ライティングスキルアップ

初心者Webライター必見!【ひらく・とじる】の使い方を分かりやすく解説

*ある*

こんな人におすすめ

・できるだけ早くWebライターとして稼げるようになりたい

・自分の書く文章に自信を持てるようになりたい

・他のサイトには載っていない情報を知りたい

Webライターの*ある*です。

この記事ではWebライティングの基本である、漢字の使い方について解説していきます。

Webライターはパソコンさえあれば誰でも簡単に始められるおすすめの仕事です。

しかし稼ぐ人と稼げない人の差がはっきりと出てしまい、なかなか稼げず悩むライターもいます。

「もっと稼げるWebライターになりたい!でも何を直すべきなのか分からない…」

そう思えたときが、稼げるライターへとレベルアップするチャンスです。

この記事を読むメリット

・短い時間でWebライターとしてのスキルが身につく

・クライアントからの修正指示が減り、評価に繋がる

・読者に「読みやすい」と思ってもらえる文章が書ける

*ある*

文章をまともに書けなかった私でも、今では毎月5万円以上を稼げるようになっています!

毎月5万円を達成するためには、文章構成の基礎である『ひらく・とじる』をWebライティングに落とし込めるようにしましょう。

ここからは順番に『ひらく・とじる』について、例を交えつつ解説していきます。

ひらく・とじるとは?

ひらく(開く)・とじる(閉じる)とは、文章に含まれる漢字の使い分けを表す言葉です。

本来は漢字表記される言葉を、あえてひらがな表記に変えることを『漢字をひらく』といいます。反対に漢字のまま表記することを『ひらがなをとじる』と表現します。

・おはようございます(ひらく)  ⇔ 御早う御座います(とじる)

・ありがとうございます(ひらく) ⇔ 有難う御座います(とじる)

*ある*

漢字を使い分けることで文章が与える印象は変わりますね!

Webライティングではこのひらく・とじるの使い分けが重要なのです。

ここからはなぜ漢字の使い分けが必要なのか、理由を解説していきます。

なぜひらく・とじるを使い分けるのか

漢字のひらく・とじるを使い分ける一番の理由は、読者が文章を読みやすくするためです。

一般的に読みやすい文章とは『文章全体の2〜3割が漢字、7〜8割がひらがな(カタカナ)』とされています。文字のバランスが重要で、漢字だらけの文章だと堅苦しく読む気をなくしてしまう原因に。

しかし漢字がまったくない文章だと稚拙な印象を与え、かえって読みづらくなります。

兎に角先ずは野菜売場から檸檬、人参、牛蒡を持って来て下さい

 (とじすぎた文章)

とにかくまずは、やさいうりばかられもん、にんじん、ごぼうをもってきてください

 (ひらきすぎた文章)

上のどちらの例文も、漢字とひらがなのバランスが極端に偏った悪い例です。文章のバランスが悪いと、読者の負担を増やしてしまう原因になります。

*ある*

Webライターの好みで漢字とひらがなを使い分けるのはプロの文章とは言えません。大事なのは読者ファーストの意識です!

インターネット上の記事は無料で読めるがゆえに、読者が不満を感じたら即サイトから離脱してしまいます。

読者が満足しない記事をクライアント(仕事の発注者)が喜ぶはずもなく、Webライターとしての評価も下がってしまいます。

クライアントの届けたいメッセージを、正確に読者に届けることがWebライターの役割です。

Webライターとして読者に喜んでもらえるような記事を書くために、ひらくとじるを意識するところから始めましょう。

ここからはひらく・とじるの使い分けについて詳しく解説していきます。

ひらく・とじるの使い分け

ひらく・とじるの使い分けは、直観的に判断できるものもありますが、予備知識がないと見分けるのは難しいです。

ここで知識を蓄えておくことで、Webライターとしての基礎を身につけましょう。

漢字をひらいた方が良いとされるもの

◆常用外の漢字

◆当て字

◆品詞(動詞や接続詞の総称)

・接続詞

・補助動詞

・形式名詞

・連体詞

・副詞

◆異なる意味を持つ漢字 

◆その他 一部漢字をひらくケース

*ある*

すべて覚えておくのは難しいと思います。この記事を保存して辞書代わりに活用してくださいね。

漢字をひらく・とじるの使い分けを順番に解説していきます。

常用外の漢字(表外漢字)

常用外の漢字(表外漢字)とは、文化庁が定めた※1常用漢字表に記載されていない漢字のことです。

常用外の漢字は基本的にひらく表現をします。

常用外の漢字を使ってはいけないルールはありませんが、不特定多数が閲覧する公式文書やインターネット記事を含めて、使用するのは好まれない漢字とされています。

常用外漢字の例

常用外の漢字ひらく表記
いわし
あり
たこ
さけ
ひょう
せみ
うさぎ
たぬき
すずめ
かに
うなぎ
せき
がん
吃(音)きつ音
禿はげ
あか
ひづめ
すね
かかと
まぶた
ひげ
ちり/ごみ
くず
うみ
ふん/くそ
なまり
うわさ
きずな
ことわざ
たる
けやき
たすき
ほうき
つぼ
のり
しま
つえ
くぎ
ひも
わら
とりで
しゅうとめ
すし
かぶと
おの
かしわ
わだち
だいだい
とどろき
わな
つぼみ
あられ
贋(作)がん作
(漏)洩漏えい
(終)焉終えん
喧嘩けんか
※2文化庁:表外漢字字体表をもとに作成

※1 出典:文化庁 常用漢字表  ※2 出典:文化庁 表外漢字字体表

当て字

当て字とは、漢字が本来もっている意味に関わらず、音訓だけを借りて当てはめる表現のことです。

当て字も基本的にはひらく表現になります。

当て字の例

当て字ひらく表記
咖喱カレー
倶楽部クラブ
浪漫ロマン
型録カタログ
亜細亜アジア
珈琲コーヒー
沢山たくさん
腕白わんぱく
出鱈目でたらめ
矢張りやはり
目出度いめでたい
出来るできる
愚図るぐずる
誤魔化すごまかす
馬鹿ばか
兎に角とにかく
素敵すてき
野暮やぼ

当て字に似た言葉で『熟字訓』という言葉があります。

熟字訓は、2字以上の漢字を合わせ1つにまとめた熟語(熟字)を訓読みしたものです。

熟字訓の例

熟字訓読みがな
明日あした/あす
果物くだもの
素人しろうと
大人おとな
風邪かぜ
雪崩なだれ
田舎いなか
為替かわせ
紅葉もみじ

熟字訓は、当て字ではないので表記は漢字のままで問題はありません。

当て字と熟字訓は似ていますが、漢字をひらくとじるで迷いがちなので見極め方をお伝えします。

見極め方

・当て字は、音訓だけで当てはめた漢字の使い方なので漢字と言葉の意味が結びつかないもの⇒漢字をひらく

・熟字訓は、語句と関連する意味の漢字が含まれているので、漢字と言葉の意味が結びつくもの⇒ひらがなをとじる

*ある*

熟字訓は日常で使われている漢字として定着しているので、ひらがな表記だと違和感が出てしまうことも!

当て字と似ている言葉ですが、混同しないように気をつけましょう!

接続詞

接続詞とは、文と文を繋ぐ役割をもつ語です。Webライティングでも重要な役割を担っています。

・だから 

・しかし 

・また 

・なので  

・さらに

接続詞には漢字で表せるものもありますが、接続詞は基本的に漢字をひらいて使います。

接続詞の例

接続詞ひらく表記
又はまたは
但しただし
其の為そのため
因みにちなみに
若しくはもしくは
且つかつ
即ちすなわち

補助動詞

補助動詞とは、動詞の後に続けて使うサポートの役割をもつ動詞のことです。

基本的にすべての補助動詞は漢字をひらいて表記します。

・やってくる(来る)

・帰っていただきます(頂きます)

・来てください(下さい)

・始めてみよう(見よう)

補助動詞の例

補助動詞ひらく表記
なって居るなっている
して下さいしてください
辞めて貰う辞めてもらう
ついて行くついていく
教えて頂く教えていただく
頑張って欲しい頑張ってほしい
取って見よう取ってみよう
やって置くやっておく
登って見せる登ってみせる

形式名詞

形式名詞とは、実質的な意味をもたない名詞のことです。

形式名詞は基本的に漢字をひらいて表記します。

調べてみたところ、見落としていたことに気づいた。

例文の場合は『ところ』と『こと』が形式名詞になります。

形式名詞の例

形式名詞ひらく表記
する事すること
という訳だというわけだ
する為するため
あの時あのとき
来た所来たところ
今の内に今のうちに
こんな物こんなもの

ただし注意点があり、形式名詞と実質名詞を混同しないように気をつけなければなりません。

実質名詞とは、実質的に意味をもつ名詞のことです。実質名詞は例えば『Webライター』『お金』『パソコン』などが該当します。

形式名詞で漢字をひらいた語句も、実質名詞で使われる場合は、ひらがなを閉じることになるので気をつけましょう。

実質名詞の例

さんに会う

が消えた

が止まる

の発端を知る

側を見る

*ある*

単独で意味が伝わるものは実質名詞、単独で意味が伝わらないものは形式名詞と覚えておきましょう!

連体詞

連体詞とは、名詞を修飾し文章を詳しく説明するための語です。

連体詞にも一部漢字をひらく表記があります。

あの自動車

小さな

大きな

あらゆる事柄

漢字をひらく代表的な連体詞を表にまとめました。

連体詞の例

連体詞ひらく表記
此のこの
其のその
様々なさまざまな
色々ないろいろな
大したたいした
凡ゆるあらゆる
所謂いわゆる
我がわが
可笑しなおかしな

連体詞で使われる漢字はほとんどはひらいて表記しますが、例外として『小さな』や『大きな』はひらがなをとじたままが良いとされています。

副詞

副詞は用言(動詞・形容詞・形容動詞)を修飾し、文章を詳しく説明するための語です。

まさか転ぶとは思わなかった

きっと来るよ

どうぞ召し上がれ

補助の役割をもつ言葉として、前述した連体詞と役割は同じですが、修飾する個所が異なります。

例外を省くと副詞も漢字をひらいた方が良いとされています。

漢字をひらく副詞を表にまとめました。

副詞の例

副詞ひらく表記
漸くようやく
暫くしばらく
既にすでに
偶にたまに
更にさらに
直ぐすぐ
是非ぜひ
何故なぜ
全くまったく
全てすべて
予めあらかじめ
未だいまだ/まだ
忽ちたちまち
時々ときどき
大層たいそう
随分ずいぶん
一層いっそう
悉くことごとく
何れいずれ
透かさずすかさず
生憎あいにく
概ねおおむね
殆どほとんど
敢えてあえて
且つかつ
恐らくおそらく
咄嗟にとっさに
隈なくくまなく
或いはあるいは
先ずはまずは
寧ろむしろ
飽くまであくまで

中にはひらかずに漢字の表記のまま書いた方が良いとされる副詞もあるので、ほんの少しですが紹介します。

・多少は

・決して

・結構

・必ず

・一段と

異なる読み方を持つ漢字はひらく

漢字には1つの漢字で2つ以上の読み方がある場合もあります。

読み方が複数ある場合は、漢字をひらくようにしましょう。

異なる読み方を持つ語句の例

漢字ひらく表記
辛いつらい/からい
止めるとめる/やめる
埋めるうめる/うずめる
臭いくさい/におい
*ある*

読み手によって捉え方が変わる漢字は、誤解を与えてしまうかも…。

正確に伝わるように漢字をひらくようにしましょう!

その他 一部漢字をひらくケース

同じ言葉でも、複数の表記に分かれる特殊なケースもあります。

すべての文字だけでなく一部だけひらく場合もあるので例を紹介します。

その他のケース

漢字ひらく表記
子供子ども/こども
障害者障がい者
友達友だち

表の例はどちらの書き方も間違いではありませんが、クライアントによってひらくべきと判断することもある語句です。

ひらく・とじるかどちらにするべきか迷った際の判断する方法について解説していきます

ひらく・とじるを判断する方法

Webライティングの案件で『ひらく・とじる』の判断に迷うことがあれば以下のポイントを意識してみてください。

ポイント

・記者ハンドブックを活用する

・クライアントのトンマナに合わせる

・情報をメモして保存しておく

*ある*

ひらくとじるの使い方に自信を持てるようになれば、悩む時間のロスも減り、執筆に集中することができます!

ポイント①|記者ハンドブックを活用する

記者ハンドブックは、ライター用の用語集です。

漢字の使い方だけでなく紛らわしい地名、数字の表記例などが網羅されており、まさにライターの辞書です。

第14版は751ページの大ボリュームのため、書籍の厚さがなんと約2.5㎝。文章を書く際に必要な情報がびっしりと記載されています。

Webライターなら1冊は持っておくべき書籍です。

実際の記者ハンドブック(第14版) 画像
*ある*

私もひらく・とじるときに迷ったときに辞書代わりに使っています!

主に調べものとして使うので電子書籍より紙媒体の方がおすすめです。

ポイント②|クライアントのトンマナに合わせる

トンマナとはトーン&マナーの略で、広告や記事に含まれる文章や色使い、配置やデザインなどに一貫性を持たせるためのルールのことです。

クライアントが記事の表記ルールを定めているので、一般的にはひらく・とじる表記でも、クライアントの描くイメージとズレる場合はトンマナに合わせるのが鉄則です。

一般的にはひらく表記の漢字も、クライアントのこだわりであえて漢字表記にしている可能性があるため、自己判断せずクライアントの指示通りにしましょう。

確認方法

・添付マニュアルを読む

・クライアントのWebサイトを読む

*ある*

クライアントのルールの答えは事前にもらっているので確認を怠らないようにしましょう!

文章の修正が大幅に減りますよ♪

トンマナについてこちらの記事で詳しく解説しています

ポイント③|情報をメモして保存しておく

複数の案件を同時進行で進めていると、別のクライアントの『ひらく・とじる』のルールが混同してしまうことがあります。

混同しないようにクライアント情報をパソコンのメモ機能に保存するのも有効な方法です。

*ある*

私はクライアントごとにGoogleスプレッドシートに保管していつでも確認できるようにしています!

見ながら作業できて時短になるのでおすすめです。

読みやすい文章を書くために注意するべきこと

Webライターの評価は、細かい部分を丁寧に仕上げられるかにかかっています。

この記事の締めくくりとして、案件に取り組む際に大切な心構えについて解説します。

注意点

・読者目線になって書く

・表記揺れをなくす

*ある*

稼ぐWebライターが常に実践しているポイントなので、ぜひ真似してみてくださいね!

注意点①|読者目線になって書く

自分の書いた文章が読みやすい文章かどうか、最後に判断するのは読者です。

漢字をひらく・とじるを有効に使い読みやすい文章になっているか、確認する方法を紹介します。

確認する方法

・想定する読者のつもりになって読む

・クライアントに確認する

・本サイトを参考にする

想定読者(ペルソナ)になったつもりで、確認のために一度読んでみましょう。

視点を変えることで、新たなことに気づけるかもしれません。執筆後に間隔を空けて読むと冷静に判断できるのでおすすめです。

自分ではどうしても判断できない場合は、クライアントに質問するのも手段の1つです。質問する際にはクライアントの迷惑にならないようにまとめて質問するようにしましょう。

*ある*

ひらく・とじるの書き方に困ったら、本サイトをぜひ参考にしてくださいね!

注意点②|表記揺れをなくす

表記揺れとは『同じ意味を表す言葉なのに、異なる表記が混ざっている状態』のことを指します。

子どもに関連するジャンルの記事を書くには、普段から子供との関わりがないと書きづらいものです。

*ある*

例文は『子ども』と『子供』の表記揺れが発生していますね!

文章によって、ひらく・とじるが混ざらないようにしましょう。表記揺れに一度気づいた読者は、表記揺れが気になり本文に集中できないこともあります。

読者の不満に繋がる記事は、クライアントには喜ばれません。

表記揺れがあることでクライアントに「このライターは意識が低い」と思われる可能性があります。継続して案件を獲得するためにも表記揺れをなくすようにしましょう。

*ある*

表記揺れは、書いているときには気づかないもの。

私は今でも執筆し終わったあとに必ず読み返すクセをつけています!

まとめ

今回はWebライティングの基本である漢字の使い方について解説しました。

読みやすい文章を書くには、漢字とひらがなのバランスの取り方が非常に重要になります。

漢字とひらがなの理想のバランス

文章の割合 漢字が2~3割 ひらがな(カタカナ)が7~8割

理想のバランスになるように『ひらく・とじる』ことを意識しましょう。

ひらく(開く)・とじる(閉じる)とは

文章に含まれる漢字とひらがなの使い分けを表す言葉。

・漢字で表現する言葉を、あえてひらがな表記にする⇒『漢字をひらく』

・漢字のまま表記する⇒『ひらがなをとじる』

ひらく・とじるの判断方法

・記者ハンドブックを活用する

・クライアントのトンマナに合わせる

・情報をメモして保存しておく

読みやすい文章にするための注意点

・読者目線になって書く

・表記揺れをなくす

少しでも早い文章上達を目指すなら、さっそく実践してみることです。

学んで終わりではなく、実際に取り入れることがWebライターとしての成長の近道。

この記事を保存し辞書代わりに使いながら、実践で取り入れてみてください。

*ある*

分からないことがあればまた読みにきてください!Webライターとして稼げるようにがんばりましょう✨

-ライティングスキルアップ
-,