Webライターの心得 ママ向け記事

【脱・初心者ライター】SEOライティングとは?現役ママライターが分かりやすく解説

*ある*

こんな人におすすめ

・これからWebライター活動を始めようとしている

・Webライターが必ず覚えておくべき知識を学びたい

・Webライターを半年以上続けているのに、なかなか毎月5万円までたどり着けない

Webライターの*ある*です。

Webライターが覚えておくべき知識の1つに、SEOライティングというものがあります。

稼げるライターと稼げないライターの差は、SEOライティングを活用できているかが大きく関係しています。

実は現役WebライターでもSEOライティングについて詳しく知らない人は少なくありません。

毎月5万円を安定して稼ぐためにSEOライティングの最低限の知識は必須なので、必ず覚えておきましょう。

本記事ではSEOライティングについて知っておくべきポイントとコツを詳しく解説していきます。

*ある*

私も最初はSEOについて何も分からず苦戦していました。

今からでも間に合います!この機会に一緒に学びましょう✨

なるべく専門用語は使わずに説明していきますので、未経験者も安心して読み進めてください。

ぜひ本記事を熟読して、この機会に覚えて初心者Webライターは良いスタートダッシュを切るために、現役ライターはさらなるレベルアップに繋げましょう。

まずはSEOライティングとはどういうものか簡潔に解説していきます。

SEOライティングとは?

SEO(Search Engine Optimization)とは、直訳すると『検索エンジン最適化』を意味する言葉です。

要約するとSEOライティングは、Google・Yahooなどの検索エンジンで上位に記事を表示させるように書くことです。

検索キーワード 【時短 ご飯】で検索した実際の検索画面

現在、検索エンジンの利用率はGoogleのシェアが圧倒的上位のため、Googleで検索したときの順位が重要になります。

主にGoogleは『Googleが掲げる10の事実』という考えのもとクローラーと呼ばれるロボットで機械的に記事を評価しています。

Google検索で高く評価される記事は以下のようなものを指します。

SEOで高く評価される記事

・読者が求めている情報か掲載されている

・短く分かりやすくまとまっている

・独自性がある

・情報に信頼度がある

・見やすいレイアウト

つまりGoogleで検索上位記事を狙うには『読者とGoogleのどちらにも評価される』優良な記事を書くことを目指さなくてはならないということです。

クライアントはSEOライティングができるライターを求めている

クライアント(仕事の発注者)は検索上位になるような記事を書ける=SEOライティングができるWebライターを求めています。

なぜかというと検索の順位次第で、ユーザー(読者)が記事をクリックする確率が変わるからです。

*ある*

Webライティング業界では、クリック率のことを"CTR"といいます。

専門用語でやり取りするクライアントもいるので覚えておいて損はないですよ!

検索1位の記事のクリック率(CTR)が20~30%、2位が15~16%、3位が10~11%、それ以下の順位が数%といわれています。

自社の記事にクリックされる回数が増えれば増えるほど、クライアントの記事から商品やサービスが売れる確率が増えます。

*ある*

掲載順位が1つ変わるだけで売上が大きく変わるので、クライアントは掲載順位にとても敏感なんです。

SEOライティングができるWebライターになるためには、SEOに評価されるためのポイントを理解しておかなければなりません。

ここからはSEOライティングの基本について解説していくので、熟読して覚えましょう。

SEOライティングの3つのポイント

実はSEOの明確な基準はGoogle社外秘のため、掲載順位を上げる方法は誰にも分かりません。

『Googleが掲げる10の事実』から読み解くとSEOライティングでもっとも大事なことは『ユーザーファースト(読者最優先)』で記事を書くこと

になります。

読者にとって有益な記事はGooglからも高い評価を受け、検索上位に表示される可能性が高まるからです。

そのためSEOライティングは、特に3つのポイントを意識をして記事を書く必要があります。

3つのポイント

・ユーザーメリットを意識する

・独自性・専門性のある情報を意識する

・読みやすい文章にする

ここからは3つのポイントを深掘り、具体的な書き方について詳しく解説していきます。

ポイント①|ユーザーメリットを意識する

初めに検索エンジンに入力するキーワードからユーザー(読者)が何を求めて検索しているかを読み解きます。

検索キーワードからユーザーの求めているものを読み解くことは、SEOライティングの本質と言っても過言ではありません。

例えば、検索キーワードが『SEOライティング 初心者』の場合、ユーザーはどのようなことを求めて検索していると予想できるかが重要になります。

ユーザーが求めるものの予想

・SEOライティングが何か知りたい

・SEOライティングで上位表示を狙いたい

・SEOライティングのコツを知りたい

*ある*

明確な正解は誰にも分かりません。だからこそ検索ユーザーを具体的にイメージできるかが重要になります。

このようにユーザーの検索意図を読み解き、SEOライティングの基礎やコツなど「ユーザーにとってメリットのある記事の提供」を意識することが重要です。

ポイント②|独自性・専門性のある情報を意識する

ユーザーにとって有益な記事とは『求めている情報が網羅されている』ものです。

ユーザーの満足度を高めるには『テーマに沿った専門性のある情報』だけでなく『競合記事にはない独自性』を両立しなくてはなりません。

またGoogleが独自に定めている良質なウェブサイトを評価する基準「E-A-T]を満たすこともSEOライティングでは重要です。

以下が『E-A-T』の評価基準になります。

E-A-Tとは?

専門性(Expertise)

・テーマが統一されている

・専門情報が網羅されている

・ユーザーの悩みが解決できる

・新しい情報を得られる

権威性(Authoritativeness)

・社会的認知度や評判のよさ

・第三者からの評価が高い

・コンテンツがSNSや他サイトで紹介されている(被リンクを獲得している)

信頼性(Trustworthiness)

・コピーされたものではなく、オリジナル性があるコンテンツ

・運営元の開示や個人情報が保護されている安全なサイト

・WebサイトがSLL(HTTPS)化されている

SEOライティングを始めたてのWebライターは全ての条件を満たして記事を書くことは難しく、意識したからといってすぐに結果が出るものではないものです。

誰でも最初はうまくいかないのが当たり前と割り切り、焦らずに経験を積み重ねていきましょう。

*ある*

最初はユーザの立場に立ち『自分だったらどのような記事が安心で満足できるか』を意識してみましょう!

続けていけば次第に意識しなくてもイメージできるようになりますよ。

ポイント③|読みやすい文章にする

ユーザーにとって良質な記事とは、短時間で情報が伝わるように完結に分かりやすい文章や読みやすいように装飾がされているものを指します。

*ある*

Web上の記事の場合、ユーザーが読みづらい記事と感じたらすぐに離脱してしまいます…

ユーザーに最後まで読んでもらうためにも読みやすい文章を書くために、まずは意識を変えるところから始めましょう。

読みやすい記事を書くための6つのポイントを紹介します。

6つのポイント

・見出しで結論を伝える

・見出しと本文の内容を合わせる

・文章は短く簡潔に書く

・同じ文末を繰り返さない

・主語と述語を正しい位置に置く

・接続詞・指示語を多用しない

ここからは読みやすい文章にするために意識するポイントを詳しく解説するので参考にしてください。

①見出しで結論を伝える

ユーザーは結論をできるだけ早く知りたいと考えています。

できれば短時間で情報を理解できるよう、見出しに結論がすぐに書かれているとよいでしょう。。

『見出しだけを読んでも内容が分かるような構成』を心がけるのが理想です。

*ある*

見出しに結論を入れるのが難しいケースもなかにはあります。

見出しに結論を入れられそうであれば積極的に入れてみましょう。

②見出しと本文の内容を合わせる

ユーザーは記事冒頭のリード文や目次を読んでから、記事を読み進めるかを判断します。

見出しに書いてある内容が自分の求めている内容であれば読み進めるため、見出しと本文の内容がマッチした構成でなければなりません。

なぜならユーザーは見出しに合わない本文が書かれていると、記事から離脱してしまうからです。

特に初心者の頃は気づかないうちに、見出しと本文が大きくズレてしまう場合が多いため要注意です。

*ある*

書き終わった後に見出しと本文が合っているか読み返して、確認するクセを付けておきましょう!

③文章は短く簡潔に書く

1つの文章が長すぎると読みにくいだけでなく、ユーザーに伝えたい情報が伝わりにくくなる恐れがあります。

ポイントをしぼって意識するだけでも、文章が読みやすくなるのでぜひ試してみてください。

文章を簡潔に書くポイントは3つです。

簡潔に書くポイント

・1文60文字以内になるよう意識する

・一文一義を心がける(一文に一つの情報だけを入れること)

・回りくどい言い回しを使わない(二重否定、誤った敬語表現など)

*ある*

長い文章は短く簡潔にまとめるよう意識し、ユーザーに正確な情報を届けましょう!

④同じ文末を繰り返さない

一文を短く書くと文末が単調になりがちになりますが、特に多いのが『です』『ます』を使った文末表現です。

声に出して読むと気づくのですが、3回連続同じ文末を使ってしまうとリズムが悪くなり、読みにくい文章になります。

『です』『ます』以外の文末の例を紹介します。

・『~でしょうか?』などの問いかけ

・『~ですよね』などのような話し言葉

・文末を名詞で終わらせる『体言止め』

・『おもしろい』『美しい』などの形容詞

*ある*

文末のレパートリーを増やし、リズムのある文章になるように心がけましょう。

⑤主語と述語を正しい位置に置く

読みづらい文章の特徴の1つに『主語と述語が正しい位置にないこと』が挙げられます。

特に初心者に多いのが、文章が長くなると主語と述語の距離が遠くなってしまうことです。

【主語と述語が遠い文章】

私は毎日読書と読み書きの練習を合わせて2時間はしているため、文章を書くのが得意です 。

【主語と述語が遠い文章の修正後】

私は文章を書くのが得意です。なぜなら読書と読み書きの練習を合わせて2時間はしているためです。

文章内で主語と述語を近くに置く(主語と述語を連動させる)ようにすることで分かりやすい文章になります。

*ある*

書いた文章を読み返すと気づきやすくなりますよ。

⑥接続詞・指示語を多用しない

読みやすい文章を書くためには『接続詞・指示語を多用しない』ということも大切なポイントです。

ユーザーは必ずしも記事を初めから順番に読むわけではありません。

目次から必要な情報が書かれている見出しのみ探し、他を読み飛ばす事が多々あります。

接続詞は、文と文のつながりをスムーズにしてくれますが、多用しすぎるとかえって伝わりづらくなることも。

『こそあど言葉』とも呼ばれる『これ』『それ』などの指示語を多用することもおすすめしません。

読み飛ばしをしたユーザーが何を指しているか分からなくなる場合があるからです。

*ある*

曖昧な表現や回りくどい言い回しは、ユーザーに情報が伝わりづらくなります。

最悪間違った解釈をしたり、離脱してしまうため注意してください!

文章構成の基本はこちらの記事で解説!

タイトルの決め方には3つのポイントがある

SEOライティングでは、記事のタイトル決めにも力をいれましょう。

なぜならどんなにクオリティの高い記事を書き、検索上位記事になったとしても、クリックされなければ読まれることがないからです。

実際の検索画面

クリック率を上げるには、ユーザーが検索結果で表示された数ある記事の中から「私にとって有益な記事かも!」「悩みが解決しそう」「読んでみたい」と思ってもらえるようなタイトルにする必要があります。

ユーザーはタイトルを見て記事を読むか判断するため、クリックしてもらえるようにタイトルを決めるときは工夫しましょう。

タイトルは3つのポイントにしぼると決めやすくなるので、ぜひ参考にしてください。

3つのポイント

・狙いたいキーワードを入れる

・タイトルは30文字以内にする

・具体的な数字でユーザーの興味関心を引く

ここからは3つのポイントを順番に紹介していきます。

ポイント①|狙いたいキーワードを入れる

ディスクリプション説明
実際の検索画面

タイトルとディスクリプション(Webページの説明文)には必ず狙いたいキーワードを入れるようにしてください。

狙いたいキーワードを入れることで、ユーザーとクローラーにどんな記事か判断してもらいやすくなるため、検索上位表示を狙いやすくなります。

また人の視線は左から右に流れるため、狙いたいキーワードはユーザーの目に入りやすい前半部分に入れてタイトルを作成するのがおすすめです。

しかしキーワードを無理に入れようとしてタイトルが不自然になり、内容がユーザーに伝わりにくくなる場合があります。

*ある*

迷ったらユーザーファースト!分かりやすい文章を心がけてくださいね♪

ポイント②|タイトルは30文字以内にする

実際の検索画面

タイトルは、どのデバイスでも全文が見えるように、30文字以内に収めることをおすすめします。

検索結果でタイトルが全体表示される文字数は、パソコンで多くても約40文字、スマホだと30文字程度です。

全体表示されないとユーザが内容を理解できないため、タイトルが長くなってしまう場合は、狙いたいキーワードを盛り込んだ重要な部分を前半に組み込むようにしましょう。

*ある*

慣れるまでは同じキーワードの検索上位のタイトルを参考にしましょう!

ポイント③|具体的な数字でユーザーの興味関心を引く

具体的な数字をタイトル内に入れるのも、ユーザーの関心を引きやすくなるためとても有効です。

ユーザーは記事の内容をイメージしやすくなり、クリックを促します。

・〇〇のおすすめ3選

・たった5分でできる〇〇の方法

・944人から調査

・89%が高評価

より具体的な数字を出すことで、ユーザーの関心を引くきっかけになるので、できるだけ細かく書きましょう。

例えば数字を約100人と表現するよりも、97人と書いた方が信ぴょう性が出ます。

*ある*

ほんの少しの工夫でクリックされる確率が変わるなら使わない手はありません!どんどん実践しましょう!

まとめ

今回は初心者が知っておくべきSEOライティングについて解説しました。

SEOライティングとは『Google・Yahooなどの検索エンジンで上位に記事を表示させるように書くこと』です。

上位表示を狙うには、ユーザーにとって良質な記事である必要があります。

できれだけWebライターは読みやすく短時間で情報を理解できるように文章を作成しなければなりません。

SEOで高く評価される記事

・読者が求めている情報か掲載されている

・短く分かりやすくまとまっている

・独自性がある

・情報に信頼度がある

・見やすいレイアウト

しかし初心者の頃は一度に取り組むことは難しいもの。

まずは大切なのはユーザーの立場に立って記事を書くように心がけるところから始めましょう。

SEOライティング 3つのポイント

・ユーザーメリットを意識する

・独自性・専門性のある情報を意識する

・読みやすい文章にする

今回ご紹介したポイントを意識しながら、ユーザーに有益な情報を提供できる記事を執筆できることを切に願います。

*ある*

SEOライティングを習得のヒントになれば幸いです。一緒に頑張りましょうね✨

読みやすい文章の書き方はこちらの記事で解説中!

-Webライターの心得, ママ向け記事
-, , , ,