Webライターの心得

【毎月5万円を稼ぐ】Webライティングで誤字脱字をなくす方法を徹底解説

*ある*

こんな人におすすめ

・Webライターとしてもっと稼ぎたい

・他の記事では紹介していない誤字脱字を減らすコツを知りたい

・Webライターと活動を始めるにあたって気をつけるべきことを学びたい

Webライターの*ある*です。

Webライティングで毎月5万円を稼ぎたいのになかなか届かない、その原因の1つが誤字脱字です。

誤字脱字をしてしまうと

・納品を終えるまでに余計な時間と労力がかかり件数をこなせない

・クライアント(仕事の発注者)からの信頼をなくし契約を打ち切られる可能性がある

・テストライティングに合格できず案件を確保できない

誤字脱字は単純ですがなかなか減らないミスです。

不注意でしてしまう誤字脱字もあれば、ライターの知識不足によりクライアントに誤字脱字と判断されることもあります。

初心者だけでなくベテランでも誤字脱字を指摘されるライターは後を絶ちません。

*ある*

慣れない間は私も苦労しました…。

誤字脱字は最低限の知識と工夫さえすれば誰でも誤字脱字を0にすることは可能です!

今回はWebライターライティングで見逃しがちな誤字脱字の例と、誤字脱字を防ぐための方法を解説していきます。

*ある*

初心者だけでなく、なかなか報酬が伸びないライターにも参考になる内容になっています。

実践して毎月5万円を達成しましょう!

一般的な文章の誤りとクライアント次第の文章の誤り

Webライティングにおける文章の誤りと判断されるケースは主に2つです。

・一般的に『誤字脱字』といわれる誰が見ても誤りと判断されるもの

・文章に誤りがなくてもクライアントの裁量によってNGと判断されるもの

*ある*

初心者ライターがつまづきやすいのは、知識不足だけでなくWebライティング特有のルールを知らないからです。

事前に学んでおくことで乗り越えられるようになります。

まずはWebライティングの基礎となる『一般的に文章の誤りと判断されるケース』について詳しく解説していきます。

一般的に文章の誤りと判断されるケース

Webライティングで代表的なミスが誤字脱字です。

一般的な誤字脱字とは『いつ、誰が見ても間違いと判断される文章の誤り』のことを指します。

Webライティングで起こりやすい誤字脱字をまとめました。

誤字脱字の例

・文字が1つ多い・少ない 

・文章の変換ミス 

・ら抜き言葉

・句読点漏れ

・二重否定

*ある*

Webライティングならではの誤字脱字は、キーボードを見ながら打つと気づかないこともあります。

ときどき顔を見上げて画面を見るクセをつけましょう。

例①|文字が1つ多い・少ない 

Webライティングで起こりがちなミスは『文章の文字が1文字多い・少ない』ケースです。

・初初心者ライター⇒"初"が1つ多い

・きれいいな花⇒"い"が1つ多い

・03人中100人が⇒103人の"1"が消えている

・エスカレター⇒"ー"が抜けている

特に文章の打ち直しや、単語を部分的に修正した際にミスが起きやすくなります。

*ある*

文章を消したり加えたりしていると、いつの間にか見逃してしまいがちなミスです。

例②|文章の変換ミス

変換ミスは漢字やカタカナに変換する際に起きることが多いです。

入力間違いに気づかない変換ミスと、言葉の覚え間違いにより起こしてしまう変換ミスがあります。

ミスの一例

漢字の変換ミス

・今日見ない⇒興味ない

・漁って⇒明後日

漢字の使い間違い

・精算 清算

・量る 図る 計る 測る

・空ける 開ける 明ける

・努める 務める 勤める 勉める

言葉の覚え間違い

・✖コミニュケーション 〇コミュニケーション

・✖シュミレーション  〇シミュレーション

・✖フュギア      〇フィギュア

似ている言葉の使い方の間違い

✖やらなくてはならないことを"おざなり"にした

〇やらなくてはならないことを”なおざり”にした

*ある*

漢字の変換や言葉の覚え間違いは私も分からないことがあります。

自信がないときはその場でインターネットで検索してしまいましょう。後回しにすると忘れてしまうことがあるので注意!

例③|ら抜き言葉とい抜き言葉

ら抜き言葉とは『可能・不可能を表す動詞から、ひらがなの”ら"を抜いた言葉』のことです。

ら抜き言葉の例

・✖負けれない⇒〇負け"ら"れない

・✖食べれる ⇒〇食べ"ら"れる

・✖決めれる ⇒〇決め"ら"れる

ら抜き言葉は、話し言葉として意味は伝わるのでついつい無意識に使ってしまうライターもいますが、文章としては誤りの表現です。

拙い印象を与えてしまい不特定多数のユーザーが閲覧する場での使用は好まれません。

*ある*

見分け方の1つとして『〇〇れる』『〇〇れない』のような可能不可能を表す文章の"れる"や”れない”の前に"ら"を入れてみましょう。

同じ意味の文章として成立すれば、ら抜き言葉になっていることが分かります。

い抜き言葉とは『動詞の中に本来含まれるはずの、ひらがなの”い”が抜け落ちた言葉』を指します。

ら抜き言葉と同様に意味は伝わりますが、文章表現としては誤りになるので直す必要があります。

い抜き言葉の例

・✖愛してる ⇒〇愛して"い"る

・✖してません⇒〇して"い"ません

・✖走ってた ⇒〇走って"い"た

ドラマやマンガ、歌詞の使用に頻繁に使用されるため、違和感がないからこそ気をつけるべき表現です。

*ある*

いを入れるべきか迷った場合には『〇〇た』『〇〇ません』の文章に"い"を入れてみましょう。

意味が通じれば、い抜き言葉ということになります。

Webライティングの文章の書き方の基本はこちらの記事で解説!

例④|句読点漏れ

句読点(くとうてん)とは、文章を区切るために使う符号(。、)のことです。

初心者ライターがついやってしまうのが、句読点をつけ忘れてしまうミスです。

句読点が抜けると

・句点(。)が抜けると、どこが文末か読者は判断できず、歯切れの悪い文章になる

・読点(、)が抜けると、文章のリズムが悪くなり、読みづらい文章になる

LINEのような無料連絡ツールやSNSの普及により、メッセージのやり取りに句読点を使わない習慣が浸透してきているため、句読点を忘れてしまうことがあります。

読点の使うタイミングが分からない場合は、以下の使い方を参考にしてみてください。

読点を使うタイミング

文章の場面転換のとき

(例)とても疲れたが、最後まで走り切った。

文章の意味を適正に伝えたいとき

(例)ここではきものを脱いでください。

・ここで、はきもの(履き物)を脱いでください。

・ここでは、きもの(着物)を脱いでください。

音読した際に息を吸う間をつくるとき

(例)夢中になってしゃべり続けると、息継ぎをしなくなるから、酸欠にならないように注意しましょう。

読点の配置に明確な答えはありません。

ポイントは『どこに読点を打てば読者が読みやすくなるか』を考えることです。

ただし読点は使いすぎても読みづらくなるので、1つの文章に対して句読点は1〜2つ程度になるようにしましょう。

例⑤|二重否定

二重否定とは『1つの文章の中に否定を意味する言葉を2語使う表現』のことです。

二重否定の例

・分かりづらいとは思わない⇒分かる

・できないとは限らない⇒できる

・否定をしない⇒認める

話し言葉や小説、歌詞では表現の1つとして使われますが、読み手に負担をかける複雑な表現のため、Webライティングでは敬遠される表現です。

分かりにくいと判断した時点で読者は読むのを止めてしまいます。

二重否定は厳密には誤字脱字ではありませんが、使い方には注意をしましょう。

*ある*

『裏の裏』と表現するより、最初から『表』と表現した方が情報が頭の中に入りやすいです。

Webライティングでは分かりやすくシンプルな文章を心がけましょう!

誤字脱字をなくすための対策

「ちょっと見れば誤字脱字に気づくのでは?」と思うかもしれませんが、意外にも間違いには気づかないものです。

実は人間には誤字脱字があっても文章を読めてしまう力が備わっています。

例文

この文章は、まがちいだらけすでが、ふぎしと読めしてまいます。

誤字脱字をなすくために、見直しチッェクをからなずしましょうね!

上記の例文は間違いだらけの構成ですが、最後まで読めたのではないでしょうか?

タイポグリセミア(Typoglycemia)という現象の影響を受けているため、文章に含まれる単語を並び変えても、内容を理解できてしまうのです。

意識をしないとタイポグリセミアの影響で、気づけるはずのミスを見落としてしまいます。

*ある*

特に記事を書き終えた直後は達成感に満ちているため、誤字脱字に気づきにくいんですよね…。

ただ文章を眺めているだけでは、なかなか誤字脱字は見つからないので必ず対策を立てましょう。

誤字脱字を見つける3つの対策

・1日時間を置く

・自分で読み上げてみる

・チェックツールを使う

ここからは誰にでも誤字脱字を見つけられるようになる具体的な対策をご紹介します。

対策①|1日時間を置く

記事を書き上げた直後は、満足感や達成感でいっぱいになり、最も誤字脱字に気づきにくいタイミングといえます。

誤字脱字を見つけるのに効果的なのは時間を置くことです。

できれば1日以上間隔を空けると客観的に文章を読むことができるので、見落としていたミスを見つけやすくなります。

納期よりも早く仕上げなくてはなりませんが、誤字脱字の発見だけでなく文章表現の見直しも余裕を持ってできるメリットの方が大きいです。

可能な限り納期よりも早めに仕上げられるように心がけましょう。

*ある*

稼ぐWebライターは必ず時間を空けて見直しをしています。

特に初心者は実力アップにも繋がるのでぜひ取り入れてみてくださいね!

納期ギリギリなのは案件の探し方がうまくいってないからかも?こちらの記事で解説!

対策②|自分で読み上げてみる

誤字脱字を減らす方法の1つとして文章を音読して確認する方法もおすすめです。

声に出して読むことで、目視だけでは見落としがちの部分をカバーすることができます。

読み上げるメリット

・文章構成の違和感に気づける

・文章のリズム感の良し悪しが自然に分かる

・句読点(、。)の漏れに気づく

*ある*

もし声に出すのが難しければ、心の中で文章を読むだけでも効果がありますよ♪

対策③|チェックツールを使う

Webライティングならではのチェックツールを使って誤字脱字を発見する方法もあります。

例えば誤字脱字の部分に自動でチェックが入り、ライターの代わりに音声で文章を読み上げてくれます。

チェックツールは有料と無料サービスがありますが、まずは無料のものから始めるのがおすすめです。

無料チェックツールおすすめ

・Googleドキュメント

・Enno(エンノ)

・音読さん

おすすめの無料チェックツールをそれぞれご紹介していきます。

Googleドキュメント

出典:Googleドキュメント 実際の画面

Googleが提供する文章作成ツールで、いわゆるWordのようなものです。Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

Webライティングで提出用ツールとして使用することもあるので使えると重宝します。

文章チェック機能 

誤字脱字、文章の間違いと思われる個所に自動でチェックを入れて知らせてくれます。

読み上げ機能

Googleドキュメントには音声で文章を読み上げる補助機能があります。

*ある*

文章を作成しながら誤りを確認できる文章チェック機能と作成後に確認できる読み上げ機能の併用をおすすめします!

Enno(エンノ)

出典:Enno 実際の画面

登録不要のチェックツールで、サイトの入力欄に直接文章を貼り付けることで誤字脱字を確認することができます。

日本語のみ対応していますが、誤字脱字だけでなく漢字変換ミスも確認してくれるのもありがたい機能です。

*ある*

文章の完成後に記事全体を確認するツールとして役立ちます!

音読さん

出典:音読さん 実際の画面

サイトの入力欄に文章を入力することで、登録されている音声の中から好みの音声で読み上げてくれるツールです。

登録なしで1,000文字まで読み上げ、無料登録で5,000文字まで読み上げてくれます。

日本語だけでなく英語、中国語などにも対応しています。

*ある*

聞き取りやすい音声で流れる便利なツールです!

チェックツールは大変便利な機能ですが、機械が判別するゆえにミスに反応しないこともあります。

最後に確認するのは自分自身の目で。あくまで補助としてチェックツールを使うようにしましょう。

クライアント次第で誤りと判断されるケース

Webライティングでは一般的には誤字脱字とならない表現も、クライアントによってはNGと判断することがあります。

例えば文章の表現、書き方がクライアントの描くイメージとかけ離れてしまった場合です。

代表的な例

・『ひらく・とじる』を意識していない

・『トンマナ』を守っていない

クライアントの求める書き方ができないと、記事の修正をしなくてはなりません。

細かい問題でも積み重ねれば、Webライター側もクライアント側もどんどん負担がかかります。

*ある*

誤字脱字ではありませんが、ひらく・とじるとトンマナについては最低限の知識を蓄えておきましょう。

実践できれば作業も楽になります!

例①|ひらく・とじる

ひらく・とじるとは、文章内の漢字の表記に関するライティング用語です。

漢字で表記できる単語をあえてひらがなにすることを『ひらく』、漢字でそのまま表記することを『とじる』といいます。

一般的なひらく表記の例

・ある所⇒あるところ

・その事⇒そのこと

・先ずは⇒まずは

・兎に角⇒とにかく

・有難い⇒ありがたい

ひらく表現はやわらかい印象を与え、文章全体を見やすくする効果があります。

以下の例文からひらいた表現の文章と、とじた表現の文章の違いを見てみましょう。

例文

・いわゆる漢字の使いすぎによる見づらい文章のこと (ひらく)

・所謂漢字の使い過ぎによる見辛い文章の事 (とじる)

*ある*

同じ文章でも文字から受け取るイメージ、読みやすさが変わりますね!

漢字の使い方次第で読者に与える印象が大きく変わるため、クライアントはひらく・とじるの使い方について厳しくチェックしています。

ひらく・とじるに明確なルールはありません。

ビジネス系の記事を執筆する際には、ひらく文章をあえてとじる表現をする場合もあります。

*ある*

ひらく・とじるのどちらの表現にするか迷った際は『クライアントのサイトを読む』『分からないことをまとめて質問する』ように私はしています。

"ひらく・とじる"についてはこちらの記事で解説!

例②|トンマナ

トンマナとはトーン&マナーの略語で、広告や記事に含まれる文章や色使い、配置やデザインに一貫性を持たせるためのルールのことです。

クライアントは自分の描いているイメージ、コンセプトを意識してサイトを運営しています。

Webライターは各クライアントのトンマナに合わせて記事を執筆する必要があります。

トンマナの例

・記号の有無

・半角or全角の使い分け

・装飾と配色

・文章表現

・語尾

・表記ルール

トンマナを意識せずに書くと、記事全体にちぐはぐな印象を与えてしまい統一感がなくなります。

*ある*

始めたばかりの頃はスペースの大きさを半角と全角を間違えクライアントから修正依頼を受けた経験があります。

クライアントは細かいところも見ているということですね。

トンマナについてはこちらの記事で解説しています!

クライアント次第で誤りと判断されるケースの対策

クライアントの裁量による文章表現のNGは、一般的な誤字脱字ではないので、チェックツールで判別することは難しいです。

誤りの判別が難しいからこそ、提出した記事のクオリティに差が出ます。

稼ぐWebライターは対策を立てているので、他のWebライターとの差をつけています。

*ある*

記事を読んでくれているあなたに向けて、すぐに実践できる対策をご紹介します。

3つの対策

・事前にマニュアルを熟読する

・マニュアルを確認しながら執筆する

・マニュアルに変更があれば記録しておく

Webライティングの案件には専用のマニュアルが必ず用意されます。

提供されるマニュアルに沿って執筆することを徹底できれば、ミスを0にまで減らすことも可能です。

*ある*

同時進行で複数記事を執筆する際に起きやすいミスの対策になります。実践できるように読み込んでくださいね!

対策①|事前にマニュアルを熟読する

ミスを減らすためには、まず"執筆作業に取りかかる前に"マニュアルの熟読をしましょう。

気をつけるべきポイントやトンマナなどのクライアント独自のルールは、すべてマニュアルに記載されています。

*ある*

提出した記事のやり直しの多くが、マニュアル通りに作成せずルールを無視することで起きています。

マニュアルに沿って書こうとしているか、その意識の違いの時点で、記事のクオリティに差がつきます!

マニュアルを読むのは最初の1回だけでなく、期間が空いた場合は読み返すことをおすすめします。

取りかかっていた案件を一時中断した際、期間が空くことでマニュアルの内容を忘れてしまうことがあるためです。

*ある*

ベテランライターでもマニュアルの確認を怠れば間違えます。

事前にマニュアルを読むクセを"最初の内"につけて習慣化しちゃいましょう!

対策②|マニュアルを確認しながら執筆する

マニュアルのボリュームが多い場合、内容をすべて覚えるのは難しいです。

内容を暗記するのは労力がかかるので、常にマニュアルのファイルをいつでも開ける状態にし作業することをおすすめします。

特に忘れがちになりそうなところ、間違えそうなところがあれば、メモをして見れるようにすると、マニュアルを全て読み返さなくても済むので作業効率も良くなります。

*ある*

私はGoogleスプレッドシートでオリジナルノートを作り、ミスの防止と作業効率を上げられるように工夫しています。

複数の案件を同時進行で取り組む場合は、交互に少しずつ作業するのではなく、1つの記事に集中し一気に進めた方が執筆が捗ります。

異なる案件を交互に作業するを繰り返すと執筆のルールを混同しがちになり、ミスを引き起こす原因になります。

いつでもマニュアルを見れるようにしておき、1つの記事に集中して取り組みましょう。

対策③|マニュアルに変更があれば記録しておく

クライアントの要望によりマニュアルの内容は突然変更されることがあります。

事前にクライアントから修正の連絡が来ることもあれば、いつの間にか最新のルールに切り替わっていることも。

マニュアルの変更点が分かればすぐに最新情報を記録しておきましょう。

*ある*

以前のルールであれば問題なかったのに、突然修正指示が出るようになった場合は、気づかない間にルールが変更されている可能性が考えられます!

同じクライアントの案件に継続して取り組む場合は、定期的にマニュアルを読み返すようにしましょう。

今まで見落としていたルール、内容の変更点に気づけるようになります。

*ある*

パソコンのメモ機能やGoogleスプレッドシートに変更点を記載しておきましょう。

いつでも確認できる状態にしておくと、ミスも減らせて時短にもなりますよ♪

まとめ

今回はWebライティングで毎月5万円稼ぐために重要な『誤字脱字』について解説しました。

一般的に誤字脱字と判断されるケース

・文字が1つ多い・少ない 

・文章の変換ミス 

・ら抜き言葉とい抜き言葉

・句読点漏れ

・二重否定

誤字脱字の対策

・1日時間を置く

・自分で読み上げてみる

・チェックツールを使う

クライアント次第で誤りと判断されるケース

・『ひらく・とじる』を意識していない

・『トンマナ』を守っていない

各クライアント専用の対策

・事前にマニュアルを熟読する

・マニュアルを確認しながら執筆する

・マニュアルに変更があれば記録しておく

ライティングの基本である誤字脱字が0になったとき、きっとあなたのライティング力は数段レベルアップしています。ぜひ取り入れてみてください。

*ある*

小さなことからコツコツと!毎月5万円を達成できることを願っています✨

-Webライターの心得
-, ,