ライティングスキルアップ

【Webライティングで毎月5万円を稼ぐ】リード文(導入文)の書き方を現役Webライターが解説

*ある*

こんなに人におすすめ

・少しでも早く毎月5万円を稼ぐコツを知りたい

・テストライティングになかなか合格できない原因を知りたい

Webライターのあるです。

Webライティングで稼ぎたいのに、なかなか目標に届かないと「自分にはWebライターは向いていないかも…」と自信をなくしてしまうものです。

うまくいかないときには自分の書くリード文の内容に目を向けてみましょう。リード文(導入文)は読者を本文まで導くための重要な文章です。

実はクライアント(仕事の発注者)もWebライターの書くリード文の内容に常に注目しています。

Webライターとして稼ぐために読者とクライアントの両方を満足させるリード文を目指しましょう。

*ある*

リード文の意味すら知らなかった私でも今では5万円以上稼げるようになりました!

リード文は必ず上達します。一緒に頑張りましょう!

本記事を読めば毎月5万円以上を稼ぐWebライターになるために必要なスキルを身につけられます。

リード文の基本から実際の書き方まで、未経験の方にも分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでください。

リード文の重要性

リード文はほぼすべての記事で使われており、Webライティングの業界では必須の文章です。一流ホテルマンが来客者を気持ち良く客室まで案内するかのように、読者を記事の本文までスムーズに導くのがリード文の役目です。

『読者のほとんどが新規』ということを前提にリード文を書きましょう。

リード文があることで「このまま読み進めても悩みを解決できるのか?」「自分の知りたいことが書いてあるのか」という読者の不安を和らげることができます。

ただし情報の含まれていない短いリード文、回りくどい締まりのないリード文は、かえって読者が不満を持つ原因になるので要注意です。

効果的なリード文は読者だけでなく、クライアント(仕事の発注者)の評価にも繋がります。高品質のリード文が書けるようになると「このライターは文章力がある」「本文もしっかり書いてくれそう」という判断材料にもなります。

リード文のスキルはテストライティングにも有効

Webライターが案件を獲得するためにはテストライティング(試験)に合格しなくてはなりません。テストライティングではリード文を執筆する機会が多く、最低限の文章が書けないと文字単価が1円以上の案件の獲得は難しくなります。

*ある*

テストライティングは初心者ライターがつまずきやすい難所です。なかなか合格できない人はリード文がおろそかになっているかもしれません。

Webライティングの案件を獲得する確率を上げるためにもリード文を鍛えましょう。

「リード文を書くときに何に気をつければ良いの?」と疑問に思う方に向けて、ここからはリード文の書き方のポイントを解説していきます。

テストライティングについてはこちらの記事で解説!

Webライティングのリード文の書き方

クオリティの高いリード文を書くのに特別な才能は必要ありません。ポイントを押さえることで誰にでも読みやすいリード文を書くことができるようになります。

リード文のポイント

・スマホ画面でも読みやすい文章を書く

・無駄な文字を削る

・記事の概要を含める

*ある*

各ポイントで共通していることは、書き終えたらまず一度必ず見直すこと!どんなリード文を書くときにも役立つので覚えておきましょう!

各ポイントについて1つずつ順番に解説していきます。

ポイント①|スマホ画面でも読みやすい文章を書く

インターネット上の記事は、ほとんどの場合スマホで読まれています。できる限りリード文をスマホの1画面の中に収めるように書きましょう。

文章が長くなるとスクロールする回数も増えるので要注意です。画面をスクロールすればするほど「読むのが面倒だ」と読者が感じて離脱してしまう可能性が増えるからです。

Webライターはパソコンで執筆することが多いので、書き終えたら1度スマホで画面を確認するようにしましょう。

ポイント②|無駄な文字は削る

リード文をスマホの1スクロール内の画面に収めるためには文字数の意識が大切です。

リード文の文字数には正解はないので、各サイトで目安が異なりますが、スマホ画面で読みやすくするなら200〜300文字がおすすめです。

*ある*

画像の貼り付けや文字の装飾を含めると、200~300文字ぐらいがちょうど良い文章の長さになりやすいですよ!

無駄な文字や冗長な表現を削って洗練された文章は、読者に読みやすいと感じてもらいやすくなります。

できるだけ不要な文字を削り、必要な情報を文章に入れられるかがポイントです。

ここからは無駄な文字がどのようなものなのか、例を使って解説します。

同じ意味の言葉が重複してしまっている例

・まず最初に〇〇~ ⇒ 最初に〇〇

・おおよそ約10メートルの長さ ⇒ 約10メートル

『まず』『最初に』も『おおよそ』『約』も同じ意味なのでどちらか削るようにしましょう。意外に見落としがちなミスです。

*ある*

他にも『危険が危ない』『頭痛が痛い』のような同じ意味が重なる表現にならないよう気をつけましょう!

Webライティングでは好ましくない"重言"という表現です!

情報が重複してしまっている例

・〇〇の可能性があると考えられます ⇒ 〇〇の可能性があります

・〇〇ができるとは限りません ⇒ 〇〇できません

・〇〇することができます ⇒ 〇〇できます

*ある*

文章を読んで、短縮しても意味合いが変わらなければ削りましょう。

その他の例

・情報の含まれないふきだし

「へえ~」「なるほど!」「すごいですね!」など削っても支障のないふきだしは思い切って削りましょう。

・読点(、)の使いすぎ

『〇〇は〇〇のため〇〇をしようと〇〇のところへ〇〇しにいった』

読点がなくても文章に問題ない場合は、読点を削りましょう。

ポイント③|記事の概要を含める

本文まで読み進めてもらうためには、読者に自分のための記事だと思ってもらう工夫が必要です。

読者を本文にスムーズに誘導するために、リード文には記事の概要を必ず入れましょう。

・どんな読者に向けた記事か?

・想定する読者の疑問は?

・本記事の結論は?

・読者のメリットは?

記事の情報が含まれていないリード文は、読者満足を下げる原因になるので、1文1文に意図を持って書きましょう。

*ある*

概要を入れるときは、箇条書きやふきだしなどで装飾すると読者の目を引きやすくなります!

ここからはWebライターが覚えておくべき、受注した案件のリード文の書き方について詳しく解説していきます。

受注した案件のリード文の書き方のコツ

Webライターは誰かの代わりに文章を書いた対価として報酬をもらう仕事です。

Webライターに求められるリード文は、奇抜なアイディアではなく、クライアントの要望通りに書くことだということを覚えておきましょう。

*ある*

自分の好きなように書くブログのリード文と意識するところが異なります!

認識を改めないとつまずく原因になるので要注意!

受注した案件のリード文を書くときのコツがあるので解説していきます。

リード文の書き方のコツ

・リード文は最後に完成させる

・クライアントの要望に近づける

・記事の特性に合わせる

*ある*

クライアントの代わりに執筆するのがWebライターの役目!自分のルールにとらわれず柔軟な思考でリード文を書くように心がけましょう!

コツ①|リード文は最後に完成させる

記事の冒頭に設置されるリード文ですが、記事の最後に完成させるのがおすすめです。最後に完成させる理由は、本文とリード文の内容がズレないようにするためです。

最初にリード文を書き終えてしまうと、ミスに気づかないこともあります。

気づきにくいミスの例

・リード文で書いた読者の悩みが本文で解決されていない

・リード文の結論と本文の結論がマッチしていない

・リード文で紹介した項目の詳細が本文では解説されていない

もしミスに気づいたとしても、書き終えた文章を修正するには時間と労力がかかります。文章を直すことになれば、納期にも追われケアレスミスを起こすことも。

スムーズにリード文を書く手順があるので参考にしてください。

作成の手順

①最初にリード文のアウトライン(骨格)をざっくり作成

②リード文はひとまずそのままにし、本文作成に取りかかる

③本文を完成させたら、リード文を清書する

④リード文が完成したら記事全体を見直す

*ある*

案件に取りかかっている最中にクライアントから追加指示が出て、途中から本文の内容が変わることもあるので、リード文は最後に完成させましょう!

コツ②|クライアントの要望に近づける

案件を受注してもすぐにリード文を書き始めるのではなく、まずクライアントから送付される指示書を必ず読みましょう。

*ある*

修正指示の多いWebライターは指示書をちゃんと読んでいないことが多いです!

リード文の形式はクライアントによって異なり、独自のルールが記載されていることがあります。

・文字数の目安 

・リード文に入れる検索キーワード

指示書がなかったり、詳しい指示が記載されていなかったりする場合は、リード文を書く前にクライアントのサイトを閲覧してみましょう。クライアントのサイトには自身の思いや好みが反映されています。

自分の案件のイメージに近そうな記事を探し、参考にするのも1つの手段です。

・どんな言い回しをしているのか

・リード文にどれだけの文字数が使われているか

・ふきだしの使い方

・箇条書きの使い方

・文字の装飾や画像の使い方

Webライターは文章構成だけでなく装飾作業も任されることがあり、装飾もクライアントの要望に答えられると評価に繋がります。

*ある*

クライアントのサイトに沿って書くことを『トンマナ』に合わせるといいます。

Webライターとしてトンマナを覚えておくこともおすすめします!

トンマナについてはこちらの記事で解説しています!

コツ③|記事の特性に合わせる

リード文の構成は記事の特性に合わせて書き方を変えましょう。

クライアントから与えられるテーマ(検索キーワード)によってもリード文の内容が変わります。

パターン①

『〇〇 使い方』や『〇〇 方法』のテーマで記事を書く場合は、知ることを目的とした読者を想定し、リード文を書きましょう。

読者はほとんど知識のない状態で記事を読むため、リード文が雑だと本文まで読むことなく離脱してしまいます。

問題提起や共感文を入れて丁寧に本文まで誘導するのがおすすめです。

*ある*

「この記事なら自分の悩みを解決できそう」と読者に思ってもらえるリード文になるようにしましょう。

パターン②

『〇〇 ランキング』や『〇〇 おすすめ』のテーマで記事を書く場合は、購買目的の読者に向けてリード文を書きましょう。テーマからすでに商品やサービスの特性を知っている読者が検索してくると予測できます。

導入部分が長いと「早く結論を知りたいのに全然たどり着けない」と読者の途中離脱に繋がるので、結論から伝えるようにする工夫が必要になります。

*ある*

「この記事の中に自分の欲しいものがありそう」と読者に思ってもらえるリード文になるように書きましょう。

リード文を書くときは、記事を読みにくる読者がどのような人なのか読者像(ペルソナ)をイメージしましょう。

読者がどんな文章を書いたら喜びそうか自分なりに考えることが良いリード文を書くことに直結します。

ペルソナ設定についてはこちらの記事で解説しています!

リード文の例

リード文を書く際のポイントやコツについて解説しましたが「リード文は実際にどうやって書けばいいの?」「例文を交えて教えてほしい」と思う方に向けてリード文の書き方の例を紹介します。

Webライティングで使うリード文の種類を大まかに分けると『共感重視のリード文』と『結論重視のリード文』になります。

共感重視のリード文

①問題提起

②共感文

③解答・結論

④未来を想像させる一文

⑤読者の後押し

結論重視のリード文

①結論

②注意喚起or共感文 

③概要の説明

④読者の後押し

リード文の書き方について1つずつ順番に解説していきます。

共感重視のリード文の書き方

共感重視のリード文は、検索してきた読者の不安や不満に共感し、本文まで丁寧に導くのがポイントです。

何か特定のものについて『知りたい』と思いキーワード検索してくる読者との相性が良いリード文です。

例えば『〇〇  とは』『〇〇  使い方』のような検索キーワードが当てはまります。

読者を引き込むためには、問題提起と共感文は必須。

リード文が短すぎるとリード文としての役割を果たさないので、文字数は250〜300文字以内を想定して書いてみましょう。

共感重視のリード文

①問題提起

②共感文

③解答・結論

④未来を想像させる一文

⑤読者の後押し

【テーマ(検索キーワード)】 Webライター 始め方 

Webライターを始めるにあたって、事前準備が多すぎると何から手をつければ良いのか迷うものです。(問題提起)

選択肢が多すぎるとスタートすることそのものをためらってしまいますよね。(共感文)

実はWebライターを始めるときに押さえるポイントは多くありません。『〇〇』『△△』『★★』の3つだけです。(解答・結論)

この記事を読めばさっそく今日からWebライターとして活動できるようになります。(未来を想像させる一文)

なるべく専門用語は使わずに分かりやすく解説していますので、ぜひ最後まで読んでください。(読者の後押し)

それぞれの項目について1つずつ解説していきます。

手順①|問題提起

想定する読者の悩み不安を想像し冒頭に書きましょう。読者に『この記事は自分に関係する記事』と印象づけることができます。

クライアントに与えられたキーワードをもとに問題を提示します。

【テーマ(検索キーワード)】 Webライター 始め方

Webライターの始め方が分からないと悩んでいませんか?

Webライターを始めるにあたって、事前準備が多すぎると何から手をつければ良いのか迷うものです。

*ある*

ただキーワードを並べただけの問題提起は、読者に「当たり前のことでしょ?」とマイナスの印象を与えるためおすすめしません。

『キーワード検索した読者はなぜこの文字で検索したか』を想像することで、読者の抱える問題が浮き彫りになります。

文章ではなく箇条書き、ふきだしでキャラクターにしゃべらせる方法もあります。

手順②|共感文

問題提起をしたら、読者が共感するような文章を書きましょう。「そうそう!その気持ち分かる!」「これって自分のための記事かも?」と読者に親近感を与えることで、ようやく読者が耳を傾ける体勢になります。

【テーマ(検索キーワード)】 Webライター 始め方

どうしたらいいのか分からなくなり困りますよね。

選択肢が多すぎると始めることそのものをためらってしまいますよね。

*ある*

できるだけ具体的に共感をできるような言葉がけをしてみましょう!距離が縮まりやすくなります!

手順③|解答・結論

共感文を書いたら読者に伝えたい結論となる部分を書くようにしましょう。

書くべき文章の例

・記事の結論

・記事を読む具体的なメリット

「すぐに結論を書くと読者は読むのをやめてしまうのでは?」と思うかもしれませんが、むしろ読む体勢になっているのに答えにたどり着かないと、イライラして離脱してしまう原因になります。

【テーマ(検索キーワード)】 Webライター 始め方

実はWebライターを始めるときに押さえるポイントは多くありません。『〇〇』『△△』『★★』の3つだけです。

*ある*

リード文で結論は端的に書いて、本文で詳細を補足しましょう!

リード文で結論は端的に書いて、本文で詳細を補足しましょう。

手順④|未来を想像させる一文

読者に未来の自分の姿を想像させる文章を入れましょう。

解答・結論のあとに未来を想像させる一文を添えることで、本文を読んでみようという読者の気持ちを引き出します。

【テーマ(検索キーワード)】 Webライター 始め方

この記事を読めばさっそく今日からWebライターとして活動できるようになります。

*ある*

リード文を読むことで読者がベネフィット(価値・恩恵)を感じる文章を目指しましょう!

手順⑤|読者の後押し

最後に読者の背中を押す文章を入れて、リード文を締めましょう。

【テーマ(検索キーワード)】 Webライター 始め方

なるべく専門用語は使わずに分かりやすく解説していますので、ぜひ最後まで読んでください。

*ある*

一文を添えることで本文までスムーズに誘導することができます!たかが一文、されど一文!最後まで手を抜かないようにしましょう!

結論重視のリード文の書き方

結論重視のリード文は、購買意欲の高い読者に効果的です。

商品やサービスを『買う』目的で検索している読者には、結論を最初に提示しましょう。

◆商品・サービスの比較記事 

・『〇〇 おすすめ』

・『〇〇 ランキング』 

◆商品名・サービス名と購買に関連したキーワードが含まれた記事

・『商品名〇〇 評判』

・『商品名〇〇 買い方』

買う目的でアクセスしてくる読者からすると、共感重視のリード文は『まわりくどい表現』だとマイナスな評価に繋がることも。

リード文は200~250文字程度を目安にして書くようにしましょう。

結論重視のリード文

①結論

②注意喚起or共感文 

③概要の説明

④読者の後押し

②の項目は状況によって注意喚起にするか共感文にするか書き分けます。

【テーマ(検索キーワード)】 ニキビ 化粧水  

美容の大敵であるニキビ。

皮膚科にたよらず自分でニキビを改善するためには、ニキビの種類にあったスキンケアが必要です。(結論)

しかしニキビの種類に合わない誤ったスキンケア商品を選んでしまうと、ニキビの治りが遅くなったり悪化する可能性があります。

ニキビの種類を理解して適切なスキンケア商品とお手入れを行う必要があります。(注意喚起)

本記事では各ニキビの種類に合ったおすすめの化粧水を5つご紹介します。

スキンケア商品選びのポイントや正しいお手入れ方法についても解説していきますので、参考にしてください。(概要の説明)

本記事からなら〇〇%OFF、回数縛りなし、解約料無料で申し込み可能です。(読者の後押し)

手順①|結論

検索してくる読者は答えを求めているので、冒頭に結論を持っていきましょう。ただしいきなり訴求物を前面に押し出すのはおすすめしません。

記事の冒頭で商品誘導すると「このサイトは商品を売りつけようとしてくる」と読者に警戒され、離脱の原因になるので注意しましょう。

【テーマ(検索キーワード)】ニキビ 化粧水

美容の大敵であるニキビ。悩めるニキビ改善には〇〇化粧水がおすすめです。本サイトでなら〇〇化粧水を30%割引で購入できます。

美容の大敵であるニキビ。

皮膚科にたよらず自分でニキビを改善するためには、ニキビの種類にあったスキンケアが必要です。

手順②|注意喚起or共感文

結論のあとには読者を引き込むための一文を差し込みます。

注意喚起で読者に危機感を持たせるか、共感文を入れ検索してきた読者を肯定する2パターンがあります。

注意喚起の例

【テーマ(検索キーワード)】ニキビ 化粧水

ニキビの種類に合わない誤ったスキンケア商品を選んでしまうと、ニキビの治りが遅くなったり悪化する可能性があります。

ニキビの種類を理解して適切なスキンケア商品選びとお手入れを行う必要があります。

共感文の例

【テーマ(検索キーワード)】ニキビ 化粧水

ニキビのスキンケア商品の種類が多すぎて、自分の肌にどの商品が合うのか迷ってしまいませんか?

でも1つ1つ自分で調べるのはとても大変だから「誰か教えて!」と思いますよね。

注意喚起の表現を使う際には注意が必要で、読者を故意に煽ったり、否定するような文章は避けましょう。

例えば「〇〇をしないと損をする」「今まであなたは間違っていました」というような文言はNGです。

手順③|概要の説明

本文を読むと何を得られるかを読者に端的に説明しましょう。

書き方のコツは『メイン』と『サブ』となる文章を1文ずつ入れることです。

メインの文章は検索キーワードを組み込み、キーワード外の項目をサブとなる文章で補足するイメージです。

【テーマ(検索キーワード)】ニキビ 化粧水

本記事では各ニキビの種類に合ったおすすめの化粧水を5つご紹介します。(メイン)

スキンケア商品選びのポイントや正しいお手入れ方法についても解説していきますので、参考にしてください。(サブ)

*ある*

概要には〇個、〇つ、〇本など具体的な数字を入れることで読者の興味を引けるので、可能なら数字を入れることをおすすめします!

手順④|読者の後押し

結論重視のリード文は、本記事のメリットを添えて締めくくりましょう。

読者が本文を読む体勢になっているので、ここで金額面などのメリットを全面に押し出します。

本記事からなら〇〇%OFF、回数縛りなし、解約料無料で申し込み可能です。

締めくくりは箇条書き、商品リンク文章でも特に問題ありません。

「この記事を読んだら、他の記事よりメリットが大きそう」と読者に思わせられるように後押しして締めましょう。

まとめ

今回はWebライティングで毎月5万円を稼ぐためのリード文の書き方について解説しました。

リード文のポイント

・スマホ画面でも読みやすい文章を書く

・無駄な文字を削る

・記事の概要を含める

リード文の書き方のコツ

・リード文は最後に完成させる

・クライアントの要望に近づける

・記事の特性に合わせる

リード文作成の手順

①最初にリード文のアウトライン(骨格)をざっくり作成

②リード文はひとまずそのままにし、本文作成に取りかかる

③本文を完成させたら、リード文を清書する

④リード文が完成したら記事全体を見直す

リード文にも共感重視のリード文と結論重視のリード文に分かれます。

共感重視のリード文

文字数の目安 250~300文字

①問題提起

②共感文

③解答・結論

④未来を想像させる一文

⑤読者の後押し

結論重視のリード文

文字数の目安 200~250文字

①結論

②注意喚起or共感文 

③概要の説明

④読者の後押し

リード文は読者をスムーズに本文まで届ける役割があります。ぜひ良い文章を書けるようになって毎月5万円以上を達成してください。

*ある*

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事がお役に立てられれば幸いです✨

-ライティングスキルアップ
-, ,