ママ向け記事 案件の獲得

【Webライターがクラウドワークスで毎月5万円を稼ぐ方法】現役ママライターが徹底解説

*ある*

こんな人におすすめ

・Webライティングの良い案件の探し方を知りたい

・インターネットの仕事で騙されないか不安

・Webライターをしていて身元がバレないか心配

Webライターの*ある*です。

初心者ライターが最初につまずきやすいのは案件探しです。

「どうやって探せばいいの?」「騙されないためには何に気をつければいいの?」とインターネットでの仕事探しは不安でいっぱいになるもの。

不安になったらクラウドソーシングサイトで案件を探すのがおすすめです。

クラウドソーシングサイトとは、Webライターとクライアント(仕事の発注者)をインターネット上で仲介してくれるWebサービスのことです。企業から個人事業主まで繋がることができます。

*ある*

Webライターとして案件を探すならクラウドソーシングサイトを活用しましょう!中でもクラウドワークスがおすすめです!

クラウドソーシングサイトの1つであるクラウドワークスについて解説していきます。

この記事を読むメリット

・クラウドワークスのメリット・デメリットが分かる

・毎月5万円を稼ぐための案件探しのポイントが掴める

・応募してはいけない地雷案件の特徴が分かる

本記事では案件の探し方だけでなく、今からWebライターとして活動できるようになる手順についても解説していきます。

分かりやすく解説していくのでぜひ最後まで読んでください。

クラウドワークスの5つの特徴 

クラウドワークス(CrowdWorks)とは、株式会社クラウドワークスが運営するクラウドソーシングサイトです。

日本国内最大クラスの規模で大手企業から個人事業主など案件数も豊富です。

出典:クラウドワークス

5つの特徴

・登録料と年会費無料

・身元がバレることはない

・仲介してくれる

・仮払い制度がある

・プロクラウドワーカー制度がある

クラウドワークスの5つの特徴について1つずつ順番に解説していきます。

特徴①|登録料と年会費無料

Webライターとしてクラウドワークスを利用するためには登録が必要になりますが、登録料と年会費は一切かからない仕組みになっています。

登録料と年会費が無料なのか、理由はWebライターが得た報酬から手数料が引かれるためです。

クラウドワークスは報酬から差し引かれる仲介料で運営しているため、登録料と年会費を支払わなくても成り立つのです。

*ある*

なぜ無料で利用できるのか仕組みさえ分かっていれば怖くないですね!

特徴②|身元がバレることはない

Webライターとして働くのに不安になるものは身元がバレないかどうか。

・副業をしていることを内緒にしたい

・夫に働いていることを知られたくない

・個人情報をさらしたくない

クラウドワークスに登録することで身元がバレることはほぼありません。

Webライターとしてペンネームで仕事もできますし、顔写真もいりません。プロフィール欄に住所や電話番号を書くこともないので安心して仕事ができます。

*ある*

私も今まで本名や個人情報のやりとりなしで案件を獲得してきました。

特徴③|仲介してくれる

Webライティングの案件を獲得するには、本来であれば自分でテレアポや直接企業に営業をしなくてはなりません。

名もない個人であれば話を聞いてもらえずに門前払いを受けてしまうことも当然あります。

しかしクラウドワークスが仲介してくれるため、本来であれば出会うことのない企業や個人事業主と出会えるチャンスがもらえます。

*ある*

電話をかけなくても専用のチャットツールでやり取りできるので、コミュニケーションが得意じゃない方にもおすすめです!

専用のチャットツール内でのやりとりは、不正がないかクラウドワークスが管理してくれているので個人でやり取りするよりも安心感があります。

特徴④|仮払い制度がある

Webライターにとってありがたい仮払い制度がクラウドワークスには採用されています。

仮払い制度とは、クライアント側はまずクラウドワークスに報酬を収め、無事に記事の納品が終われば、収められた報酬がWebライター側に入る仕組みのことです。

直接契約の場合、案件を納品したのに報酬の未払いトラブルが起きることがありますが、仮払い制度があれば、スムーズに支払いが終わるので安心です。

クラウドワークスが仲介に入ることにより報酬の未払いを防いでくれるので、安心して仕事に取り組めます。

特徴⑤|プロクラウドワーカー制度がある

出典:クラウドワークス

クラウドワークスには"プロクラウドワーカー"という認定制度があります。条件は簡単ではありませんが、頑張れば頑張るほど報酬アップや高単価の案件を紹介してもらえる仕組みになっています。

*ある*

実力が試されるので自分の力を試したい人にはピッタリの仕事です。

企業で勤めると上司から振り分けられた仕事を部分的にこなしていきます。

・スーパーマーケットでの勤務⇒レジ打ちや品出し、接客

・企業の営業職⇒提案し送客する

Webライターはクライアントとのやりとりを受注から納品まですべて自分でこなすため、『自分の力だけで報酬を得る』というやりがいを感じられます。

*ある*

私は受注から納品まですべて自分でやりとげた経験を得たことで、自信を持てるようになりました!人生の価値観が変わったと言っても過言ではありません!

クラウドワークスはママライターにおすすめ

家事・育児を兼任するママライターにクラウドワークスをおすすめする理由は主に3つあります。

3つの理由

・時間とお金を節約できる

・選べるジャンルが豊富

・スマホ専用のアプリがある

おすすめする理由について1つずつ順番に解説していきます。

理由①|時間とお金を節約できる

家事・育児をしながらの仕事探しはとても大変で時間も労力がかかります。

本来であれば直接お店に出向いて面接しなくてならないことも、クラウドワークスなら仕事探しも自宅ですべて完結できます。

メリット

・移動する時間がかからない

・交通費がかからない

・着替えやメイクをする必要がない

相手の営業時間に合わせて面接することもないので、イレギュラーの多い子育てをしながらでも仕事を探せるのは大きなメリットになります。

理由②|選べるジャンルが豊富

クラウドワークスは案件数が豊富なので多彩なジャンルが募集されています。

案件の数が多ければ多いほど自分の得意なジャンルに巡りあえるチャンスが広がります。

・子育て

・美容系

・ファッション

・金融

・食品

・家電

・旅行

*ある*

自分の得意ジャンルが分からなければ、今興味のあるものから探してみましょう!

理由③|スマホ専用のアプリがある

家事・育児をしていると思わぬトラブルで仕事を中断することは必ずあります。

しかし再開するたびにパソコンを開くのはとても面倒。クラウドワークスにはスマホ専用のアプリがあり、スキマ時間で確認できます。

・家事の合間

・お子さんが寝たあと

・お出かけ中の待ち時間

スマホアプリで案件探しができるだけでなく、クライアントとのやり取りも専用のチャットツールで行えます。手軽に確認することができるので忙しいママライターにはぴったりです。

地雷案件に注意

クラウドワークスに登録さえすれば絶対安心ではなく、無数にある案件の中には応募してはいけない"地雷案件"というものがあるので注意しましょう。

地雷案件の特徴

・極端に低単価の案件

・初心者歓迎をアピールする高単価の案件

・追加報酬のない急な条件変更をしてくる案件

初心者ライターを狙う悪質なクライアントもいるので、騙されないように見極める目を養いましょう。

*ある*

地雷案件かどうかは初心者には判断するのが難しいです。気をつけるポイントを熟読して覚えてくださいね!

特徴①|極端に低単価の案件

初心者ライターにはWebライティングの報酬の相場が分からず、文字単価が高いのか安いのかの判断が難しいです。

当サイトでは文字単価が1文字あたり0.5円未満の案件は低単価に該当します。

ライターの報酬は『文字単価×文字数』になることが多いです。

文字単価文字数報酬
0.1円5,000文字500円
0.3円5,000文字1,500円
0.5円5,000文字2,500円
1円5,000文字5,000円
報酬の簡易計算表

5,000文字を書いても報酬が1記事500円にしかならない文字単価が0.1円の案件もあります。文字単価の相場が分からない初心者に低単価でできるだけ安く済ませようとするクライアントがいるので要注意です。

初心者ライターはまず1円/1文字以上の案件の獲得を目指しましょう。

*ある*

最初は1,000文字の文章を書くだけでも大変です!

単価が低くても文字数で稼げばいいと安易に考えると、大変さに挫折してしまうことがあります。

特徴②|初心者歓迎をアピールする高単価の案件

低単価の案件を避け高単価の案件を見つけたからといってまだ安心はできません。

高単価の『未経験者・初心者ライター歓迎』をアピールする案件にも注意しましょう。悪質なクライアントが何も知らないライターをカモにしている可能性があります。

悪質なクライアントの目的は、高額セミナーへの勧誘や有料サイトの登録などの誘導です。

事例①

初心者・未経験者を優遇、歓迎する文言

自分がクライアント側なら報酬を支払っている以上は高品質の記事を書いてほしいもの。なのになぜあえて初心者に依頼するのか?疑問に思うようにしましょう。

特に『初心者ライターをイチから教えます』のような文言と『文字単価が2円/1文字以上の高単価の案件』の条件が重なっている場合は要注意。カモにされているかもしれません。

【対策】

クライアントの評価、プロフィール欄を確認する

クラウドワークスのメリットは受注者側もクライアントの評価ができる仕組みになっていることです。

クライアント選定の物差しになるので、評価が低い場合もしくはまったく評価されていない場合は避けると良いでしょう。

プロフィールも判断する材料になります。ほとんど何も書いてない情報の薄いプロフィール欄のクライアントも要注意です。

事例②

すぐにダイレクトメッセージでやりとりしようとする

サイト内のメッセージのやり取りはクラウドワークスが監視してくれていますが、LINEやChatworkのような個別のメッセージのやり取りまでは目が届きません。

監視の目をくぐり不正しようとしてくるクライアントは、コンタクトを取ってからすぐにダイレクトメッセージでやり取りしようとするので注意しましょう。

【対策】

『サービス外連絡申請』をしているか確認する

クラウドワークスではサイト内の専用連絡ツールのみでやりとりするルールになっていますが、申請をすることでLINEやChatworkなどで連絡ができます。

必ず事前に申請をしているかクライアントに確認しましょう。

*ある*

実体験ですが、サービス外連絡申請をしているか確認した途端に急に連絡が途絶えたクライアントもいました!

確認のために聞いてみることをおすすめします!

サービス外連絡申請とは…クラウドワークス専用の連絡ツール以外でやりとりするための事前申請機能のこと  出典:クラウドワークス 

特徴③|追加報酬のない急な条件変更をしてくる案件

Webライターとクライアントは交わした条件のもとで仕事をするのが前提です。

追加報酬もなく突然条件を変更してくるクライアントも中にはいるので『案件の獲得後』も気を抜かないようにしましょう。

・急な納期の短縮

(例)納期が1週間以内だったが、急に明日までに出してほしいと連絡が来た。

・業務の追加

(例)もともとは文章のみの業務だったが、自分で画像を探し加工して添付するよう指示が来た。

条件変更の際にクライアントから報酬アップの提示やライターの交渉に応じてくれれば特に問題はありませんが、追加の報酬を支払おうとしない場合もあります。悪質なクライアントが依頼する案件は丁重にお断りしましょう。

*ある*

Webライター側も当然スケジュールを守らなければなりませんが、最初の条件を守らないクライアントと無理に仕事をする必要はありません!

クラウドワークスで毎月5万円を稼ぐための3つのポイント

初心者ライターでもクラウドワークスで毎月5万円以上を稼ぐための3つのポイントを紹介します。

3つのポイント

・文字単価が1円/1文字以上の案件を狙う

・初心者ライターと名乗らない

・継続案件の獲得を目指す

*ある*

ポイントを知っているのと知らないとでは報酬に大きな差が出ます。スタートでつまずかないようにポイントを熟読して覚えておきましょう!

ポイント①|文字単価が1円/1文字以上の案件を狙う

Webライティングの案件は1円/1文字以上の文字単価の案件を探しましょう。

文字単価文字数報酬
0.5円5,000文字2,500円
1円5,000文字5,000円
1.3円5,000文字6,500円
1.5円5,000文字7,500円
報酬の簡易計算表

文字単価が低ければ低いほど案件の数をこなさなければなりませんが、家事・育児をしながらだとなかなか難しいものです。

*ある*

私自身も最初に1.3円/1文字単価の案件を獲得しています。もし0.3円/1文字の条件だった場合、5,000文字の記事を書いたら約5,000円の差が出ます!文字単価の重要さが分かりますね。

"1件〇〇円"の案件の文字単価の計算方法は『記事の報酬÷目安の文字数』です。

1件5,000円の案件の場合… 目安の文字数が4,000~5,000文字だとすると、文字単価は1円~1.25円/1文字になる

文字単価が1円/1文字以上あれば毎月5万円までの道のりが大幅に縮まります。毎月5万円を安定して稼ぐためには、文字単価を軽視しないようにしましょう。

ポイント②|初心者ライターと名乗らない

案件に応募するために書く応募文には、初心者アピールの文章を記載するのはおすすめしません。

初心者ライターにありがちなNGな応募文の例を紹介します。

・初心者ですがやる気だけは誰にも負けません。

・始めたばかりでご迷惑をかけると思いますがよろしくお願いします。

初心者アピールは自信のない初心者ライターにありがちな文章ですが、クライアントに敬遠される表現なので避けましょう。

*ある*

例えば自分の手術を初心者と名乗る医者に任せられるでしょうか?家を建てるときに今回初めて家を設計する人に任せたいと思うでしょうか?

クライアント目線で考えると、自分の大事な記事を自信のない初心者ライターにお金を払ってまでわざわざ任せたくないものです。

Webライターとして活動する以上はプロ意識を持ち、応募文を書くようにしましょう。

ポイント③|継続案件の獲得を目指す

Webライティングの案件には、1回きりの単発型の案件とクライアントと長期契約をする継続型の案件に分かれます。

単発案件にもいろいろなジャンルを経験できるというメリットがありますが、初心者ライターには継続案件の獲得をおすすめします。

継続案件をおすすめする理由

・単発型だと案件を探す時間と労力がかかるから

・特定のジャンルの知識が深く身につくから

単発案件ばかりを受注していると、常に『案件が終わる⇒案件探し⇒応募』という作業を繰り返すので時間も労力もかかります。

Webライターの仕事は案件を常に確保していないと収入が不安定になるので「先月は5万円稼げたのに今月は全然だめ…」となってしまうことも。

*ある*

毎月5万円の壁を破るには常に案件を確保していることが重要です。継続案件を確保しておけば心身ともに楽になります!

継続案件をこなすことで、特定のジャンルの専門知識が身につき、ライティングのレベルアップの役に立ちます。専門知識が身につけば同ジャンルの高単価案件も狙えるようになります。

*ある*

私は美容系の記事に特化して取り組んでいるので、美容系の記事を取り扱っているクライアントからオファーをいただくことがあります!

クラウドワークスの登録後にするべき5つのこと

クラウドワークスの登録が終われば、さっそくWebライターとして活動ができます。しかし登録すれば自然に仕事がもらえるわけではないので要注意。

登録後にするべき5つの項目を紹介します。

登録後にすること

・プロフィールをつくる

・応募文を書く

・案件に応募する

・テストライティングにチャレンジする

・ライティングスキルを鍛える

就職活動に当てはめると以下のようになります。

・プロフィールと応募文⇒履歴書づくり

・案件に応募     ⇒履歴書の送付

・テストライティング ⇒面接・筆記試験

・ライティングスキルアップ⇒自己研さん

*ある*

今からでもすぐに実践できるので後回しにせず、登録したらさっそく取りかかりましょう!

それぞれの項目を順番に解説していきます。

項目①|プロフィールをつくる

プロフィールはライターの履歴書のようなものであり、実績や経歴を記載するものです。

プロフィール欄には本名を書く必要もなく、本人写真、住所や電話番号を記載することはないので個人情報が漏れることはありません。

クライアントの自己アピールとして必ず埋めましょう。

*ある*

最初は書けることが少ないですが空欄はNGです。やる気がないと判断されてしまいます。

最初は書ける項目が少ないですが、プロフィールは常に更新できるので現段階でできる限り書いておきましょう。

プロフィールの詳しい書き方についてはこちらの記事で解説!

項目②|応募文を書く

プロフィールを完成させたら、さっそく興味のある案件に応募してみましょう。

応募ページから応募することになりますが、空欄のままではなく応募文を書くことをおすすめします。

応募文は履歴書の志望動機の欄、送り状としての役割があり、Webライターとクライアントとの最初の挨拶のようなものです。

*ある*

お互い顔も分からないからこそ、応募文の書き方次第で印章が変わります。数ある応募者の中から選ばれるために意識して書きましょう!

応募文を意識していないと、後述するテストライティングまでたどり着くのは難しくなります。

応募文の書き方はこちらの記事で詳しく解説しています!

項目③|案件に応募する

プロフィールと応募文を書き終えたら、とにかくたくさん応募しましょう。

「いっぱい返信が来たらどうしよう」と思うかもしれませんが、実績のない間はほとんど突破することは難しいです。

応募文の時点ではじかれ、返信がないということは当たり前のようにあります。

*ある*

最初の頃は1日20件ぐらい案件に応募していました。実績のない間が一番突破するのが難しいのでとにかく応募しましょう!

項目④|テストライティングにチャレンジする

テストライティングは一般企業でいう面接試験、筆記試験です。

与えられた課題を納期までに提出し、合格できれば晴れて案件を獲得できます。

【問1】
以下のURLを読んで200文字以内で要約してください。
https:〇〇~~

【問2】
下記のイラストの状況を簡単に説明し、イラストが何を表しているかあなたの考えを300字以内で自由に書いて下さい。

≪イラスト≫

*ある*

就職試験と異なり、テストライティングの課題を提出すると報酬が発生します!

テストライティングに合格するのも1人~数人なので、なかなか突破できず初心者ライターがつまずきやすいところでもあります。

*ある*

クライアントによってテストライティングの内容はバラバラです!事前に対策を立てておくと合格への道が縮まります。

テストライティングについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

項目⑤|ライティングスキルを鍛える

案件の応募やテストライティングと同時進行でライティングスキルは必ず鍛えましょう。

ライティングスキルはテストライティングを突破するのに必要不可欠。

Webライティングならではのルールもあるので、少しでも早く稼ぐために最低限の知識とスキルを身につけることは必須です。

*ある*

稼ぐWebライターが実践しているノウハウをまとめた記事を無料公開中です!

ライティングスキルアップについてはこちらの記事で解説しています!

クラウドワークスに登録しておくべき3つの理由

「特に急いでいないから時間があるときに登録しておこう…」と後回しにすると大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。

クラウドワークスに登録しておくべき理由は主に3つあります。

3つの理由

・人気の案件は迷っている間に取られる

・登録料も維持費もかからない

・毎日新しい案件に出会える

*ある*

2〜3分でかんたんに無料登録できますよ。今ここでチャンスを掴みとりましょう!

登録するべき理由①|人気の案件は迷っている間に取られる

今迷っている間にも良い条件の案件が募集されているかもしれません。

報酬の高い案件、人気ジャンルの案件などの募集はあっという間になくなってしまいます。

例えば「あのときに買っておけばよかった…」というような苦い思い出のように、心の中にこびりついてしまうことがあります。

*ある*

私自身も迷っている間に募集人数が埋まってしまい悔しい思いをしたことがあります…

チャンスは待ってくれません!

チャンスを逃さないためにまずは登録して案件を探してみることをおすすめします。

登録するべき理由②|登録料も維持費もかからない

クラウドワークスは報酬が発生した際の手数料で運営しているので、登録料や年会費含め維持費はかかりません。

*ある*

エサをつけたまま釣り竿を置いているようなものです。

良い案件が見つかるまで、待っている間はお金がかからないことが良いところです!

報酬が発生しない間は銀行口座の入力も必要ないので、気軽に登録できるのもクラウドワークスのメリットです。

登録するべき理由③|毎日新しい案件に出会える

クラウドワークスはクライアント数が多いので、常に案件の新陳代謝が起きています。

もしも今は気になる案件がなくても、明日には良い案件が流れてくることも。

*ある*

私もスキマ時間で好条件の案件を見つけたことがあります。どこで良い出会いがあるか分からないものです!

家事育児のスキマ時間、外出中の待ち時間にもスマホアプリで気軽に確認できるので忙しいママライターにもおすすめです。

Webライターは最初が一番大変な仕事

Webライターは『案件を獲得するまでが一番大変』と言っても過言ではありません。

最初は結果が出ずに苦しいと感じることもあります。挫折してしまう前にまずは行動を起こしましょう。

ライティングの勉強をする

ライティングスキルを学ぶ

Webライターの心得を学ぶ

複数のクラウドソーシングサイトに登録し案件の入口を増やす

おすすめのクラウドソーシングサイト4社を紹介

*ある*

Webライターは簡単な仕事ではありませんが、やりがいのある仕事です✨ぜひチャレンジしてみてくださいね!

-ママ向け記事, 案件の獲得
-, , ,