案件の獲得

【稼げない⇒稼げるへ】Webライターの時給が低いって本当?現役ライターが分かりやすく解説

*ある*

こんな人におすすめ

・時給の高い副業を探している

・Webライターとしての収入がなかなか安定しない

・現役Webライターの稼ぐテクニックを知りたい

Webライターの*ある*です。

「Webライターは稼げない」「時給が低いからやめておけ」という意見を見かけることがあります。

人気の副業として注目されるようになった分、マイナスな声も目立つようになりました。

ネガティブな意見を見聞きすれば、誰もが不安になってしまうもの。

実は人によって稼げるのか稼げないのか意見が割れるのは、Webライターならではの働き方が関係しています。

*ある*

Webライターは運の要素が少なく、正しい努力をすれば稼げるようになる仕事です!

この記事がWebライターの見方を変えるきっかけになれば嬉しいです。

主にWebライターの仕事は『時給制の案件』と『1記事ごとに報酬が入る案件』に分類されます。

それぞれの特徴を理解している人としていない人とでは、同じ時間を使っても報酬に大きな開きが出てしまいます。

結論、Webライターの時給は選ぶ案件とWebライターのスキルによって大きく変わるため一概には言えません

「やっぱりWebライターは稼げなかった…」となるか「Webライターで稼げるようになってよかった」となるかはあなた次第です。

本記事では各案件の特徴だけでなく、毎月5万円を稼ぐための案件選びのコツも紹介していきます。

読み終わったときには、稼ぐライターになるために何をするべきかが分かるでしょう。

毎月5万円を稼ぐWebライターになるために、ぜひ参考にしてください。

【結論】時給制と文字単価制(記事単価制)の案件を掛け持ちする

毎月5万円を安定して稼ぐようになるには、まずは案件の特性を知る必要があります。

Webライターの案件は主に3種類あるので把握しておきましょう。

3種類の案件

時給制の案件   (例)時給1,200円/週30時間稼働 

文字単価制の案件 (例)文字単価1.2円/1文字

記事単価制の案件 (例)15,000円/1記事

結論、時給制の案件と文字単価制か記事単価制の案件を掛け持ちすることをおすすめします。

なぜなら異なる報酬制の案件を掛け持ちすることは、Webライターに起こりうるリスクを最小限に抑えられるからです。

例えば文字単価制や記事単価制の案件は、慣れない間は作業に時間がかかるので、時間単価が低くなってしまいます。

1記事5,000円を10時間かけて書いた場合…5,000÷10=時給500円

*ある*

誰でも最初は時給が低くなるものです。でも我慢できず挫折してしまう人は少なくないですね。

「だったらすべて時給制の案件にすれば良いのでは?」と思うかもしれません。

しかし時給制の案件だけにしぼると収入は大きく増えないため、今後稼げるようになるチャンスを潰してしまいます。

焦らずにまずは時給制の案件と文字単価制の案件を掛け持ちして、収入と経験のバランスを取りましょう。

*ある*

Webライターで稼げたという経験はつらいときのモチベーション維持になりますよ。

案件の探し方についてはこちらの記事で詳しく解説!

各案件についてもっと詳しく知りたい人に向けて、ここからはそれぞれの特徴とメリット・デメリットについて深掘り解説していきます。

【時給制】【文字単価制】【記事単価制】3種の案件の違い

案件の単価の種類は、主に『時給制』『文字単価制』『記事単価制』の3つに分けられます。

時給制の案件の特徴

・収入が安定しやすい

・仕事の幅が広がる

・拘束時間がある

文字単価制の案件の特徴

・文字単価次第で報酬が上がる

・案件の良し悪しの判断がしやすい

・慣れないうちは時給が低い

記事単価制の案件の特徴

・報酬の計算がしやすい

・速く書けるほど時給が高くなる

・単価交渉がしづらい

ここからはそれぞれの特性について詳しく解説していきます。

特性を知った上で案件選びができれば、毎月5万円を達成するまでの距離が大きく縮まるので、ぜひ熟読して覚えましょう。

時給制の案件の特徴

時給制の案件は、パートやアルバイトと同じように、働いた時間分だけ報酬が入る仕組みの案件です。

案件の例

・時給1,200円/週30時間稼働 

・時給1,500円/月60時間稼働

時給制の案件は、収入が予測しやすいのが特徴です。

あらかじめ稼働時間が決められていることが多く、どれだけスケジュールを空けておけば良いのかイメージもしやすくなります。

仕事の種類

・新規の記事執筆

・既存記事の修正(リライト)

・記事のリサーチ

時給制の案件内容は、記事をイチから仕上げたり、記事の一部分を対応したりと多岐にわたります。

ここからはもっと深掘りして時給制のメリット・デメリットについて解説していきます。

時給制の案件のメリット

メリット

・収入が安定する

・スケジュール管理がしやすい

・仕事の幅が広がる

時給制のメリットは、収入が安定することです。時間分の仕事をこなせば、きっちり報酬が入ります。

収入の計算だけでなく、稼働時間もはっきりしているため、逆算してスケジュール管理がしやすくなるのも大きなメリットです。

時給制の案件は仕事内容が幅広く、新規記事執筆の他にも部分的な作業を任されることがあります。

部分的な作業の例

・リサーチ

・Wordpressの入稿

・公開済みの記事を一部修正する作業(リライト)

例えば公開済みの記事を一部修正する作業(リライト)は、先輩ライターの作成した文章を見れる機会にもなるため、学びにも繋がります。

ただし文章を書くだけでなく※1WordPress(ワードプレス)や※2Googleスプレッドシートを使った作業もあるので、まったく知らないと仕事に支障が出てしまいます。

*ある*

使いこなせなくても最低限どのようなツールなのかは知っておくようにしましょう!

WordPress(ワードプレス)…プログラミング知識がなくても簡単にWebサイトがつくれるソフト

Googleスプレッドシート…Google社が提供する表計算ソフト(Excelと操作はほぼ同じ)

時給制の案件のデメリット

デメリット

・大きな収入は見込めない

・拘束時間がある

・報連相が多い

時給制の案件はどんなに早く作業ができても、どれだけ数をこなしても、予定より報酬が増えることはありません。

クライアント(仕事の発注者)に評価されても、すぐに金額に反映されにくいのが難点です。

*ある*

収入は安定する分、爆発力がないため、大きく稼ぐには向かないのも事実です。

「ゆくゆくはWebライターでたくさん稼げるようになりたい!」となるのであれば、時給制の案件がネックになります。

時給制の案件は拘束時間があるのも難点です。

例えば『〇〇時~〇〇時までは必ず作業する』『1日〇〇時間は必ず作業する』という稼働時間のルールを決めるクライアントもいます。

時給制の案件に応募する場合は、募集要項の稼働時間の欄も念入りに見ておくようにしましょう。

*ある*

稼働時間の縛りがある案件を選んでしまうと、Webライターのメリットである自由度が低くなるのがネックなんですよね…

他にも複数のライターと同時進行する分担作業が多いゆえに、クライアントとの報連相も多いです。

なかにはZoom(ズーム)やGoogleMeet(グーグルミート)などのオンライン会話ツールを使って、複数人とコミュニケーションを取らなくてはならない案件もあります。

対人コミュニケーションが苦手な人には苦痛に感じるかもしれません。

文字単価制の案件の特徴

文字単価制の案件は『文字単価×文字数』で報酬が計算される仕組みです。

案件の選び方次第で報酬が大きく変わるのが特徴です。

文字単価文字数報酬
0.5円3,000文字1,500円
1.0円3,000文字3,000円
1.5円3,000文字4,500円
2.0円3,000文字6,000円
文字単価制の報酬の計算

同じ文字数の仕事をしても、文字単価が変わることで報酬に大きな差が出てしまいます。

「だったら文字単価の高い案件だけ狙えば稼げるんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし高単価の案件を考えなしに選んでも稼げるとは限らないのが、文字単価制の難しいところです。

「Webライターが稼げない」「時給が低い」と言われる理由は、文字単価と作業時間が大きく関係しています。

文字単価文字数報酬作業にかかった時間時給換算
1.0円3,000文字3,000円3時間1,000円
1.5円3,000文字4,500円6時間750円
2.0円3,000文字6,000円8時間750円
文字単価制の報酬の時給計算表

表のように単価が高い案件も、作業に時間がかかると時給換算した際に低くなってしまいます。

文字単価制の案件で時間単価を上げるためには『高単価の案件の確保』と『作業スピードアップ』の両立が必須です。

*ある*

案件とスキル次第で成果が変わるのが文字単価制の難点であり魅力でもあります!

Webライターの案件は文字単価制が多くを占めているので、稼ぐためには特徴を把握することが必要です。

ここからは文字単価制の案件のメリットとデメリットについて深掘りして解説していきます。

文字単価制の案件のメリット

メリット

・自分次第で報酬が増える

・ジャンルが豊富にある

・案件の良し悪しの判断がしやすい

文字単価制の案件の最大の魅力は、選ぶ案件と自分のスキル次第で大きな報酬を目指せることです。

文字単価の良い案件を獲得し、数をこなせるようになれば時給2,000円以上も夢ではありません。

案件のジャンルも豊富に用意されているので、興味のある案件に挑戦しやすいのも大きなメリットです。

*ある*

私は美容系のジャンルにしぼって執筆しています!自分の好きなことに携われてやりがいを感じています。

その他にも案件選びには文字単価の高さが目安になります。

目安を知っておけば、悪条件の案件に引っかかる可能性も減らすことができます。

案件の良し悪しを決める基準が分かりやすいのも文字単価制の案件の長所です。

*ある*

まずは1文字1円以上の文字単価を目指しましょう!

案件探しの目安を知りたい人はこちらの記事で解説!

文字単価制の案件のデメリット

デメリット

・慣れない間は時給が低くなりがち

・悪条件の案件もある

文字単価制の案件は、慣れない間は誰がやっても時給は低くなりがちです。

同じ条件でも作業に時間がかかればかかるほど、時間単価は低くなってしまいます。

文字単価が1文字1円で3,000文字の記事を執筆すると報酬は3,000円

1記事あたり8時間かかった場合、時給375円

1記事あたり3時間かかった場合 時給1,000円

*ある*

案件探しだけでなくライティングスキルアップも両立するようにしましょう!

その他にも案件数が多いので、なかには明らかに文字単価の低い"地雷案件"が混じっていることがあります。

地雷案件の特徴

極端に低単価の案件

 (例)文字単価0.5円未満の案件 3記事1,000円の案件

初心者を狙う誘導案件

 (例)高額セミナー勧誘 有料サイトへの登録

急に条件を変えてくる案件

 (例)急な納期の短縮 業務の追加依頼

地雷案件を選んでしまうと、どんなに頑張っても稼ぐことはできません。

*ある*

毎月5万円以上を目指すなら、文字単価が0.5円未満の案件は絶対に避けましょう。

文字単価文字数報酬
0.1円3,000文字300円
0.3円3,000文字600円
0.5円3,000文字1,500円
1.0円3,000文字3,000円
文字単価制の報酬の計算
*ある*

いくら良い記事が書けたとしても、文字単価が低すぎるとまったく稼げません。

とはいえ文字単価が低いからといって無理やり文字を水増しするのはNGです。

不要な文章があることで、回りくどく読みづらい記事になってしまいます。

*ある*

無意味な水増しは文字を書くプロとして失格です。

クライアントにマイナスの印象を与えてしまうのでやめましょう!

文字単価制の案件で時給を上げるには『良い案件選び』と『ライティングスキル』の両立が必須ということを覚えておきましょう。

記事単価制の案件の特徴

記事単価制の案件は、1記事執筆するといくらもらえるのか、はっきり決まっているのが特徴です。

募集要項には『1記事5,000円』や『1記事10,000円/5,000文字』など表記されているものが該当します。

記事単価制の案件の時間単価は『記事料金÷作業時間』で割り出すことができます。

1記事10,000円÷8時間=時給1,250円

1記事5,000円  ÷5時間=時給1,000円

案件によっては1記事丸ごと任されることもあるため、幅広いライティングスキルが必要になります。

執筆作業に慣れてきた中級者向けの案件が多いです。

記事単価制の案件のメリット

メリット

・収入の予測が立てやすい

・速く書けるほど時給が高くなる

1記事〇〇円と報酬がはっきりしているため、目標達成までの予測が立てやすいのも長所です。

月間目標を5万円とする場合

・1記事1万円の記事を5件で達成

・1記事1万円の記事4件+1記事5,000円の記事2件で達成

*ある*

表記もシンプルなので計算しやすいのもメリットです!金額も大きいのでやる気も出ますね!

経験を積みスキルが身についてくると、記事を書くスピードが速くなります。

作業時間が短くなるほど、時間単価が上がるのもメリットの1つです。

・1記事10,000円の案件に15時間かかると…時給約667円

・1記事10,000円の案件に10時間かかると…時給1,000円

・1記事10,000円の案件に7時間かかると  …時給約1,430円

自身の頑張りや成長が数字に出るので、モチベーションアップにも繋がります。

記事単価制の案件のデメリット

デメリット

・単価交渉がしづらい

・案件良し悪しが判断しづらい

単価交渉できるのがWebライターの特権ですが、記事単価制の案件の場合「いくら増額交渉するべきか」判断が難しいです。

時間単価制や文字単価制の案件であれば、金額が小さいので交渉しやすいです。

時給制の場合…時給1,200円を1,300円に時給100円アップ交渉

文字単価制の場合…文字単価1文字1円を1文字1.2円に文字単価0.2円アップ交渉

記事単価の場合、交渉の判断に迷うのが難点です。

例えば1記事10,000円なら15,000円にアップするのは高すぎるか?10,500円だと安すぎるのか?と判断しづらいです。

他にも案件の良し悪しが分かりづらく「報酬額に惹かれて受けてみたが、作業負担が多く金額の割に合わなかった」ということもあります。

*ある*

1記事10,000円だけど装飾や画像検索など執筆以外の作業が多くて、時給換算したら300円だったということもあるんですよね…

時給制や文字単価制に比べて、金額が大きいため金額だけに目が行きがちですが、作業と金額が見合いそうか募集要項を読み判断材料にしましょう。

ここまで読んでくれたあなたにだけ、毎月5万円を達成するための実践的な案件の探し方を順番に解説していきます。

毎月5万円を継続する案件の探し方

毎月5万円を達成するには、がむしゃらに頑張るだけでは難しいです。

やり方に迷ったら時給制の案件と文字単価制もしくは記事単価制の案件を両方確保することをおすすめします。

イメージは時給制3:文字単価(記事単価)7の割合で案件を確保することです。

*ある*

文字単価制の案件を中心に時間を使い、余った時間を時給制の案件でカバーするとバランスが良くなりますよ。

毎月5万円の報酬を継続する案件の探し方のポイントは主に3つです。

案件探し3つのポイント

・逆算して案件を探す

・継続案件を1~2社確保する

・"常に"案件を探し続ける

*ある*

案件探しに迷ったときの参考にしてくださいね!

ここからは案件探しの3つのポイントについて詳しく解説していきます。

ポイント①|逆算して案件を探す

Webライターとして使える時間は一人ひとり異なります。

自分が立てた目標に対し、どんな案件なら達成できるか逆算してから案件を探しましょう。

モデル例

【現状】

・使える時間は1日2〜3時間くらい

・毎日時間はつくれる

・家事育児に追われ、まとまった時間は取れない

【狙うべき案件】

・文字単価が1円以上の案件

・記事単価10,000円以上の案件

*ある*

数をこなすのが難しそうだと判断したら、1件あたりの単価が高い案件だけを狙うのもアリです!

最初は計画通りにいかなくても全然問題ありません。計画を立てることそのものが重要です。

各案件の選ぶ目安は以下の表を参考にしてください。

案件獲得の目安

時給制

 初心者 1,000円~1,500円

 中級者 1,500円~2,000円 

文字単価制

 初心者 1文字1円以上     

 中級者 1文字1.2~2.0円

記事単価制

 初心者 1文字あたり1円以上

 (計算例)1記事5,000円/5,000文字

 中級者 1文字あたり1.5円~2.0円

 (計算例)1記事10,000円/5,000文字

ポイント②|継続案件を1~2社確保する

案件の契約期間も、1回限りの"単発案件"と長期契約の"継続案件"の2パターンあります。

できれば継続案件を1件〜2件は確保しておくと、毎月5万円を実現しやすくなります。

まずは継続案件を積極的に狙いましょう。

継続案件を狙う理由

・収入が0になることを防げるから

・案件探しやテストライティングなどの手間が減るから

・ステップアップに繋がるから

継続案件を続けていけば、クライアントに単価アップの交渉もしやすくなります。

それだけでなく他の案件を紹介してもらえることにも繋がるのでおすすめです。

ポイント③|"常に"案件を探し続ける

継続案件を獲得しても、常に案件を探し続けることをおすすめします。

なぜなら継続案件を受注したからといって、ずっと同じ状況が続くとは限らないからです。

ポジティブな理由

◆収入をアップしたい

◆活動の幅を広げたい

・別ジャンル記事の挑戦

・ディレクターやWebマーケターに転身

ネガティブな理由

◆急に案件がストップした

◆依頼される記事数が減った

◆仕事内容が合わない

◆クライアントと性格が合わない

私は継続案件のみを受注すると決めて活動しています。

しかし継続案件でも急に案件がストップしたり、依頼される記事数が極端に減ったりすることがあり、収入が半分以上減った苦い経験をしたこともあります。

*ある*

幸いにも常に案件を探していたことで、収入が落ちたあともすぐに立て直すことができました。

継続案件をこなしながら案件探しをするのは正直大変です。

ですが少しずつでも案件探しをしておくことで、収入減のリスクを減らしつつ、レベルアップにも繋げることができます。

毎日5~10分で良いので案件探しの時間を割くように心がけましょう。

案件探しのポイント

・今よりも少しレベルの高い案件を探す

・興味のある案件をマークしておく

・新しい案件を獲得してから入れ替える

*ある*

もしかしたら今あなたにぴったりの案件が眠っているかもしれません。さっそく今から行動に移しましょう!

案件の探し方についてはこちらの記事で解説!

稼ぐためにライティングスキルを磨く

好条件の案件を獲得するために『記事のクオリティを上げる』ことと『速く書く』ことの両立を目指しましょう。

実績は経験することで自然と積み重ねられますが、ライティングスキルは意識をしなければ一生育ちません。

稼ぐためにはとにかくライティングスキルを磨くことが必須です。

ライティングスキルを磨くメリット

・提出した記事の修正が減り、作業時間も短く済む

・記事の本数が増えるので稼げる額が増える

・クライアントの評価が上がり単価アップに繋がる

毎月5万円に届かないライターは十中八九、ライティングスキル不足が原因です。

Webライターの仕事はスタートでつまずいてしまうと、稼ぎ方や成功体験を積めずに挫折してしまうことが多いです。

今から始めようとしている人は、最低限のスキルを身につけてから臨みましょう。

すでに活動していてなかなか5万円まで届かない人も、自身のスキルの見直しを必ずしましょう。

*ある*

今からでも間に合います!しっかり学びましょう!

Webライティングのスキルアップについてはこちらの記事で解説しています

まとめ

本記事ではWebライターの時給は低いのか?そして稼げない人が稼げるようになるためにするべきことを解説しました。

結論、Webライターの時給は選ぶ案件とWebライターのスキルによって大きく変わるため一概には言えません。

失敗しないための案件選びをするためには案件の種類を把握しておきましょう。

3種類の案件

時給制の案件   (例)時給1,200円/週30時間稼働 

文字単価制の案件 (例)文字単価1.2円/1文字

記事単価制の案件 (例)15,000円/1記事

各案件にはそれぞれ相性があります。自分のライフスタイルやスキルに合わせて案件探しをしましょう。

案件探しの3つのポイント

・逆算して案件を探す

・継続案件を1~2社確保する

・"常に"案件を探し続ける

好条件の案件を獲得し、継続していくにはライティングスキルを磨くのは必須です。

ライティングスキルを磨くメリット

・提出した記事の修正が減り、作業時間も短く済む

・記事の本数が増えるので稼げる額が増える

・クライアントの評価が上がり単価アップに繋がる

ライティングスキルを磨くには独学かライティングスクールで学ぶか2種類の方法があります。

まずは独学でスキルを身につけたい人は当サイトのママライターどっとこむがおすすめです。

スキルアップについてこちらの記事で解説しています

もしレッスンで身につけたい人にはライティングスクールで学ぶのも良いでしょう。

おすすめのライティングスクールも紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

ライティングスクールについて詳しくはこちらの記事で解説!

*ある*

本記事があなたのお役に立てば幸いです!一緒にWebライターとして稼げるようになりましょう✨

-案件の獲得
-,