ライティングスキルアップ

【実例あり】Webライターが覚えておくべき箇条書きの使い方を分かりやすく解説!

*ある*

こんな人におすすめ

・最短でWebライターとして毎月5万円以上稼ぎたい

・文章表現に自信がない

・高単価の案件に挑戦したい

Webライターの*ある*です。

この記事ではWebライターとして稼ぐための必須スキルである箇条書きについて解説します。

誰もが一度は使ったことのある箇条書き。

日常生活でもなじみ深い表現ですが、Webライティングで効果的に使えるWebライターはまだまだ少ないです。

箇条書きを効果的に使えるようになると、記事の表現の幅が広がります。

箇条書きを使いこなすメリット

・幅広いジャンルの案件に対応できる

・表現の引き出しが増えるので自信がつく

・記事のクオリティが上がりクライアントから評価される

毎月5万円を達成するためには、まずライティングの基礎を身につけるのは絶対です。

本記事は初心者ライターだけでなく、もっとライティング力を高めたい中堅ライターにもおすすめの記事になっています。

*ある*

作文を書くのが苦手で国語の成績が悪かった私でもWebライターの仕事を続けられています。

Webライターの実践経験を積んで、今では毎月5万円以上稼いでいます!

*ある*

壁を感じたらレベルアップのチャンス!実践形式の添削例も用意しています。

ライティングスキルを磨いてたくさん稼ぎましょう!

箇条書きとは

箇条書きとは、長い文章ではなく1つずつ項目を分けて短文で書き並べる表現方法です。

・(ビュレット)のように記号や数字を使い区切ることで読みやすくします。

・(ビュレット)を使った箇条書きの例

・あいうえお

・かきくけこ

・さしすせそ

*ある*

こちらの箇条書きは一般的な書き方で目にする機会が多いタイプです。どのような形式にもマッチする箇条書きの基本形ですね。

数字を使った箇条書きの例

①あいうえお

②かきくけこ

③さしすせそ

*ある*

数字の箇条書きは、流れや順序が決まっている『時系列』ごとに分けられた箇条書きに使われます。

Webライティングにおける箇条書きは『文章の整理』と『読者に訴えかける効果』を両立する便利な表現です。

ここからは箇条書きの重要性について詳しく解説していきます。

Webライティングならではの箇条書きの重要性

箇条書きは読者の視線を留める効果があり、Webライティングとの相性が非常に良いです。

インターネット上の記事は、雑誌や新聞のようなお金を支払って読む紙媒体の記事とは異なり、無料で気軽に読めるため途中で読むのをやめてしまう難点があります。

さらに文章のみの記事だと読者はどこに注目すれば良いのか分からず、ストレスを感じることで途中離脱に拍車がかかってしまいます。

自然に文章を強調する箇条書きは、読者の離脱対策としてピッタリ。

箇条書きを効果的に使えるかどうか、ここがWebライターの腕の見せどころになります。

*ある*

箇条書きは美容や物販記事からビジネス系の記事までジャンル問わず使える表現です!

Webライティングでは必ず使う表現なので絶対に覚えておきましょう。

箇条書きを使う目的

Webライティングに効果的な箇条書きを使うには、まずはWebライターの意識から変える必要があります。

少しでも早く上達するためには『どのようなときに使うべきか』『なんのために使うのか』箇条書きを使う目的を理解しておく必要があります。

箇条書きを使う目的

・長い文章を分かりやすくするため

・読んでほしい個所を強調するため

・読者を飽きさせないため

*ある*

便利な手法も使う目的が分からなければ、いつまでたっても上達することはありません!

『よく分からないけど…なんとなく使っている』から今日で卒業しましょう。

それぞれの項目を詳しく解説していきます。

目的①|長い文章を分かりやすくするため

箇条書きの大きなメリットは、長文を分かりやすくまとめられることです。

文章に含まれる情報を整理するのに役立ちます。

例①

小学生の好きな料理は、例えばカレーライスやオムライスやハンバーグやラーメンやスパゲッティが挙げられます。

意味は伝わりますが文章がやや長いので、箇条書きにして文章を修正してみましょう。

小学生の好きな料理の例

・カレーライス

・オムライス

・ハンバーグ

・ラーメン

・スパゲッティ

箇条書きにすることで文章をすっきりまとめて、情報を整理したことで読みやすくなりました。

その他にも『、(読点)』が続く長い文章にも箇条書きが効果的です。

例②

海外旅行に行くなら、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどヨーロッパ内がとてもおすすめです。

上の文章を声に出して読むと分かるのですが、読点(、)が多いため文章のリズムが悪く、表現もくどい印象を受けてしまいます。

箇条書きにして修正しましょう。

おすすめの海外旅行(ヨーロッパ編)

・イタリア

・フランス

・ドイツ

・スペイン

・ポルトガル

以上のように箇条書きにすることで、余分な文字を削りつつ文章をすっきりまとめることができます。

その他にも箇条書きはルールや順序を説明する際にも有効です。

例③

火災避難の際には押さえておくべき注意点があります。

まずは慌てずに周囲を確認すること、そしてけっして走らずに姿勢を低くして、煙を吸い過ぎないようにハンカチで口を覆い、頭を守りながら非難しましょう。

例③の文章のままでも伝え方には問題はありません。

ただしルールを1から説明しようとすると文章が長くなってしまい、読者の頭の中に情報が入りづらくなります。

火災避難時の注意

・慌てずに周囲確認する

・絶対に走らない

・姿勢を低くする

・煙を吸い過ぎないようにハンカチで覆う

・頭を守りながら避難する

箇条書きにすることで、ルールを分かりやすくまとめることができました。

注意点や手順を説明する場合は、文章よりも箇条書きの方が読みやすくなるのでおすすめです。

*ある*

書いた文章が長いと感じたら一度見直してみましょう。箇条書きに直せる文章かもしれません!

目的②|読んでほしい個所を強調するため

スマホでインターネット記事を読む場合、何も工夫をしていないと画面をスクロールしている間に重要な部分を読み飛ばしてしまうことがあります。

クライアントにとって重要な部分を読み飛ばしされる記事は当然NG。

重要な部分を読者にスルーされず、視線を留める工夫として箇条書きは相性抜群です。

箇条書きなしの文章と箇条書きありの文章のどちらが目に留まるか、実例をお見せします。

箇条書きの有無の比較

箇条書きは読者に読ませたいところを自然に読ませることのできるテクニックです。

「この辺りはクライアントが絶対に読んでほしい個所だろう」と思ったら箇条書きを使うのをおすすめします。

ただし便利だからといって、無理やり箇条書きにするのは不自然になってしまいます。他にも連続で箇条書きを並べすぎると、どこを強調するべきか分からなくなってしまうので使い方には注意しましょう。

目的③|読者を飽きさせないため

記事を書く前提として『すべての読者が普段から読書しているとは限らない』ということを頭に入れておきましょう。

淡々と文字だけが並んでいると「この記事はつまらない」と飽きてしまい、記事の途中でも読むのをやめてしまいます。

幅広い層の読者を飽きさせない工夫として、箇条書きは効果的です。

魅力的な箇条書きを使えるようになれば、記事全体にメリハリがつき、活字に苦手意識を持っている読者も『この記事なら読める』と思ってもらえるようになります。

Word press(サイト作成するためのソフトウェア)で記事を入稿する際には、自分で箇条書きの装飾を切り替えます。

色味や装飾も自分で変更できるため、設定次第で箇条書きの印象も大きく変わります。

*ある*

同じ文章でも配色や装飾の変化で印象が大きく変わります。

効果的に使えるようになるとWebライターの心強い味方になります!

ここからは箇条書きの効果的な使い方について解説していきます。

箇条書きのポイント

Webライティングで使う箇条書きに正解はないですが、ただなんとなく使うだけでは効果を発揮することは難しいです。

*ある*

箇条書きをうまく使えないと感じているライターさんは、ポイントを押さえられていない可能性が高いです。

もっとうまくなりたいと思う今が見直すチャンスです!

Webライティングで効果的に箇条書きを使うために、押さえておくべきポイントを覚えましょう。

箇条書きのポイント

・カテゴリを意識する

・文末・語尾を揃える

・装飾を統一する

前提としてWebライターが箇条書きを使うときには、クライアントのトンマナを必ず守らなくてはなりません。

どんな案件も、原則はクライアントのサイトのイメージに合わせることを覚えておきましょう。

箇条書きのポイントについてそれぞれ詳しく解説していきます。

※トンマナとは…トーン&マナーの略語で記事に含まれる文章や色使い配置やデザインに一貫性を持たせるルールのこと。

トンマナについてはこちらの記事で詳しく解説!

ポイント①|カテゴリ同士を意識する

文章を箇条書きにする際は、まず同じカテゴリ(種類やジャンル)同士か必ず確認し、仕分けをしてから書きましょう。

*ある*

「例えばスーパーの野菜売場に魚やお菓子が並んでいたら変ですよね。

箇条書きもカテゴリを合わせないと読者に違和感を与えてしまいます!

意外と執筆中には違うカテゴリ同士が混じっていることに気づかないものです。

例を元に解説していきます。

例①

【〇〇がおすすめする便利なお店】

・Yahoo!ショッピング

・セブンイレブン

・amazon

・ファミリーマート

・ローソン

・楽天市場

上記の例は一見何も問題ないように見えますが『実店舗』と『オンラインショップ』が混在していることにお気づきでしょうか。

まだカテゴリ分けが不十分で内容に改善の余地があるので、カテゴリを分けて修正してみます。

例① 修正

【〇〇がおすすめする便利なお店】

≪実店舗≫

・セブンイレブン

・ファミリーマート

・ローソン

≪オンラインショップ≫

・Yahoo!ショッピング

・amazon

・楽天市場

カテゴリを分けて並べ直し表記するとその差は一目瞭然。情報が整理され読みやすさが格段にアップします。

*ある*

商品名やサービス名といった固有名詞を箇条書きにするときに役に立つスキルです。

カテゴリを意識して書くと格段に読みやすくなるのでおすすめです!

ポイント②|文末・語尾を揃える

インターネット上の記事を読むと、文末・語尾の合っていない箇条書きが散見されます。

箇条書きは文末・語尾を合わせるとさらに読みやすくなるので、必ず意識するようにしましょう。

文末・語尾を合わせずに書いた箇条書きの例を紹介します。

例②

≪〇〇マンションのゴミ捨てのルール≫

・ゴミの指定日を必ず守りましょう

・ゴミ出しの期限は当日の朝8時

・指定ゴミ袋に入れて捨てましょう

・専用のボックスの中に入れること

1つ1つの文章の使い方や文脈には特に問題はありませんが、文末・語尾が揃っていないのでちぐはぐな印象を与えてしまいます。

こちらもほんの少し文末を揃えることを意識すれば改善できます。

例② 修正

≪〇〇マンションのゴミ捨てのルール≫

・ゴミの指定日を必ず守ること

・ゴミ出しは当日の朝8時までに終えること

・指定ゴミ袋に入れて捨てること

・専用のボックスの中に入れること

基本は『だ・である調』の常体、もしくは体言止めの表現が一般的です。

『です・ます調』の敬体だと冗長な表現になるため、箇条書きには好ましくないとされています。

ただしWebライティングでの箇条書きの表現は、最終的にはクライアントのトンマナが優先されるので、トンマナに合わせるのが正解になります。

クライアントの指示、サイトのイメージに沿って文末を合わせるようにしましょう。

*ある*

文末・語尾を揃えるのは、ルールや流れを説明する箇条書きに有効なテクニックです。

文末・語尾を揃えることで内容に差が出るので意識してみてください!

※体言止め…文末を名詞・代名詞で終える表現方法のこと。文章にリズム感を出し、読みやすくする効果がある。

ポイント③|装飾を統一する

Webライティングの特徴といえば、箇条書きに装飾を加えることができる点です。装飾の使い方はWebライターの腕の見せどころです。

同じ文言の箇条書きでも、背景の色味や・(ビュレット)の使い方で印象が大きく変わります。

✓サンプルサンプル

✓サンプルサンプル

✓サンプルサンプル

例えば『忘れてはいけない項目』『意識するポイント』として強く印象づけるために、あえて『・』ではなく『✓』にするのも装飾のテクニックの1つです。

他にもメリットの項目であれば『・』の代わりに『〇』を使い、デメリットの項目であれば『✖』を使って強調することもできます。

ただしクライアントのサイトのイメージから外れないように気をつけましょう。

例えば暖色(赤・オレンジ系)のテーマであれば、箇条書きの配色も暖色に合わせる必要があります。もし寒色(青・青緑系)にすると、統一感がなくなってしまうので、箇条書きの配色も重要になります。

もしも箇条書きの装飾に迷ったら、クライアントの指示通りに書くのが正解です。案件用のマニュアルが配布されていれば、マニュアルに沿って装飾すれば問題ありません。

マニュアルや具体的な指示がなければクライアントの既存サイトを閲覧し、装飾のクセを参考にしましょう。

*ある*

装飾の正解はクライアントの指示の中にあります!

優先するのはWebライターのオリジナリティよりもサイトの統一感です。指示を見落とさないようにしましょう。

箇条書きの添削例

ここからはWebライティングで活用できる添削例を紹介します。

今後の箇条書きの実践のためにぜひ参考にしてください。

3つの添削例

・過剰な箇条書き

・メリット・デメリットの書き方

・順序の決まった箇条書き

*ある*

意識をすることで箇条書きはどんどんうまくなります。

自分だったらどのように書くか、考えながら読んでみてくださいね!

添削例①|過剰な箇条書き

箇条書きは便利な表現ですが、使いすぎには要注意です。

1つ1つは読みやすい箇条書きだとしても、乱発すると最も伝えたい文章が読者に伝わらなくなり本末転倒になってしまいます。

『イチ押しのプチプラブランドを紹介する記事』の例を元に解説していきます。

添削前

プチプラとは

・プチプライスの略で値段が安いものを意味する

・ファッションや化粧品、雑貨など安くてかわいいものに使われる言葉

プチプラの語源

・プチはフランス語で小さいという意味

・プライスは英語で価格を意味する言葉

・プチプラはフランス語と英語を組み合わせた和製英語

イチ押しのプチプラブランド

・GU

・しまむら

・H&M

箇条書きを連続して使いすぎているため読者はどこに注目すればいいのか分からなくなる例です。

箇条書きが多すぎて、次第に読者は読むことに疲れてしまいます。強調したい必要なところだけ箇条書きにするように意識しましょう。

添削後

プチプラとはプチプライスの略で、ファッションや化粧品、雑貨など安くてかわいいものを指します。

プチプラの語源は、フランス語で小さいを意味するプチと、価格を意味する英語のプライスを組み合わせた和製英語です。

今メディアでも注目されているイチ押しのプチプラブランドを特別にご紹介します。

イチ押しのプチプラブランド

・GU

・しまむら

・H&M

以上のように読者に一番に伝えたい重要な部分を優先して箇条書きにすることで、読ませたい部分を引き立たせることができます。

箇条書きの使いどころに迷ったら強調したいところを優先して箇条書きにするようにしましょう。

*ある*

書き終えたら読者が読みやすい文章になっているか、一度見直すことをおすすめします!

添削例②|メリット・デメリットの表現

Webライティングでは、メリット・デメリットの箇条書きを使うことが頻繁に出てきます。メリット・デメリットも書き方次第で、読者への伝わり方も大きく変わります。

添削前

≪格安スマホのメリット・デメリット≫

・料金が安い

・料金は安いが通信速度が不安定

・種類が豊富

・プランを細かく決められる

・設定はユーザーが自分でするため手間がかかる

・実店舗がないので修理対応は自分でしなくてはならない

メリット・デメリットが混ざっているので、ひと目で分かりづらい箇条書きになっています。文章も長くなっている部分は削除しましょう。

添削後

≪格安スマホのメリット・デメリット≫

◆メリット

〇料金が安い

〇選べる種類が多い

〇プランを細かく設定できる

◆デメリット

✖通信速度が安定しない

✖設定の手間がかかる

✖実店舗がないので修理対応は自分でする

*ある*

読者が混乱しないように、さらにメリット・デメリットの項目を分けました。

『・』の代わりに『〇』と『✖』を使いひと目で伝わるように表現しています!

書かなくても意味が伝わる文字は思い切って削除しましょう。文章がすっきりして読みやすくなります。

添削例③|順序の表現

順序や流れが変わると成り立たない『時系列』の箇条書きについて解説していきます。

時系列の決まっている箇条書きは『〇〇のつくり方』『〇〇ための手順』などの説明に有効な方法です。

添削前

【〇〇直伝!レモンサワーのつくり方】

・グラスに氷を敷き詰める

・レモンサワーの素(Alc25%)を用意しておく

・レモンサワーの素を約5分の1注ぐ

・冷やしておいた炭酸水を冷蔵庫から出す

・炭酸水を氷に当てないように優しく注ぐ

・炭酸が逃げないようにマドラーで1回のみ混ぜる

・切っておいたカットレモンを冷蔵庫から出す

・カットレモン(1/4)を入れる

実はこの箇条書きの中に『順序を説明するカテゴリ』と『事前に用意するものカテゴリ』が混ざっています。

カテゴリ分けと不要な文章を削ることで、さらに読みやすい文章にすることができます。

添削後

【〇〇直伝!レモンサワーのつくり方】

①グラスに氷を敷き詰める

②レモンサワーの素を約5分の1注ぐ

③炭酸水を氷に当てないように優しく注ぐ

④炭酸が逃げないようにマドラーで1回のみ混ぜる

⑤カットレモン(1/4)を入れる

◎準備するもの

・氷(グラス一杯分)

・レモンサワーの素(Alc25%)

・冷やした炭酸水

・冷やしたカットレモン(1/4)

手順や流れが決まっている箇条書きには数字を使うのが有効です。順序を違和感なく読者に伝えることができるので便利な表現です。

つくり方の手順に関係のない項目はあえて削除し、別の箇条書きの欄を作ることで情報を整理しました。

箇条書きの使い方も、つくり方の項目は『だ・である調』の常体にし、準備するものの項目は体言止めにしてメリハリをつけています。

まとめ

この記事ではWebライターとして稼ぐための必須スキルである箇条書きについて解説しました。

箇条書きを使う目的

・長い文章を分かりやすくするため

・読んでほしい個所を強調するため

・読者を飽きさせないため

箇条書きのポイント

・カテゴリを意識する

・文末・語尾を揃える

・装飾を統一する

Webライターの理想の姿は、箇条書きを使う意図を1つ1つ言語化できるようになることです。

「自信を持って箇条書きを使えている」と答えられるようになったときに、あなたの文章力は間違いなくレベルアップし、稼げるようになっています。さっそく実践でチャレンジしていきましょう。

*ある*

文章は考えながら書けば書くほどどんどん上達していきます。一緒に成長していきましょうね✨

-ライティングスキルアップ
-,