ママ向け記事

【0円から始める損害賠償補償】高コスパ"FREENANCE"を現役ライターが徹底解説

*ある*

本記事には広告が含まれることがあります

こんな人におすすめ

・Webライターの仕事で気をつけることを知りたい

・Webライターに合う損害賠償補償を教えてほしい

・FREENANCE(フリーナンス)のメリットと注意点を知りたい

Webライターの*ある*です。

あなたはWebライターが起こしてしまう損害賠償について、どれだけ知っているでしょうか。

知っているようで意外と答えられない人が多い、例え長年続けているベテランライターでも不注意で損害賠償を引き起こしてしまうことがあります。

だからと言ってWebライターを諦めるのではなく、もしものために準備しておけばトラブルに巻き込まれることは少ないでしょう。

*ある*

あなたは損害賠償補償に加入していますか?

副業・本業問わず全Webライターが補償に加入しておくべきだと私は思っています!

本記事では、Webライターを守るサービスの1つ”【FREENANCE】(フリーナンス)"を紹介します。

FREENANCEは"口座開設"と"損害賠償補償"がセットになっているサービスです。

これからWebライターを始めようとしている人、すでに始めているが損害補償に加入していない人におすすめの補償です。

結論:WebライターはFREENANCEの"レギュラープラン"一択!

ペンネームで口座開設できる

口座開設・維持費・振込手数料すべて無料

月490円(税込)で幅広い補償が付いてくる

月490円は年払いを選択したときの金額。月払いの場合は590円(税込)

レギュラープランの"フリーナンスあんしん補償"は『情報漏洩』『著作権侵害』『納品の瑕疵(かし)』『納品遅れ』の4大トラブルを補償してくれます。

*ある*

毎月のコーヒー1杯分の料金で申し込めるので、損害補償の準備をしていない人は備えておくことをおすすめします!

\まずは30日間無料でおためし登録!/

FREENANCEの無料口座開設はこちら

知っておくべきWebライターの4大トラブル

Webライターが起こす可能性のある4大トラブルは以下の通りです。

Webライターの4大トラブル

・情報漏洩

・著作権侵害

・納品の瑕疵(かし)

・納品遅れ

ミスしてしまった際にクライアント(仕事の発注者)への謝罪で済めば良いのですが、時には治まらず賠償金を請求されてしまうことがあります。

クライアントの信用とお金を同時に失うことになり、最悪の場合立ち直れなくなるかもしれません。

大きな損害を未然に防ぐために、トラブルの原因と対処方法について解説していきます。

トラブル①|情報漏洩

情報漏洩とは、Webライター側の不注意で情報を外部に漏らしてしまうトラブルです。

Webライターは主にインターネット上でクライアントとやり取りをします。クライアントから預かった情報を外部に流出しないよう管理しなくてはなりません。

例え故意でなくても営業損失を出してしまうと賠償責任を負うことがあります。

情報漏洩の例

・コンピュータウィルスに感染しファイルの情報を抜き取られた

・別のクライアントに作業用のデータを誤送信してしまった

・SNSで社外秘の情報を発信した

情報漏洩は起こした本人が気づかないことがあります。

普段の心がけで未然に防げることが多いため、普段から対策しておきましょう。

対策

・パソコンにセキュリティソフトを導入しウィルス対策をする

・混同しないようにクライアントごとにファイル分けをしておく

・送信前に発信内容と宛先を確認する

トラブル②|著作権侵害

著作権侵害とは、私的使用の範囲を超えて第三者の作成物を許可をとらず無断でコピーし利用することです。

ライターの場合は執筆した記事の中身が当てはまります。

著作権侵害の例

・第三者の文章をコピペして納品した

・第三者の画像を無断でコピーし記事に貼り付けた

インターネット上の記事は、常に不特定多数の人が閲覧しています。

もし納品した記事が第三者から盗用として著作権侵害で訴えられると、賠償責任を負うことがあります。

著作権侵害はWebライターの意識次第で未然に防げるトラブルです。

対策

・リサーチと執筆を同時にしない

・画像を無断使用をしない

・文章や画像を引用する場合は、引用また出典と記載しリンク付けをする

・コピペチェックツールで確認してから納品する

時には意図せず第三者と文章が酷似することがあるかもしれません。

著作権侵害はクライアントに多大な迷惑をかけることにもなります。

常にコピペチェックツールで確認してから納品するクセづけをしましょう。

トラブル③|納品の瑕疵(かし)

納品の瑕疵(かし)とは、Webライターが原因で欠陥のある記事を納品することです。

例えば誤字脱字の多い記事や求められたテーマから逸れた内容の記事が当てはまります。

基本的には内容の修正で済む傾向にありますが、時にはクライアントに損害が出ることで、賠償金を請求されることもあります。

納品の瑕疵の例

・誤った法律を本文に記載したことでクライアントに損害が出た

・古い情報を誤って載せたことでクライアントに損害が出た

納品の瑕疵のトラブルは、仕事を抱えすぎてキャパオーバーになったり、時間管理ができず見落としが増えることで起きる可能性があります。

トラブルを未然に防ぐには、時間に余裕を持つことが大切です。

対策

・余裕を持ってスケジュールを組む

・記事に取りかかる前に事前リサーチを怠らない

・公式サイトや国が運営するサイトから引用する

・納品する前に記事を見直す

トラブル④|納品遅れ

納品遅れとは、指定された納品日を超えることにより、クライアントに損害を与えてしまうトラブルです。

納品遅れの例

・ケガや病気にかかってしまい記事を納品できなかった

・他の作業と同時進行していたら間に合わず納品に遅れてしまった

・納期に間に合わないと思い諦めて執筆を放棄した

Webライターは執筆のプロとして絶対に納期遅れをしてはいけません。

しかし事情がありやむを得ない場合は、なるべく早くクライアントに報告し指示に従いましょう。

間に合いそうにないからといって、放棄して"飛ぶ"ことは絶対にやめましょう。

故意でなくても、時にはWebライター側が損害賠償請求をされてしまうことがあります。

自分の身を守る保険として、損害賠償補償には加入しておきましょう。

もしまだ加入していないのであれば、GMOクリエイターズネットワークが運営する"【FREENANCE】"がおすすめです。

FREENANCEの無料口座開設はこちら

*ある*

FREENANCEはWebライターを守る損害賠償補償と専用口座をセットで利用できますよ!

ここからはFREENANCEについて詳しく解説していきます。

FREENANCEの3つの特徴

FREENANCEはGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス向けの金融支援サービスです。

*ある*

日本最大クラスのインターネット会社であるGMOグループ会社の1つです。大手という安心感が強いですね!

設立会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
設立日2002年4月
会社所在地〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー (本社) 
資本金10,000万円(2021年12月末時点)
代表取締役社長五十島 啓人
出典:【FREENANCE】

FREENANCEの3つの特徴

・Webライター専用口座を無料で開設できる

・口座開設すると損害賠償補償に加入できる

・即日払い(ファクタリング)が受けられる

FREENANCE専用口座を開設すると、無料で損害賠償補償に加入することができます。

気になる人はまずは無料登録をしましょう。

FREENANCEの無料口座開設はこちら

さらに詳しく知りたいあなたに向けて、FREENANCEの特徴を深掘りして解説します。

特徴①|Webライター専用口座を開設できる

出典:【FREENANCE】

FREENANCEでは無料でWebライター専用口座である"フリーナンス口座"を開設することができます。

活用するとWebライターはクライアントに自分の口座番号を教えなくても報酬を受け取れるようになります。

フリーナンス口座のメリット

・無料で口座開設、引き出し手数料無料

・ペンネームで口座開設ができる

・Webライターの信用の証になる

ただしフリーナンス口座は収納代行用の口座なので通帳に記帳したり、預金するためには使えません。

*ある*

口座機能を不要だと思うなら、無理に使わなくても問題ないですよ!

メリット(1)|無料で口座開設・引き出し手数料無料

FREENANCEは3つの"無料"が特徴の金融サービスです。

無料で口座開設できる

・維持手数料無料

・Webライターのメインバンクへの振込手数料も無料

*ある*

無料でこれだけのサービスが付いているのはとても心強いですね!

ただし他行の場合は毎週金曜日と月末月初の営業日、毎月15日の営業日(振込手数料当社負担)になります。

メインバンクがGMOあおぞらネット銀行の場合は平日毎日可能です。

メリット(2)|ペンネームで口座開設ができる

大手銀行やネット銀行の場合は本名でなければ口座開設できません。

しかしFREENANCEであればペンネームや屋号で作成することができます。

ペンネームや屋号で口座開設するには個人事業主開業届のコピーの提出が必須

口座開設のメリット

・仕事を受注する際に本名を知られたくない場合

・メインバンクの口座番号を知られたくない場合

メリット(3)|Webライターの信用の証になる

出典:【FREENANCE】

フリーナンス口座を仲介することで、GMOクリエイターズが信用を証明してくれるのも大きなメリットです。

内容

・反社会的勢力データベースに掲載されていないことを証明できる

・損害賠償補償に加入していることをアピールできる

クライアント側は安心して仕事を任せられるWebライターを探しています。

*ある*

実績の少ない間の初心者のアピールポイントになりますよ!

特徴②|口座開設すると損害賠償補償に加入できる

出典:【FREENANCE】

フリーナンス口座を開設すると”あんしん補償"という名前の損害賠償補償が自動で付きます。

あんしん補償は偶然起こしてしまった損害から身を守ってくれるサービスです。

あんしん補償の特徴

・損害賠償プランは2つある

・オプションで収入サポート補償に加入できる

*ある*

Webライターの4大トラブルに対応しているのは後述する有料の" レギュラープラン"のみです。

損害賠償プランは2つある

出典:【FREENANCE】

損害賠償のプランは月額費無料の『あんしん補償Basic』と月額490円(税込)~利用できる『あんしん補償』の2種類があります。

2つのプランの大きな違いは補償の範囲です。

補償プラン名あんしん補償Basicあんしん補償
月額費無料※月額490円~
補償内容業務遂行中の事故
仕事の結果の事故
受託物の事故
業務遂行中の事故
仕事の結果の事故
受託物の事故
情報漏洩
著作権侵害
納品物の瑕疵
納期遅延
その他フリーナンス口座の利用が一定期間ないと休止扱いになる※レギュラープランの場合
年間払いの場合は月額490円
月払いの場合は月額590円
出典:【FREENANCE】

あんしん補償であれば、4大トラブルの情報漏洩、著作権侵害、納品の瑕疵(かし)、納品遅れのすべて補償範囲となっています。

*ある*

4大トラブルにBasicプランは対応していないので間違えないようにしましょう!

あんしん補償に加入できるプランはレギュラープランとプレミアムプランの2通りありますが、損害賠償の補償内容は同じです。

出典:【FREENANCE】
*ある*

損害賠償補償のみを求めるなら、レギュラープランで充分ですよ!

\月額490円~ Webライターを守る損害補償/

あんしん補償はこちら

オプションで収入サポート補償に加入できる

出典:【FREENANCE】

FREENANCEなら任意で”あんしん補償プラス"という所得補償に追加で加入できます。

例えばケガや病気によりWebライターとして働けなくなったときに、所得をカバーする補償を受けられるサービスです。

補償の特徴

◎加入してから最長1年間補償される

◎仕事以外のトラブルでも適用される

◎天災(地震や津波など)のケガも対象

出典:FREENANCE あんしん補償プラス概要

FREENANCEに登録している人と団体加入になるので、個人加入に比べて保険料を抑えることができるのもメリットです。

まだ所得補償に加入していない本業ライター、加入しているが改めて補償を見直したい人には検討の余地があるでしょう。

*ある*

私個人としては副業ライターであれば、あんしん補償プラスは加入しなくて良いと思っています!

③即日払い(ファクタリングサービス)

出典:【FREENANCE】

フリーナンス口座には即日払い(ファクタリングサービス)が付帯しています。

即日払いとは、クライアントから受け取る報酬に時間がかかる場合、FREENANCEが報酬分を先払いしてくれるサービスです。

出典:【FREENANCE】

FREENANCEがクライアントの請求書を買い取り、手数料を引いた分をフリーナンス口座に振り込みます。

即日払いのメリットがある人

・経費の負担が多い人

・支払いが遅いクライアントと契約している人

ここからはFREENANCEの即日払いの特徴を簡潔に解説していきます。

長所だけでなく短所も含めて説明するのでぜひ参考にしてください。

特徴①|最短30分で審査

即日払いの申請をすると最短30分で審査してくれるので緊急時に役立ちます。

フリーナンス口座を活用すれば、クライアントに知られることなく即日払いを利用できるのは大きなメリットです。

ただし審査が必ず通るとは限りません。審査はWebライター本人だけでなくクライアント側もチェックします。

場合によっては審査が通らず即日払いを利用できない場合もあります。

特徴②|即日払いの手数料は3~10%

即日払いには支払手数料がかかります。

FREENANCE独自の"与信スコア"で手数料が決められ、3~10%の間で手数料が引かれます。

手数料分を考慮すると、クライアントから本来受け取る額より少なくなることを理解しておきましょう。

即日払いはあくまで任意のサービスなので、無理に利用する必要はありません。

*ある*

私個人としては経費がほぼかからない在宅中心のライターや副業ライターであれば、即日払いを使う必要はないと思います。

FREENANCEの補償の仕組み

本記事の内容を読むと「FREENANCEは良いところばかりで怪しい」と思うかもしれません。実際にコスパが高いのは間違いないでしょう。

ではなぜFREENANCEが手厚い補償やサービスを利用できるのでしょうか。

その理由はFREENANCE会員の"即日払いの手数料"と"会員費用"で成り立っているからです。

出典:【FREENANCE】

*ある*

公式ページでも明言されています。FREENANCEのサービスへの自信が伝わりますね!

銀行や保険会社と異なり実店舗はないので、家賃や光熱費、人件費などの費用を抑えた企業努力も理由の1つでしょう。

FREENANCEはとても素晴らしいサービスですが、知っておかなければならない注意点があります。

Webライターが押さえておくべきFREENANCEの注意点について紹介していきます。

FREENANCEの注意点

FREENANCEを利用するときの注意点は主に3つあります。

FREENANCEの注意点

・個人のクライアントには"口座機能"と"即日払い"は使えない

・無料プランは一定の利用がないと補償が停止する

・無料プランでは補償範囲が足りない

意外と見落としがちなところなので、しっかりと読み込んでおきましょう。

注意点①|個人のクライアントには"口座機能"と"即日払い"が使えない

出典:【FREENANCE】

前述したフリーナンス口座で報酬を受け取ったり、即日払いを利用するには『クライアントが法人であること』が必須条件です。

法人しか使用できない理由はマネーロンダリングなどの不正行為を防止するためです。

残念ですが、個人事業主(フリーランス)のクライアントとはフリーナンス口座への報酬の支払い、即日払いはできないので注意しましょう。

*ある*

口座機能は使えなくても損害賠償補償は適用されるので安心してください!

注意点②|無料プランは一定の利用がないと補償が停止する

出典:【FREENANCE】

フリーナンス口座をフリープラン(無料プラン)で開設すると『あんしん補償Basic』に自動で加入できます。

しかし一定期間(明確な期限なし)口座を利用しないと、休止扱いになり補償が適用されなくなります。

「いざ損害補償を申請しようとしたら、休止中扱いで適用されなかった…」という事例も見かけます。

会員費を支払うレギュラープラン、プレミアムプランなら口座利用をしなくても休止になることはありません。

*ある*

レギュラープランなら月額490円~利用できるのでおすすめですよ。

注意点③|無料プランでは補償範囲が足りない

出典:【FREENANCE】

フリープラン(無料プラン)で自動加入する『あんしん補償Basic』はWebライターが遭遇する4大トラブルの対象外です。

※情報漏洩、著作権侵害、納品の瑕疵、納品遅れ

例えば『あんしん補償Basic』では情報漏洩で損害が出た場合、補償を受けることはできません。

フリープランで登録したままだと、4大トラブルに遭ったときは賠償金を実費で支払うことになるので注意が必要です。

4大トラブルに対応しているのは『あんしん補償』のみなので、間違えないように気をつけましょう。

*ある*

注意点さえ理解しておけば、FREENANCEはWebライターの心強い味方になります!

WebライターのFREENANCE活用術

FREENANCE会員になれば、損害賠償補償に加入していること、反社会的勢力でないことを第三者が証明してくれます。

活かさない手はないので、FREENANCEに加入していることをプロフィール欄や応募文に記載して積極的にクライアントにアピールしましょう。

契約書を交わす際にも、損害賠償補償に加入していれば、質問しづらい内容も積極的に聞くことができます。

・損害賠償の対象は?

・賠償金額の上限額は?

実績の少ない初心者ライターは、強みとなるものはすべて活用しましょう。

【まとめ】Webライターには『フリーナンスあんしん補償』のレギュラープラン一択

トラブルに巻き込まれないのが一番ですが、もしものトラブルに遭ってしまったときのために損害賠償補償には加入しておきましょう。

Webライターには『フリーナンスあんしん補償』のレギュラープランをおすすめします。

出典:【FREENANCE】

レギュラープランをおすすめする理由

月額490円(税込)で4大トラブルに対応した"あんしん補償"に入れる

・フリーナンス口座を使わなくても損害賠償サービスが休止にならない

※年払いを月額計算したときの金額 月払いの場合は590円(税込)

月々のコーヒー1杯分の料金で4大トラブル(情報漏洩・著作権侵害・納品の瑕疵・納品遅れ)に対応した補償に入ることができます。

無料のフリープランと異なり、フリーナンス口座を利用しない場合でも損害賠償補償サービスが休止することはないので安心です。

さらにFREENANCEの会費は全額経費として確定申告することができます。

フリーナンスの会費は、事業を行ううえで事業に関連して発生した費用と考えられます。よって、全額必要経費として計上することができます。

出典:FREENANCE MAG

*ある*

フリーナンスは自信をもっておすすめできる優良サービスです。まだ損害賠償補償に加入していない人はさっそく申し込みましょう!

『あんしん補償』の適用開始日は、FREENANCEに登録した翌月15日以降になります。

すぐには適用されないので、もしものために早めの会員登録がおすすめです。

会員登録完了の翌月15日以後の事故・業務過誤が対象

出典:【FREENANCE】

なんと現在30日間無料でお試しできるチャンスなので、まずはFREENANCEに登録してみましょう。

\全Webライターにおすすめ!もしものために/

FREENANCEの無料口座開設はこちら

FREENANCEの申し込み方法

FREENANCEに申し込むために以下のものを準備しておきましょう。

事前に準備しておけば会員登録と口座開設申し込みはわずか3~5分で終わります。

準備するもの

公的身分証明書 (運転免許証・運転経歴証明書・マイナンバーカード・住民基本台帳カードのうちどれか1つ)

個人事業主開業届 (ペンネームや屋号で口座開設希望の人のみ)

【FREENANCE】の申し込みの手順は以下の通りです。

実際の申し込み画面

申し込みの流れ

【FREENANCE】の公式ページから"無料で登録"をクリックする

②申し込みたい会員プランをクリックする

③メールアドレスを入力し送信する(スマホとパソコンのどちらでも使えるフリーアドレスがおすすめ)

④FREENANCEから送られてきたメールのURLから会員登録する

⑤必要項目をすべて入力して送信する

⑥FREENANCEから開設完了のメールが届けば登録完了

\全Webライターにおすすめ!今なら30日間無料/

FREENANCEの無料口座開設はこちら

*ある*

本記事がお役に立てば幸いです!お互いにトラブルに負けないWebライターを目指しましょうね✨

-ママ向け記事
-, ,