時間の中で的確な報連相ができる力』です。

対面で仕事をしないからこそ、Webライターとして信頼を勝ち取るためには仕事の中身とコミュニケーションが重要になります。

*ある*

稼ぐライターになるためにスキルをどんどん磨いていきましょうね!

プロからライティングを学びたいならライティングスクールがおすすめ

Webライターの知識やスキルは独学かライティングスクールで学ぶ方法の二通りあります。

独学で学びたい人はぜひママライターどっとこむの記事がおすすめなので参考にしてください。

もしも「最短で稼げるようになりたい」「自信をつけてWebデビューしたい」と思うならライティングスクールという選択肢もあります。

ですがスクールによって学習スタイルや料金などが異なるので、やみくもに入会するのはおすすめしません。

気になるスクールを見つけたら事前にリサーチしておき、講義の内容と料金が見合っているか確認しておきましょう。

スクール選びのポイント

・どのような講義内容なのか?

・どんな講師が教えてくれるのか?

・受講料金はいくらなのか?

おすすめライティングスクールについてはこちらの記事で解説中

まとめ

本記事ではWebライターが毎月5万円を達成するために必要なスキルと知識について紹介しました。

いきなりすべてを覚えるのは難しいので、できるところから1つずつ身につけていきましょう。

執筆前に使えるライティングテクニック

執筆中に使えるライティングテクニック

執筆後・その他に使えるライティングテクニック

*ある*

本記事がお役に立てば幸いです!ぜひ毎月5万円を稼げるライターを目指してくださいね✨

-ライティングスキルアップ