Webライターの心得

【有料級】高品質の記事を書くためには上位記事から学べ!初心者Webライターが毎月5万円稼ぐためのライティング術を伝授

*ある*

こんな人におすすめの記事

・高品質の記事を書けるようになってもっと稼ぎたい

・提出した記事のやり直しが多いので減らすコツを知りたい

・限られた時間を有効活用できるライティング方法を知りたい

Webライターの*ある*です。

初心者ライターがWebライティングで毎月5万円の報酬を稼ぐためには『低単価の案件を数多くこなす』か『単価の高い案件を獲得する』方法が挙げられます。

限られた家事・育児の中で作業をするママライターにとって、案件数を増やすのは難しいのが現実です。

理想はWebライターとして高品質の記事を書けるようになり、高単価の案件を獲得し続けることです。

高品質の記事を書けるようになると

・クライアント(仕事の発注者)から優先的に案件をもらえる

・高単価の案件も獲得できるようになる

高品質の記事を書くためには文才は必要なく、法則とコツを理解すればできるようになります。

*ある*

Webライターという仕事は、今まで読書をしてこなかった私でもできています。

大事なのは才能ではなく、方法と仕組みづくりです。

今回は、高品質の記事を書くために検索上位記事を参考にする方法を解説していきます。

初心者ライターだけでなく、これからWebライティングを始めようとしている方にも参考になる内容になっています。

*ある*

さっそく今日から実践できるので、熟読しチャレンジしてみてくださいね✨

上位記事を読む4つの理由

上位記事とは、Googleのような検索エンジンに『例:時短 ご飯』とキーワードを入力し検索した際、トップページに表示される記事のことです。

実際のGoogle検索画面

SEO(Search Engine Optimization)という検索エンジンの独自のルールにより、高品質の記事がトップページに表示される仕組みになっています。

案件を獲得したらすぐにでもライティングの作業に入りたいところですが、まずは参考のために検索したキーワードの上位記事を読むことから始めましょう。

上位記事を読む理由

・検索上位に表示される記事を書くため

・使用キーワードが分かるため

・ペルソナ(想定読者)を知るため

・上位記事には無いオリジナリティ要素で記事の質を上げるため

検索上位記事の内容を把握しておくことが、高品質の記事を書くための土台になります。

記事のやり直しが少なくなると、クライアント(仕事の発注者)側にもライター側にもメリットがあります。

やり直しが少なくなるメリット

・大幅に作業時間が短くなるので結果的に負担が減る

・クライアント(仕事の発注者)の信頼に繋がり、将来的に案件獲得や単価アップの可能性あり

上位記事を読む理由を詳しく知っておくことで、調査したときの情報密度が大きく変わります。

詳しく解説していきますのでぜひ覚えてください。

*ある*

美味しい料理は下ごしらえから。ライティングの成果は準備で決まります!

理由①|検索上位される記事を書くため

競合となる上位記事を調査する一番の目的は、自分の執筆する記事が上位表示されるようにするためです。

クライアントは検索エンジン(GoogleやYahoo!)の1ページ目に表示されることを目指しています。

検索上位記事は、表示される順位が高ければ高いほど読者の目に留まり、記事内の広告報酬やクライアントの商品が売れる確率も上がるので、クライアントの売上に大きな影響を与えます。

*ある*

どのクライアントも常にGoogle検索の1位の記事を目指しています!

検索上位の記事を執筆するためには、SEOという検索エンジンが定めたルールに則って記事を作成する必要があります。

検索上位に掲載されている記事は現時点でSEOの基準を満たしているということになります。

クライアントに与えられた検索キーワードで何を書けばいいのかイメージが湧かないときは、まずは上位記事を見るようにしましょう。

*ある*

検索上位記事よりも高品質の記事が書けるようになるためにリサーチするつもりで読みましょう。

理由②|使用キーワードが分かる

上位記事に負けない高品質の記事を書くためには、キーワード選定がとても大事です。

クライアントから『〇〇というキーワードを〇〇回は本文に組み込んでください』というような、キーワード組み込みの指示があれば沿って執筆しましょう。

キーワードについて特に指示のない場合は、自分で考えなければなりません。

上位記事にどんなキーワードを多く使っているか、Webライター側が調べられる方法があります。

調査方法の例

・Googleキーワードプランナー

・サジェストキーワード

・関連キーワード

実際の検索画面

SEO対策として記事に組み込むキーワードの検索ボリュームや数を意識しているクライアントは多いです。

キーワードを意識することで、タイトル、見出し構成、本文の内容をクライアントの求める記事に近づけられるようになります。

*ある*

特に無料で活用できるGoogleキーワードプランナーは便利でおすすめです!

理由③|ペルソナ(想定読者)が分かる

ペルソナとは、架空の人物像を表すマーケティング用語です。ライティング業界ではペルソナは『最も記事を読んで欲しい読者像』を意味します。

ペルソナを設定し、その想定した読者に合わせた記事を執筆するのが原則です。

検索キーワードからペルソナを想定する

例えば、検索キーワード『肉じゃが とは』と『肉じゃが 作り方』と検索する人物像は異なります。

『肉じゃが とは』で検索する方は、肉じゃがという料理を知らない方が検索したと予測されます。

このキーワードの場合は、肉じゃががどのような料理なのかを説明する記事が読者満足に繋がると思われます。

『肉じゃが 作り方』を検索する方は、肉じゃが自体は知っているけれど、作り方を知らない方が検索してきたと予想されます。

このキーワードの場合は、肉じゃがの材料や作り方の手順を説明する記事が望ましいでしょう。

*ある*

同じ『肉じゃが』というキーワードを使って検索していても、キーワードから想定されるペルソナも記事の内容も異なります。

Googleのような検索エンジンは、キーワード検索した読者の悩みを解決できると判断した記事を上位記事にしています。

上位記事を読むことで想定しているペルソナが分かるようになります。

上位記事を読むときのポイント

・読者が知りたいことは何か?

・解決したい悩みは何か?

上位記事をリサーチすることで、想定する読者に的確な答えを届けられるようになります。

*ある*

慣れないうちはペルソナ設定は難しく感じると思います。上位記事を参考にさせてもらいましょう!

ペルソナ設定についてはこちらの記事で解説!

理由④|上位記事にはないオリジナリティ要素で記事の質を上げる

現在の検索上位記事よりもさらに上位にさせるためには、同じような記事を書いても上位記事にはなるのは難しいです。

仮にまったく同じ文章、画像を使った記事をアップしても上位になることはないです。

コピペはそもそも法律違反なので絶対にしてはいけません。

上位記事にさせるためには、競合サイト(記事)にはないオリジナリティを追加し、より高品質の記事にする必要があります。

オリジナリティの例

・ペルソナやキーワードをチェックするときに『キーワードを検索する人はこんな情報も知りたいのでは』と思った内容を加え上位記事にはない情報を記事に加える

・一般的な画像サイトでは用意できないオリジナルの画像を用意する(画像ツールで画像を自作、自分で撮影した写真を使う)

ただしオリジナリティといっても奇抜なアイディア、独特のクセをつけるのはクライアントの求めるイメージを壊してしまいます。

意味をはき違えないように気をつけましょう。

好ましくないオリジナリティの例

・文章の語尾を変える

・独自のキャラクターを無断で追加する

・誰も知らない新しい造語を作ってみる

*ある*

上位記事を読んでいると突然アイディアを思いつくことがあるので、忘れないうちにメモに残しておくと良いですよ!

上位記事で参考にするポイント

上位記事を参考にしようと記事全体をなんとなく読んでいても、なかなか情報は頭に入ってこないものです。

「そもそも他人の記事をじっくり読んでる時間がない」と思う方もいるでしょう。

特にママ・主婦の方は家事・育児もある中、限られた時間で全て読むのは大変です。

上位記事を参考にする際のコツは『見るべきポイントをしぼり"1つずつ"解決する』ことです。

全体をまんべんなく読むよりも気づきが増えますし、頭の中も整理できるのでおすすめです。

*ある*

時間と労力の両方を軽減することができて一石二鳥です!

参考にするポイント

・タイトル

・見出し構成

・強調されている"数"の確認

・リード文(導入文)

ここからは検索上位記事のどこを見るべきか、ポイントを1つずつ解説していきます。

ポイント①|タイトル

まずは記事のスタートであるタイトルの部分にだけ注目しましょう。

タイトルの中には競合が狙っている検索キーワードが必ず含まれています。

例①

≪タイトル≫

東京のおすすめランチ10選をご紹介!

≪狙っていると思われるキーワード≫

おすすめ ランチ 東京

例②

≪タイトル≫

【安くて使いやすい掃除機10機種】ランキング形式で解説

≪狙っていると思われるキーワード≫

コスパ 安い 掃除機 ランキング

タイトルを読むだけでも上位記事にはたくさんの情報が詰まっています。

タイトルに含まれる情報

・狙っていると思われる検索キーワード

・記号の使い方(どうすれば目を引けるのか)

・文章の書き方(どう書けば魅力的だと思わせられるか)

・タイトルの文字数(文字数は何文字が適正か

ポイント②|見出し構成

上位記事の見出し構成もライティングのヒントになります。

高品質の記事には読者が読みやすいように、興味を持つように見出しの作り方にも、細かい工夫がされています。

見るべきポイント

・スタートからゴールまでの流れの組み立て方

・大見出し・小見出し(H2/H3)の使い分け

・見出しの文章の長さと書き方

見出し構成は家に例えると柱や骨組みのような存在です。

もしも見出しの順番や中身がブレてしまうと、肉付けとなる本文の内容も質も崩れてしまう大事な部分です。

*ある*

見出し構成を知りたいときは、もくじの欄に注目してみましょう。見出しが並んでいるので見やすいですよ!

高品質の見出しづくりについてはこちらの記事で解説しています!

ポイント③|強調されている"数"の確認

検索上位記事のタイトルや見出しには、何らかの"数"を強調している部分があります。

上位記事は数字にも注目するようにしましょう。

・5つのポイント

・10選

・9つのルール

・30社ランキング

『〇〇 おすすめ』『〇〇 ランキング』と検索すると上位記事には、ほぼタイトルや見出しに数字が記載されている傾向にあります。

*ある*

"たくさん"や"いっぱい"と抽象的に記載されているより、"3個"とか"100台"と具体的に書いている方が読者に伝わりやすいからです!

自分が記事を書くときは、できる限り上位記事よりも+1以上の数字をタイトルに組み込むようにしましょう。

【例1】

おすすめホテル15選  おすすめホテル20選

【例2】

引っ越し業者5社から厳選! 引っ越し業者7社から厳選!

【例1】と【例2】のように、もしも同じキーワードの記事が画面上に並んでいた場合、読者は数の多いタイトルをクリックする傾向にあります。

なぜなら「また検索するのは面倒だから一度で決めたい」「沢山の中から選んでいるからきっと良いものを用意しているはず」という心理が働くからです。

*ある*

ランキング形式の記事を書く場合、上位記事にないおすすめを加えることでオリジナリティ性も出せますね!

ポイント④|リード文(導入文)

Webライティングにおけるリード文とは、記事の冒頭に書かれている文章を指します。

想定する読者に『この記事は〇〇のような内容です』と伝えることで冒頭ですぐに離脱されないよう補助する文章です。

本文まで導くための役割があるので導入文とも呼ばれます。

リード文は上位記事だけでなく、どの記事にも使われています。書き方のバリエーションも様々で書き方に正解はありません。

答えがないため、初心者ライターはどのように導入文を書けばいいのか、悩みどころでもあります。

上位記事は導入文も参考になるので、ポイントをしぼって見てみましょう。

導入文のチェックするポイント

・おおまかな文字数

・魅力を感じるキーワード

・装飾の使い方

上位記事を参考にするときの3つの注意点

さっそく上位記事を参考にしたいところですが、参考にする前に絶対にしてはいけない4つの注意点があるので必ず覚えてから調査しましょう。

参考にするときの注意点

・コピペや写しは厳禁

・シークレットモードで検索する

・最低10記事は読む

・他人の記事を見ながら執筆しない

*ある*

法律に触れる内容も解説していきますので熟読して覚えてくださいね!

注意点①|コピペや写しは厳禁

コピペ(コピー&ペースト)とは丸写しのことを指します。他人の許可もなく記事をコピーして使うのは、著作権違反となり罪に問われます。

本文だけでなく記事に添付されている画像も含めコピーするのは厳禁です。

「多少文章を変えれば分からない」「隠れてやれば分からない」と思うかもしれませんがすぐにバレます。

コピペチェックツールもあるので、クライアントは納品された記事をアップする前に必ず不正をしていないかチェックしています。

あくまで記事を読んで、参考にするまでにしましょう。

*ある*

私が使用しているコピペチェックツールはこちらです。

無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】 (ccd.cloud)

注意点②|必ずシークレットモードで検索する

シークレットモードはGoogleの検索機能の1つで、検索・閲覧履歴を残さずに検索する機能です。

履歴を残さないだけでなく、パーソナライズド機能の影響を受けずに検索することができます。

パーソナライズド機能とは、Googleは検索の満足度を上げるために、検索情報からユーザーに最適と判断した広告や記事を優先して表示させるものです。

シークレットモードで検索することで、パーソナライズド機能の影響を受けないため『本当の上位記事』が表示されるようになります。

パソコンで設定する際の画面
シークレットモード実際の画面

シークレットモードへの切り替え方法

・画面右上の設定欄をクリック⇒新しいシークレットウィンドウをクリック

・[Ctrl]+[Shift]+[N]キーでタブを切り替える(PCのみ)

シークレットモードに切り替えてから上位記事を調査するようにしましょう。

注意点③|最低10記事は読む

上位記事を参考にする場合は、1つではなく複数の記事を読むようにしましょう。

目安は最低でも10記事です。

なぜならGoogleの検索1ページ目の1~10位の上位記事を網羅することができるからです。

複数の記事を見る理由

1つの記事だと情報が偏ってしまうから

・誤った情報の可能性がある

・古い情報で更新されていない可能性がある

・個人の主観的な意見の可能性もある

複数読むことで重複している箇所が分かるから

・どの記事でも書かれている箇所は、絶対外してはいけないキーワード

・同じ言葉でも表現の仕方が異なるので表現力の勉強になる

*ある*

重なっているキーワード、見出しの文章は重要だと客観的に分かる箇所です。

ただしGoogleで検索した際に掲載されている『スポンサー』『PR』という記事は読み飛ばしましょう。

リスティング広告といわれ、検索キーワードを元に表示される記事型の広告です。

企業がお金を支払い検索の上位に表示させる仕組みで、SEO対策の参考にはあまりならないためです。

注意点④|他人の記事を見ながら執筆しない

上位記事の参考にするのは大事なことですが、見ながら執筆をしないようにしましょう。

見ながら執筆してはいけない理由

・言い回しや表現が似通ってしまう

トンマナを守れなくなる

・文章の構成がちぐはぐになる

Webライティングにも個人の書き方のクセがあります。

他人の文章を見ながら書くと、無意識に参考にしている記事の書き方に引っ張られ、執筆している記事に影響が出てしまいます。

クライアントの求めるイメージを崩し、トンマナを守れないことも。

記事の内容もちぐはぐになり、結果的にクライアントの満足も得られなくなります。

*ある*

少し手間はかかりますが『調査と執筆は分けて行うようにする』とクセづけをすれば予防することができます。

トンマナとは…トーン&マナーの略語。広告や記事に含まれる文章や色使い、配置やデザインなどに一貫性を持たせるためのルールのこと

トンマナについてはこちらの記事で解説しています

Webライティングに必要な3つの項目

Webライターが高品質の記事を書くには、小説家のような文才は必要ありません。

デザイナーのようにセンスや独特な発想も必要ありません。

Webライターとして求められるのは『ルール・約束を守る』こと『常に考えて書く』ことです。

高品質の記事を書くための大切な3つのポイント

・クライアントとのルールを守れるか

・トンマナを守って執筆できるか

・SEO向上に必要な項目を満たしているか

*ある*

ライティングの心構えを理解しておけば、高品質の記事を書けるライターとして成長できます!

大事なことなのでぜひ覚えておいてくださいね。

項目①|クライアントとの約束・ルールを守れるか

高品質の記事を書けるようになるには、ライティングスキルも大事ですが、まずは仕事に取り組む姿勢が重要です。

Webライターの仕事はクライアントとの信頼で成り立つ仕事です。

クライアントとの約束・ルールは必ず守るようにしましょう。

ルールの例

・納期を守れるか

・送られてきたメッセージに期限内に返事しているか

・途中で仕事を放棄しないか

・不正をしていないか

*ある*

納期やルールを守れないのに高品質の記事を書けるライターを、私は今まで見たことも聞いたこともありません。

約束・ルールを守れるWebライターは「納期に間に合わすには執筆するときにどこを短縮すればいいのだろう」「この表現はクライアントに迷惑のかかりそうな文章かもしれない」というように、常に試行錯誤しながら執筆しています。

考えずに書いた文章と考えながら書いた文章とでは、記事の質に大きな差が出ます。

*ある*

ライティングスキルは後から付いてきます。まずは意識をすることから始めましょう。

意識の差で成長速度も変わりますよ!

納期を守るコツについてはこちらの記事で解説!

項目②|トンマナを守って執筆できるか

クライアントのサイトや記事には、自身のイメージしたコンセプトが表現されています。

サイトのイメージを壊さないようにトンマナを守って記事を書くのがWebライターの役割です。

どんなに文章を上手く書けても、トンマナが守れていなければ高品質の記事とは言えません。

*ある*

例えば文章の硬いモノトーン調のビジネス系記事のサイトに、配色もカラフルで絵文字だらけの記事が掲載されたらどうでしょう。

どんなに良い文章だとしても記事が浮いて見えるため、高品質の記事とは言い難いですよね。

記事を読みにアクセスしてきた読者にも、案件を任せてもらったクライアントにも喜ばれる高品質の記事を書くためには、トンマナは必ず守るようにしましょう。

トンマナはこちらの記事で解説しています!

項目③|SEO向上に必要な項目を満たしているか

現在は検索エンジンの利用率はGoogleのシェアが圧倒的です。検索上位記事を狙うにはGoogleのSEO対策が必須になります。

GoogleはGoogleが掲げる10の真実という考えのもと機械的に記事の品質を評価しています。

SEOで高く評価される文章

・読者が求めている情報が掲載されている

・短く分かりやすくまとまっている

・独自性がある

・情報に信頼度がある

・見やすいレイアウト

どうすればGoogleのSEOで評価されるかは、明言されていません。

マンガや小説の場合は、独創的な文章の表現や奇抜なレイアウト構成が評価されることがありますが、SEOでは逆にマイナスに捉えられることもあります。

SEOで高品質の記事と判断されるためには、文章のルールを守ることが重要になります。

*ある*

SEOに評価されている記事=上位記事を読むことで、SEO対策の勉強にもなります!

SEOライティングについてはこちらの記事で解説しています!

まとめ

今回は高品質の記事を書くために、上位記事を参考にする理由と方法について解説しました。

上位記事を読む理由

・検索上位に表示される記事を書くため

・使用キーワードが分かるため

・ペルソナ(想定読者)を知るため

・上位記事には無いオリジナリティ要素で記事の質を上げるため

上位記事で参考にするポイント

・タイトル

・見出し構成

・重要ポイントの数

・導入文(リード文)

上位記事を参考にする際の注意点

・コピペ、写しは厳禁

・必ずシークレットモードで検索する

・最低10記事は読む

・他人の記事を見ながら執筆しない

高品質の記事を書くためのポイント

・クライアントとのルールを守れるか

・トンマナを守って執筆できるか

・SEO向上に必要な項目を満たしているか

慣れないうちは執筆するだけでも大変なことです。

上位記事を読み、知り、学ぶ地道な努力は、いつか報酬という形として自分に返ってきます。

正しい努力をし、ぜひ毎月5万円の目標を達成してください。

*ある*

私自身もまだまだ勉強中です!一緒にがんばりましょうね♪

-Webライターの心得
-,