Webライターの心得 案件の獲得

【毎月5万円を稼ぐには?】初心者Webライター必見!案件の探し方と注意点を徹底解説

*ある*

こんな人におすすめ

・ライティングの案件はどこからどうやって獲得するのか知りたい

・案件をこなしているがなかなか毎月5万円までたどり着けない

ママWebライターの*ある*です。

Webライティングで報酬を得るためには、ライターが自分でライティング案件を探し出し獲得する必要があります。

「でもどうやって案件を獲得すればいいの?」「営業なんてやったことない」と不安に思ってはいませんか?

私も最初は案件獲得まで全然たどり着けませんでした。焦りのあまり悪条件の案件に手を出したこともあり、初めは失敗続き。

しかし実践経験を積んでいくうちに案件の探し方にもコツがあることを学び、3か月目には毎月5万円以上の報酬を獲得できるようになりました。

稼げる金額は案件の探し方、選び方で大きく変わります。

Webライターの収入に直結する非常に重要な項目なので、しっかり理解を深めましょう。

案件探しについて学ぶメリット

・使える時間が同じでも、稼げる金額が増える

・案件選びに迷いがなくなるので、ライティング作業に集中できる

この記事では、私と同じような家事や育児の隙間時間で活動しているママライター、これからWebライティングを始めようとしている未来のママライターに向けて案件の探し方について分かりやすく解説していきます。

*ある*

なかなか毎月5万円にたどり着けない現役Webライターも、この記事を熟読して報酬アップのヒントに繋げてください!

Webライター初心者の案件の探し方

あなたはWebライターがライティング案件を獲得する方法を知っていますか?

・企業に直接電話して応募する

・雑誌やインターネットで募集を探す

・誰かに紹介してもらう

もしかしたら上記の例のようなイメージを持ったのではないでしょうか。

Webライティングの案件の探し方は1つではなく色々あります。

案件の探し方の例

・クラウドソーシングサイト

・フリーランスエージェント

・企業に直接応募

・SNSの活用

・セミナーや交流会

現在の代表的なライティング案件の探し方と、それぞれの特徴をご紹介します。

クラウドソーシングサイト (初心者におすすめ)

ライターとクライアント(仕事の発注者側)を仲介する企業を通じてインターネット上で案件を獲得する方法。

メリット

・クラウドソーシングサイト数は多く、募集している案件数も多い

・企業が仲介し管理しているのでトラブルが少ない

デメリット

・成果報酬から仲介費用が差し引かれる

・クラウドソーシングに登録しないと利用できない

フリーランスエージェント (副業→本業にステップアップの方におすすめ)

フリーランス(個人事業主)の本業ライターとクライアントを仲介する企業を通じて案件を獲得する方法。

メリット

・高単価の案件が多数ある

・企業が仲介し管理しているのでトラブルが少ない

デメリット

・成果報酬から仲介費用が差し引かれる

・フリーランスエージェントに登録しないと利用できない

企業に直接応募 (キャリアアップにおすすめ)

自分で直接企業にDMや電話などでアプローチして案件を獲得する方法。

メリット

・一般公募していない企業の案件を獲得できる

・仲介業者を挟まないため報酬はすべて自分の手元に入る

・高単価で受注できる可能性が高い

デメリット

・断られることも多く案件獲得の難易度は高い

・企業とのトラブル対処も自分で必要がある

SNS (SNSを多用しているライターにおすすめ)

自身の利用しているSNS内で案件を獲得する方法。

メリット

・本名や住所を公開しなくてもやり取りが成立する

・クライアントと直接やり取りをするため仲介費用もかからない

デメリット

・クラウドソーシングサイトにない案件を獲得できることもある

・無報酬トラブル、突然音信が途絶えることもある

・応募者が多く競争率も高い

セミナーや交流会 (直に交流したい方におすすめ)

Webライターのセミナーや交流会に参加した際に案件を獲得する方法.

メリット

・意見交換しつつコミュニティも形成できる

・お互いに顔を知っているのでやり取りしやすい

デメリット

・自宅で仕事を完結するのは難しい

・高額セミナーへの勧誘や有料サービスに誘導されるトラブルもある

案件探しは現在の自分のレベルに合わせる

クライアント(仕事の発注者)と直接やり取りをすれば、仲介手数料もかからないため報酬はそのまま手元に入るメリットがあるので魅力的ではあります。

その反面クライアントとの交渉、トラブル解決もすべて自分でしなくてはなりません。慣れない間はライティングの作業だけでも手一杯です。

特に限られた時間内で仕事をするママライターにはハードな内容なので、慣れるまでは他者の力を借りましょう。

*ある*

迷える初心者ライターは、まずはクラウドソーシングサイトでの案件探しがおすすめです!

Webライター初心者が案件を探す際のポイント

Webライティングの案件は何千何百とあり、検索しているだけであっという間に1日が終わってしまいます。

今すぐにでも案件を探したいところですが、『案件はやみくもに探さない』ことが鉄則です。

*ある*

仕事のデキるライターは限られた時間を有効活用しています!案件探しはポイントをしぼることがカギとなります!

案件探しのポイントは主に3つあります。

案件探しのポイント

・評価の高いクライアントを選ぶ

・文字単価1円以上の案件にしぼる

・継続案件に応募する

ここからは3つのポイントについてそれぞれ順番に解説していきます。

ポイント①|評価の高いクライアントを選ぶ

案件探しはクライアント(仕事の発注者)選びからまず始めましょう。

自分の仕事のパートナーとなる存在なので、信頼できる相手を探したいところ。

Webライティングは、お互いに本名の公開や顔出しをせずライターとクライアントと仕事をするケースが多いです。

しかし顔も本名も分からない赤の他人と仕事のやり取りをすることに、抵抗があると思います。

*ある*

私の経験上、信用できるクライアントかどうかは一緒に仕事をしてみることで分かることが多いですね。

失敗を未然に防ぐなら第三者の力を借りましょう!

クライアント選びのコツはクライアントの実績、第三者からの評価(口コミ)を活用することです。

クラウドソーシングサイト、フリーランスエージェントのような仲介サイトで仕事を探すと、クライアント側の細かい情報を事前に調べることができます。

クラウドソーシングサイトといった仲介サイトであればプロフィール、案件の発注内容、第三者からの評価も公開しています。

クライアントを見定める材料になるので、応募前に必ずチェックすることを覚えておいてください。

事前に見ておくべきポイント

・詳しいプロフィール情報が記載されている

・発注数が多く案件完了率が高い

・Webライターからの口コミやコメントの評価が高い

まずはプロフィールが作り込まれているか確認しましょう。

真剣に取り組んでいるクライアントであればプロフィール欄も充実しています。

*ある*

空欄だらけになっていないか、読んでも分からないプロフィール欄になっていないか確認しましょう!

次にクライアントが出した過去の案件発注数と案件完了数をチェックします。

過去の案件発注数と案件完了数は"ライターとの信頼の証"です。

発注数が多ければ多いほどWebライターと仕事をこなしてきたことになり、案件完了数が多いほどWebライターが納品した案件にちゃんと報酬を支払っていたことが分かります。

*ある*

登録歴は長いのに発注数が1件、2件と極端に少ないのはあやしいですね。

詐欺や勧誘目的の悪質なクライアントの可能性があるので注意する目安になります。

Webライターの口コミやコメントのような第三者情報も、とても参考になります。

クライアントはプロフィール欄で嘘はつけても、第三者からの情報は嘘をつくことはできません。

信頼できるクライアントは自然と第三者からの評価も高くなります。

*ある*

クラウドソーシングサイト、フリーランスエージェントで案件を探すならまずクライアントのプロフィール欄を見るクセをつけましょう!

ポイント②|文字単価1円以上の案件にしぼる

ライターの報酬は『文字単価×文字数』でほぼ決まります。

文字単価は1文字0.1円~数十円以上の案件もあり、文字単価が増えるほど難易度も上がりクライアントに求められる内容も増えていきます。

まず初心者ライターは『文字単価1円/1文字』以上の案件を目指しましょう。

とはいえ最初は文字単価1円/1文字と聞いて、はたして単価が高いのかそれとも安いのか、文字単価の相場を判断するのは難しいと思います。

*ある*

基本的に私は文字単価が0.5円/1文字未満の案件はおすすめしていません!

単価が低いと量をこなさないとならないからです…。

ベテランライターでも1日に執筆できる記事数には限りがあります。

例えば文字単価0.3円/1文字の記事で毎月5万円以上を達成しようとすると、5,000文字の記事で約34本も執筆しなくてはなりません。

単純計算で1日も休まずに1記事を納品させても5万円を達成することはできないのです。

文字単価文字数報酬
0.3円5,000文字1,500円
0.5円5,000文字2,500円
1円5,000文字5,000円
1.5円5,000文字7,500円
報酬の計算例

もし文字単価1円/1文字で5,000文字の記事を執筆する場合は、わずか10記事で毎月5万円を達成することができます。

文字単価はWebライターの生命線です。文字単価1円/1文字以上の案件は、努力次第で初心者Webライターも獲得できるので挑戦してください。

*ある*

ライター業務の報酬は時給換算ではないので文字単価は重要な指標になります。

未経験、初心者だからと臆さずに1円以上の単価の案件にチャレンジしましょう!

ポイント③|継続案件に応募する

Webライティングの仕事は、主に1記事だけを受注する「単発」型の案件と、毎月コンスタントに記事作成依頼が来る「継続」型の案件の2種類に分かれます。

単発型の案件は実績作りとして有効です。

様々なジャンルの執筆の経験を積め、沢山のクライアントと出会うこともできます。

ただし初心者ライターにはライティングに慣れるまでは単発型の案件をおすすめしていません。

単発型の案件をおすすめしない理由

・案件を終えるたび常に新たな案件を探す手間と時間がかかる

・収入が不安定になる

・仕事がないと常に不安になり悪条件の案件に手を出すリスクが高まる

*ある*

毎月5万円を達成するためには、ぜひ「継続案件」の獲得にチャレンジすることをおすすめします!

初心者Webライターが案件を探す際に意識するべき5つのポイント

慣れない間は案件を探す際に何に注意すればいいのか、どんな案件にチャレンジすればいいのか、いまいちピンとこないのではないでしょうか?

初心者Webライターが案件探しの失敗しないコツと避けるべき案件があります。

*ある*

私が実際に体験した上で、特に意識するべき5つのポイントをピックアップしました!

案件探しで意識するべき5つのポイント

・得意または知見のあるジャンルにしぼる

・マニュアル完備の案件にしぼる

・文字数が多すぎる案件は避ける

・納期が短すぎる案件は避ける

・応募し続ける

ここからは5つのポイントをそれぞれ順番に解説していきます。

ポイント①|得意または知見のあるジャンルにしぼる

ライティングのジャンルは幅広いのでやみくもに応募するのではなく、まずは自分が何に興味関心を持っているか知ることから始めましょう。

基本的にライティング作業は情報収集・調査しながら執筆していくことになるため、思っている以上に時間がかかります。

知見のあるジャンルの方が調べる時間も短く執筆ペースも上がるので、まずは自分自身の強みを知りましょう。

ライティングに繋がる強みの例

・専門的な資格

(例)調理師免許 保育士資格 美容師免許 販売士

・前職の経験 

(例)携帯ショップスタッフ エステティシャン アパレルスタッフ

・現在興味のあるもの 

(例)投資・資産運用 コスメ 100均 節約料理

ジャンルの一例

・育児

・美容

・IT

・ファッション

・食品

・金融保険

・家電

・旅行

・結婚 など

*ある*

ママだからこそできる『育児』『結婚』『ファッション』系のジャンルの募集は多いです!

ポイント②|マニュアル完備の案件にしぼる

Webライティングの案件は、クライアントからの細かい指示がなくWebライターが自由に構成を考える案件と、クライアント側がマニュアルを用意していて一定の構成がすでに決まっている案件に分かれます。

まず慣れるまではマニュアル完備の案件にしぼることをおすすめします。

一見するとクライアントから細かい指示はない案件の方が書きやすそうに感じるかもしれません。

実際にやってみると、自由だからこそなかなか難しいです。

文章の執筆だけでなく依頼によっては見出しの構成、画像の選定なども任されます。

苦労して納品してもクライアントのイメージに合わなければ差し戻しされ、修正しなくてはならなくなります。

調査、執筆、修正で時間と労力もかかるため、ライティングに慣れるまでに挫折してしまうことも。

道筋の決まっているマニュアルを完備している案件からトライし、徐々に慣れていきましょう。

マニュアル完備の案件で育つライティングスキル

トンマナやキーワード選定などクライアントの求めている答えが分かるようになる

・見出しの構成の作り方が分かるようになる

マニュアル完備の案件をこなすことでライティングに必要なスキルを実践で吸収することができるのでおすすめです。

トンマナとは?

トーン&マナーの略。ライティングでは文章の書き方、表現のルールのこと。トンマナを守ることでサイトや記事に統一性が出る.。

トンマナについてはこちらの記事で解説しています!

ポイント③|文字数の多すぎる案件は避ける

ほとんどライティング案件の報酬は『文字単価×文字数』で計算され、文字数が多ければ多いほど報酬も上がります。

例えば文字単価が1円/1文字の場合、1万文字の記事1本で1万円の報酬になります。

しかし文字数が多ければ多いほど、見出しの構成の数や調査、選定する画像の枚数も増えるので、実は想像以上に時間がかかります。

ボリュームが多いと1本仕上げるのに相当の労力がかかるため、ライティング作業自体が辛くなって辞めてしまうということになりかねません。

*ある*

マラソンに例えると初心者がいきなりフルマラソンに挑戦するようなものです。

自分の速さ、体力、ペースも分からないまま走れば完走できないですよね。まずは距離の短いコース=文字数の少ない案件から始めましょう!

ライティング初心者には1,000文字を書ききるだけでも時間がかかります。

慣れるまでは3,000文字~5,000文字を目安に案件に応募することをおすすめします。

自分のライティングスキルの成長に合わせて徐々に文字数の多い案件にチャレンジしましょう。

*ある*

ライティング案件には目安文字数が記載されているので、選考の目安にしましょう!

ポイント④|納期の短すぎる案件は避ける

Webライティングの仕事は必ず納期があります。

期限に間に合わないとクライアントに迷惑をかけたり記事の質を落とすことに直結し、最悪の場合には契約を解除されてしまいます。

執筆に慣れるまでは最短でも3日の納期にしておきましょう。

未経験者、初心者ライターは1記事にどれだけの時間がかかるか、ピンとこないと思います。

最初は1週間ほど余裕のある案件からチャレンジしてみることをおすすめします。

納期を守り質の高い記事の納品を続ければクライアントの信頼に繋がります。

信頼を積み重ねれば案件数が増えたり文字単価も上がり、実績も自然についてきます。

*ある*

少しでも早く稼ぎたい!と焦る気持ちを押さえて1つ1つこなしていきましょう!

ポイント⑤|応募し続ける

とてもシンプルですが『案件に落選してもチャレンジし続ける』ことを覚えておいてください。

「案件獲得しすぎて手が回らなくなったらどうすればいいの?」と考えるかもしれませんが、意外と案件は簡単に獲得できません。

案件の応募者はあなただけではなく、ライバルとなるライターが大勢います。

始めて間もなくは落選することの方が断然多いです。

頑張って応募してもクライアントから返答がないことも当たり前のようにあります。

とにかく時間を見つけて案件に応募しましょう。

お子さんを寝かしつけたあと、家事を終えたあと、寝る前などのスキマ時間があれば行動することを心がけてください。

*ある*

私も最初は毎日20件は案件に応募していました!とにかくアクションをかけ続けることが大切です!

応募文の書き方はこちらの記事で解説しています!

初心者Webライターの案件探しはクラウドソーシングサイトがおすすめ

クラウドソーシングとはインターネットを通じて業務の依頼、受注するビジネスモデルのことです。

インターネット上でWebライターとクライアントを仲介・管理している企業をクラウドソーシングサイトと呼びます。

クラウドソーシングサイトの仕組み

ライターがクラウドソーシングサイトに登録することで、登録されているクライアントの案件を検索し、応募する仕組みです。

クライアントとのやり取りもクラウドソーシングサイト内でできるようになっています。

クラウドソーシングサイトは基本的に会員費、維持費は無料で利用できます。

代わりに案件の報酬が発生した際に、仲介手数料を取ることでクラウドソーシングサイトは成り立っています。

*ある*

家事・育児に忙しいママもスキマ時間で案件探しができるのでおすすめです!

クラウドソーシングサイト共通のメリット

・無料でサービスを利用できる

・本名・電話番号など個人情報を公開せず活動できる

・個人では出会えないような企業案件にトライできるチャンスがある

・クライアント側から直接案件のスカウトをしてくることがある

・クラウドソーシングが仲介しているため個人で活動するよりもトラブルに巻き込まれにくい

・各クラウドソーシングの個別の特典を受けられる

クラウドソーシングサイト共通のデメリット

・案件の報酬額の数%は仲介手数料としてクラウドソーシングサイトに支払う

・会員登録しないとサービスを利用できない

*ある*

私は現在は7社のクラウドソーシングに登録し、案件探しで活用しています!

クラウドソーシングも運営会社で強みや募集案件も異なります。入口を増やせば優良案件に出会う確率も上がりますよ✨

ここからはWebライター*ある*がおすすめする初心者ライター向けのクラウドソーシングサイトをご紹介していきます。

クラウドワークス(Crowd works)

出典:クラウドワークス

ユーザー登録数約480万人の業界最大クラスのクラウドソーシングサイト。

初心者から上級者まで幅広く利用できます。

特徴

・Webライティングの案件数が多い

・様々なジャンルの記事にチャレンジできる

・個人事業主だけでなく企業も案件を出している

クラウドワークスについて知りたい方はこちらから

ランサーズ(Lancers)

出典:ランサーズ

"日本初"の老舗かつ大手クラウドソーシングサイト。

案件数の多さだけでなく幅広いジャンルの案件があります。

特徴

・個人事業主だけでなく企業も案件を出している

・独自のランク制度により、頑張りが可視化され評価される

ランサーズについて詳しくはこちらの記事で解説!

シュフティ(shufti)

出典:シュフティ

名前の通り"主婦(夫)向け"のクラウドソーシングサイト。

初心者向けの案件が多く、報酬から引かれる仲介手数料も良心的です。

クライアント側も子育てしているライター前提で仕事を提供しているので、初心者ママライターも安心してチャレンジすることができます。

特徴

・初心者歓迎の案件が多い

・手数料が一律

・シュフティサイト内でリサイクルPCの販売を行っている

シュフティについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

ママワークス(mama works)

名前の通りママ=子育て中の主婦に特化したクラウドソーシングサイト。

ちなみに主婦(夫)でなくても利用可能です。

初心者から中級者まで幅広く利用できるクラウドソーシングサイトです。

特徴

・システム利用料(仲介手数料)が無料で利用できる

・未経験者に向けてパソコンを貸し出ししている案件もある

・文字単価が1円/1文字以上の案件も用意されている

ママワークスについてはこちらの記事で解説しています!

ココナラ(Coconala)

案件の種類も豊富なクラウドソーシングサイト。

CMでよく見かけ知名度も急上昇中です。

特徴

・福利厚生のサポートあり(直近3か月間の累計の報酬額が10,000円以上であれば利用可能)

・個人のクライアントが多い

・独自のランク制度で頑張りが可視化され評価される

まとめ

今回は初心者ライターが理解しておくべき案件の探し方について解説しました。

案件探しで押さえておくべき3つのポイント

・評価の高いクライアントを選ぶ

・文字単価1円以上の案件にしぼる

・継続案件に応募する

限られた時間で優良案件に巡り合うためには、まずは選択肢をしぼりましょう。

案件探しの5つの注意点

・得意または知見のあるジャンルにしぼる

・マニュアル完備の案件にしぼる

・文字数が多すぎる案件は避ける

・納期が短すぎる案件は避ける

・応募し続ける

案件の探し方はいくつかありますが、特におすすめはクラウドソーシングサイトです。

家事・育児のスキマ時間を有効活用できるのでママライターにはぴったりです。

無料で登録・利用できるので、ぜひ活用してください。

Webライターの仕事は簡単ではありませんが、未経験の方でも挑戦できて家族との時間を大切にしながら働ける素晴らしい仕事です。

*ある*

優良案件を獲得できれば毎月5万円までの距離が大きく縮まります!一緒に頑張りましょう✨

-Webライターの心得, 案件の獲得
-, , , , ,